MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
プログレッシブ・ロック
Andrew Lloyd Webber

Andrew Lloyd Webber
(アンドリュー・ロイド・ウェバー)

Andrew Lloyd Webber Variations

Variations

1978年

1. Introduction
2. Theme (Paganini Caprice in A minor No. 24) and variations 1 - 4
3. Variations 5 and 6
4. Variation 7
5. Variation 8
6. Variation 9
7. Variation 10
8. Variations 11 - 15 (including the tributes)
9. Variation16
10. Variation 14 - 15 varied
11. Variation17
12. Variation18
13. Variations 19, 20 and 6 varied
14. Variations 21 and 22
15. Variation 23

ミュージカル「キャッツ」「オペラ座の怪人」の作曲で知られるアンドリュー・ロイド・ウェバーの作品で、パガニーニのカプリース第24番の変奏曲です。弟でチェロの演奏者のジュリアンのために書いた作品で、コロシアムIIのメンバーがアルバイト的に参加しているので、所々でインプロヴィゼーションやジャジーな面があったりします。

コロシアムIIのメンバーはジョン・ハイズマン(ds)、ゲイリー・ムーア(G)、ジョン・モール(b)、ドン・エイリー(Key)。あとハイズマンの妻バーバラ・トンプソン(フルート、サックス)、ロッド・アージェントと豪華なメンバーです。他にもフィル・コリンズやベテランミュージシャン他数名が参加。

作品はチャート2位まで上昇するヒットを記録しました。このアルバムはクラシック、ロック、ジャズが混ざったプログレッシブ・ロック的な作品で、メロディーは非常に親しみやすいので誰でも楽しめます。

関連アーティスト

Gary Moore

広告