MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。
2016/1/3
ロックに Cold BloodDada を、プログレッシブ・ロックに Fusion Orchestra を追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ロック
Asia

Asia (エイジア)

Information

プログレ系の名のあるアーティストが集結したイギリスのバンド、エイジア。オリジナル・メンバーはジョン・ウェットン(元キング・クリムゾン、他)、スティーヴ・ハウ(元イエス)、カール・パーマー(元EL&P)、ジェフ・ダウンズ(元バグルス、イエス)。その後メンバー・チェンジを繰り返すが、2008年に再びオリジナル・メンバーでアルバム・リリース、来日を果たしている。音楽性はポップ寄りでコンパクトな曲が中心なので産業ロックと位置づけられるが、随所にプログレ的な要素も見られる。この音楽性には賛否を呼んだが、楽曲の数々はどれもクオリティが高いです。

Asia エイジア 詠時感 時へのロマン

メンバー
・John Wetton (vo, b)
・Steve Howe (g, vo)
・Geoffrey Downes (key, vo)
・Carl Palmer (ds)

Asia

邦題「詠時感(エイジア)〜時へのロマン〜」1982年

1. Heat of the Moment
2. Only Time Will Tell
3. Sole Survivor
4. One Step Closer
5. Time Again
6. Wildest Dreams
7. Without You
8. Cutting It Fine
9. Here Comes the Feeling

大ヒット作となった1stアルバム。上記の通り産業ロック色強い作品だが、随所にプログレを感じさせるとこもある。ポップでもキャッチー過ぎず英国らしいメロディー満載で、さすがにこのメンバーだからクオリティが高い。

「Heat of the Moment」は程よくポップなヒット作。「Only Time Will Tell」「Sole Survivor」はアメリカン・プログレ・ハード的な曲。「Time Again」は唯一非常に英国的なハードロック。叙情的なメロディーのシャッフル・ビート曲で、ちょっとユーライア・ヒープっぽい。続く「Wildest Dreams」から終わりにかけてはやや緊張感が有り、若干メロディーには哀愁があってなかなか良い。このあたりはプログレ色がけっこうある。

この作品は前半のストレートでややポップなのが非常に印象強いのでプログレ・ファンが嫌うのがよく分かります。プログレを忘れて聴けば非常に上質な産業ロックです。

Asia エイジア Alpha

メンバー
・John Wetton (vo, b)
・Steve Howe (g, vo)
・Geoffrey Downes (key, vo)
・Carl Palmer (ds)

Alpha

1983年

1. Don't Cry
2. The Smile Has Left Your Eyes
3. Never in a Million Years
4. My Own Time (I'll Do What I Want)
5. The Heat Goes On
6. Eye to Eye
7. The Last to Know
8. True Colors
9. Midnight Sun
10. Open Your Eyes

2ndアルバム。前作同様の路線でセールスは伸びなかったものの完成度が上がってます。とくに捨て曲無しで、初期の最高傑作と言う人は非常に多いです。

「Don't Cry」はポップでキャッチーな曲だがイントロはなかなかドラマティック。ポップなメロディーと英国らしい哀愁メロディーが交差するエイジアらしい名曲のひとつです。「The Smile Has Left Your Eyes」は程よくポップで哀愁もあるバラード曲。じょじょに盛り上がる展開やSE効果もなかなか素晴らしい。「Never in a Million Years」も程よくポップで哀愁もある英国らしい曲。透明感のあるコーラスやメロディーがなかなか美しい曲です。「My Own Time」はややアメリカン・プログレ・ハードに近い感じで、哀愁メロディーはとても美しい。「The Heat Goes On」は完全にプログレ・ハードじゃないでしょうか?。程よくドライブ感があり、厚いコーラスや哀愁メロディーはこれまたなかなか美しい。「Eye to Eye」はストレートな曲だが、これもややハードで哀愁メロディーも良し。「True Colors」はプログレ的展開があり、サウンドがなかなかゴージャスで叙情的なメロディーは美しい。ラスト「Open Your Eyes」は哀愁漂うメロディーと爽やかなサビのメロが素晴らしい。中盤や後半の展開がなかなかドラマティックなのもいい。

Asia エイジア Astra

メンバー
・John Wetton (vo, b)
・Mandy Meyer (g)
・Geoffrey Downes (key, vo)
・Carl Palmer (ds)

Astra

1985年

1. Go
2. Voice of America
3. Hard on Me
4. Wishing
5. Rock and Roll Dream
6. Countdown to Zero
7. Love Now Till Eternity
8. Too Late
9. Suspicion
10. After the War

3rdアルバム。スティーヴ・ハウが脱退し、後任にはマンディ・メイヤーが参加。マンディはあまり特徴は無いが、サウンドがポップになり過ぎず適度にハードなので聴きやすい。これもなかなかクオリティの高い作品です。

まず「Go」はストレートかつドラマティックな曲でなかなかメロディアス。「Wishing」は非常に耳に残りやすいメロディーで爽やかだが、サビは叙情的なメロディーで切ない。「Rock and Roll Dream」は明るそうなタイトルだがやや重苦しい雰囲気。そこから光り輝くような展開はエイジアらしいですね。「Suspicion」はシリアスな雰囲気のバラード曲で密かにメロディーが良い。ラスト「After the War」は唯一プログレ的な曲で、ドラマティックな展開と叙情的なメロディーが素晴らしいです。

Asia エイジア Aqua

メンバー
・John Payne (vo, b)
・Al Pitrelli (g)
・Steve Howe (g)
・Geoffrey Downes (key, vo)
・Carl Palmer (ds)
ゲスト
・Simon Phillips (ds)
・Ant Glynne (g)
・Scott Gorham (g)
・Mats Johanson (g)

Aqua

1992年

1. Aqua Part.1
2. Who Will Stop the Rain?
3. Back in Town
4. Love Under Fire
5. Someday
6. Little Rich Boy
7. The Voice of Reason
8. Lay Down Your Arms
9. Crime of the Heart
10. A Far Cry
11. Don't Call Me
12. Heaven on Earth
13. Aqua Part.2

ジョン・ウェットンが脱退し、後任はジョン・ペイン。ペインはウェットンと同じくベース&ボーカルで、ウェットンよりボーカルが良かったりします。固定かと思われたギターのパット・スロールも脱退しており、後任はアル・ピトレリ。レコーディングにはスティーヴ・ハウも参加してます。

作品はウェットン路線を若干継承しつつ、よりロック色が強くなっている。個性的ではなくなったが、なかなか完成度は高く良質なメロディーが満ちています。トータル・クオリティはそれまで以上だと思うが、楽曲の幅が狭くなってしまったのがちょっと痛いですね。

Asia エイジア Aria 天空のアリア

メンバー
・John Payne (vo, b)
・Al Pitrelli (g)
・Geoffrey Downes (key, vo)
・Mike Sturgis (ds)

Aria

邦題「天空のアリア」1994年

1. Anytime
2. Are You Big Enough?
3. Desire
4. Summer
5. Sad Situation
6. Don't Cut The Wire (Brother)
7. Feels Like Love
8. Remembrance Day
9. Enough's Enough
10. Military Man
11. Aria

カール・パーマーが脱退し、後任はマイケル・スターギスに。メロディアスハード、AORといった感じな曲が並び、前作の問題点だった楽曲の幅が広くなったと思います。

メロディーの質も前作以上で力強い。特に哀愁メロディーと透明感のある「Desire」や「Summer」が素晴らしい。マグナムをAOR寄りにしたらきっとこうなるでしょう。ドラマティックな展開のある「Don't Cut The Wire」「Feels Like Love」はなかなか圧巻。これもマグナムっぽい気がする。ラスト「Aria」は短いが壮大でドラマティックなこの曲もいい。

メンバーチェンジが激しい中、これだけ素晴らしい作品を作るとは正直驚きです。

Asia エイジア Arena アリーナ

メンバー
・John Payne (vo, b)
・Elliott Randall (g)
・Aziz Ibrahim (g)
・Geoffrey Downes (key)
・Mike Sturgis (ds)

ゲスト
・布袋寅泰 (g)
・Luis Jardim (per)

Arena

1996年

1. Into the Arena
2. Arena
3. Heaven
4. Two Sides of the Moon
5. The Day Before the War
6. Never
7. Falling
8. Words
9. U Bring Me Down
10. Tell Me Why
11. Turn It Around
12. Bella Nova

6thアルバム。さらにAOR色強まってエイジアらしさは無に等しいが、メロディーは上質で全体的にも完成度が高いと思う。アートワークはどこかで見たことあるなと思ったらロドニー・マシューズですね。1曲目「Into The Arena」にはなんと布袋寅泰が参加している。作品は全体的にウェットな雰囲気に包まれていて穏やか。これを避けて通ってしまうのは非常にもったいないのでぜひ聴いて頂きたいですね。

Asia エイジア Phoenix

メンバー
・John Wetton (vo, b)
・Steve Howe (g, vo)
・Geoffrey Downes (key, vo)
・Carl Palmer (ds)

Phoenix

2008年

1. Never Again
2. Nothing's Forever
3. Heroine
4. Sleeping Giant / No Way Back / Reprise
5. Alibis
6. I Will Remember You
7. Shadow Of A Doubt
8. Parallel Worlds / Vortex / Deya
9. Wish I'd Known All Along
10. Orchard Of Mines
11. Over And Over
12. An Extraordinary Life
13. I Will Remember You (acoustic)

オリジナル・メンバーでの奇跡の再結成。ウェットンとダウンズによるユニットIconである程度予測できたが、まさかこんなにクオリティ高い作品に仕上がるとは思いませんでした。オリジナルASIAらしい曲満載ですが、初期のような非常にポップな雰囲気が薄まり、非常に英国的なロックになってます。歳をとったおかげか曲に深みが増し、明る過ぎたりもしない。捨て曲も無く個人的には最高傑作だと思います。

関連アーティスト

Buggles, GTR, King Crimson, Yes

広告