MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ヘヴィメタル
Accept

Accept (アクセプト)

Information

初期ジャーマン・メタルを開拓していった名バンド。ウド・ダークシュナイダーのアクのある強烈なボーカルは初期のトレードマークだった。メロディックな縦ノリHR/HMから、初のスピード・メタルと言える曲まで非常にインパクトのある曲を作り上げることに成功している。

Accept アクセプト Breaker

メンバー
・Udo Dirkschneider (vo)
・Wolf Hoffmann (g)
・Jorg Fischer (g)
・Peter Baltes (b)
・Stefan Kaufmann (ds)

Breaker

1981年

1. Starlight
2. Breaker
3. Run If You Can
4. Cant Stand The Night
5. Son Of A Bitch
6. Burning
7. Feelings
8. Midnight Highway
9. Breaking Up Again
10. Down And Out

3rdアルバム。バンドの方向性がここで固まり、サウンドもより1980年代に適したヘヴィメタルとなった。NWOBHMの追い風もあり、バンドの知名度は徐々に上がり始めていた。

A面にあたる1〜5曲目は完璧すぎて無駄が見当たらない。「Breaker」はリッチー・ブラックモアなタイプの疾走曲で、名曲「Fast as a Shark」と並んでいいほど出来がいい。個人的には「Breaker」に軍配を上げたい。ミドル・テンポの曲はやっとアクセプトらしさが出てきていて、これらもパワーが溢れるぐらい強力。

6曲目はロックン・ロール・ソングで浮いた曲だ。ウドの声質もあってなんだかAC/DCを聴いてるような感じになる。ついでに8曲目も。

9曲目の泣きのバラードはボーカルはウドではなくピーターだ。アコースティック・ギターがメインのアクセプトとしては珍しい曲だが、これが非常にメロディックで美しく、プログレ・ハードのバンドの曲を聴いてるかのようだ。アクセプトらしくはないかもしれないが、これも密かに名曲だ。

Accept アクセプト Restless And Wild

メンバー
・Udo Dirkschneider (vo)
・Wolf Hoffmann (g)
・Herman Frank (g)
・Peter Baltes (b)
・Stefan Kaufmann (ds)

Restless And Wild

1982年

1. Fast As A Shark
2. Restless And Wild
3. Ahead Of The Pack
4. Shake Your Heads
5. Neon Nights
6. Get Ready
7. Demon's Night
8. Flash Rockin' Man
9. Don't Go Stealing My Soul Away
10. Princess Of The Dawn

歴史的名盤の一つと言える4thアルバム。バンドの作品の中では一番硬質感に溢れいるが楽曲の幅は狭く感じる。ジューダス・プリーストで言うと「British Steel」のような無駄の無い玄人好みの作品なのだ。フィッシャーが脱退してハーマン・フランクが加入したが、レコーディングにはほとんど関わってないらしい。

名曲中の名曲「Fast as a Shark」はスピード・メタル、パワー・メタル、スラッシュ・メタルの元祖のひとつで、何年経とうが超えられない壁のひとつと言っていいほど完璧だ。この一曲に尽きる。

5曲目は「Metal Heart」の基になってそうな曲で、ギターにオクターバーを使ったシンセっぽい音でのイントロや哀愁メロディはあるもののインパクトは今ひとつ。

Accept アクセプト Balls To The Walls

メンバー
・Udo Dirkschneider (vo)
・Wolf Hoffmann (g)
・Herman Frank (g)
・Peter Baltes (b)
・Stefan Kaufmann (ds)

Balls To The Walls

1984年

1. Balls To The Walls
2. London Leatherboys
3. Fight It Back
4. Head Over Heels
5. Losing More Than You've Ever Had
6. Love Child
7. Turn Me On
8. Losers And Winners
9. Guardian Of The Night
10. Winterdreams

アメリカ市場を意識した作りとなった5thアルバム。タイトル曲のPVがMTVでオンエアされたこともあってヒット作となり、アメリカ進出に成功した。名曲の入った作品に挟まれているせいか日本ではあまり取り上げられることが少ないが、実は世界的にはこの5thアルバムが一番人気だ。

アメリカ市場に挑んだメタル・バンドの多くは別のバンドになってしまったようなサウンドになったりして失望させられたが、アクセプトも変わったには変わったが逆に良くなったとこが面白い。初めて聴いた時は情報通りアメリカナイズドされてるなと感じたが、アクセプトらしさは失われてなかった。キャッチーなメロディはどれもセンスが良く、ついに本性を現しバンドを完成させたといった感じだ。

代表曲はタイトル曲ぐらいかと思うが、前後の作品と比べて圧倒的に捨て曲が無い。どれもしっかり聴きたくなる出来で素晴らしい。最高傑作はやはりこの作品だろう。

Accept アクセプト Metal Heart

メンバー
・Udo Dirkschneider (vo)
・Wolf Hoffmann (g)
・Jorg Fischer (g)
・Peter Baltes (b)
・Stefan Kaufmann (ds)

Metal Heart

1985年

1. Metal Heart
2. Midnight Mover
3. Up To The Limit
4. Wrong Is Right
5. Screaming For A Love-Bite
6. Too High To Get It Right
7. Dogs On Leads
8. Teach Us To Survive
9. Living For Tonite
10. Bound To Fail

代表作のひとつの6thアルバム。楽曲の幅、クオリティは過去最高で、ヘヴィメタルという攻撃的な武器よりもアクセプトというバンドの魅力が詰め込まれた歴史的名盤だ。初めて聴く人は何度も聴き返すことになるだろう。

クラシックの名曲を大胆に引用している「Metal Heart」は、まずイントロにチャイコフスキーの「スラヴ行進曲」、ギターソロにベートーヴェンの「エリーゼのために」を見事に組み合わせることに成功している。このインパクトは今でも通用するほど衝撃的だ。

キャッチーなメロディの「Screaming for a Love-Bite」もバンドの代表曲として重要。アメリカ市場をかなり意識したかのような曲だが、アクセプトらしさが全く失われてない別の魅力がある。007のテーマ曲をメタルにアレンジしたような8曲目も面白い。ラストは裏メタル・ハートと言えそうなドラマティックな曲で素晴らしいエンディングだ。

関連アーティスト

Herman Frank, U.D.O.

広告