MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ヘヴィメタル
Anvil

Anvil (アンヴィル)

Information

元祖スラッシュ・メタル・バンドと言われているアンヴィル。解散することなく活動し続けていたがまったく注目されず忘れ去られたバンドに。2009年にドキュメンタリー映画「アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち」が製作され、奇跡的に注目を集めました。

Anvil Metal On Metal

メンバー
・Steve "Lips" Kudlow (g, vo)
・Dave Allison (g, vo)
・Ian Dickson (b)
・Robb "Geza" Reiner (ds)

Metal On Metal

1982年

1. Metal on Metal
2. Mothra
3. Stop Me
4. March of the Crabs
5. Jackhammer
6. Heat Sink
7. Tag Team
8. Scenery
9. Tease Me, Please Me
10. 666

2ndアルバム。前作はインパクトに欠けるハードロック的な作品だったが、一気にメタル度が増して元祖スラッシュ・メタル的な要素のある名曲を生み出している。80年代正統派ヘヴィ・メタルが好きな人にはこれを避けてはいけないと言いたい作品だ。

タイトル曲「Metal On Metal」はゴリゴリのミドル・ナンバーで男臭い熱気が伝わってくる。個性的な曲でこれぞアンヴィルという1曲。「Mothra」はなかなか熱いアイアン・メイデン的な疾走曲。モスラを選んだとこはなかなかマニアックで好感が持てる。「March of the Crabs」はインストだがリフがメイン。非常にメタリックでかっこいいです。「Jackhammer」と「Heat Sink」はアイアン・メイデン的な疾走曲。この疾走感はなかなかいい。「Tease Me Please Me」もNWOBHMの臭いがプンプンの疾走曲。ラスト「666」は元祖スラッシュ・メタルらしい疾走曲。テンポの速いリフの刻みとパワフルなドラムは最高です。

Anvil This Is Thirteen

メンバー
・Steve "Lips" Kudlow (g, vo)
・Glenn "G5" Five (b)
・Robb "Geza" Reiner (ds)

This Is Thirteen

2007年

1. This Is Thirteen
2. Bombs Away
3. Burning Bridges
4. Ready To Fight
5. Flying Blind
6. Room #9
7. Axe To Grind
8. Feed The Greed
9. Big Business
10. Should'a Would'a Could'a
11. Worry
12. Game Over
13. American Refugee

Bonus Track
14. Thumb Hang
15. Metal On Metal
16. 666

夢を諦めきれない男たち、カナダのヘヴィ・メタル・バンド、アンヴィルの2007年にリリースした13作目。日本では映画に合わせてか2009年にリリース。プロデューサーには名盤2nd「Metal on Metal」をプロデュースしたクリス・タンガリーズを迎えている。初期をイメージして作られてるので起死回生な作品ですね。バンドは中心人物のロブ・ライナー(Ds)とスティーブ・“リップス”・クドロー(G, Vo)以外はメンバーチェンジを繰り返し、現在はトリオ編成に。

まず前半は今時あまり無い重苦しく正統なミドル・テンポ。曲が進むにつれヒートアップ。80年代に聴けたような正統派ヘヴィ・メタルのオンパレードで頭上下しっぱなしだ。どの曲もギターのリフが良くてかっこいい。良い意味でこのバンドは何も変わってない。ボーナストラックには過去の名曲が3曲リレコーディングで入ってるのもうれしい。現代のクオリティでの名曲はまた一味違う。

バンドがドキュメンタリー映画化されるなど奇跡的にスポットがあたり、いよいよ大物の仲間入りになるか?この先も注目ですね。がんばれアンヴィル!

広告