MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
プログレッシブ・ロック
Atoll

Atoll (アトール)

Atoll アトール 組曲 夢魔

メンバー
・Andre Balzer (vo, percussion)
・Christian Beya (g)
・Jean-Luc Thillot (b)
・Michel Taillet (key)
・Richard Aubert (violin)
・Alain Gozzo (ds)

L'Araignee-Mal

邦題「組曲:夢魔」1975年

1. Le Photographe Exorciste
2. Cazotte No.1
3. Le Voleur d'Extase
4. Imaginez Le Temps
5. L'Araignee - Mal
6. Les Robots Debiles
7. Le Cimetiere De Plastique

[Bonus Track]
8. Cazotte No.1 (Live)

フランスのプログレッシブ・ロック・バンド、アトールの2ndアルバムで、フレンチ・プログレの重要な1枚。邦題は『組曲「夢魔」』で、不気味のように思えるが明るめですね。1stでのイエス的な雰囲気は薄まり、実験的で独特なサウンドになっている。

「Le Photographe Exorciste」は語り口調の歌が妖しげ。アヴァンギャルドな演奏があったり、終わりのさらに妖しいヴァイオリンがとても印象的。「Cazotte No. 1」は緊張感のあるジャズ・ロック。疾走感もあってなかなかスリリング。キーボード、ギター、ヴァイオリンのソロ・バトルは圧巻。「Le Voleur d'Extase」はPFM的なシンフォニックの曲。ヴァイオリンやキーボードの音色が美しく幻想的だが、やがてジャズ・ロックに発展。これと前曲のドラムはなかなか手数足数が多い。「Imaginez Le Temps」はちょっとホラーチックで妖しげな曲。ヴァイオリンの音が不安感を煽るような感じで不気味。やがてその雰囲気は消え美しいソンフォニックな展開に。タイトル曲「L'Araignee - Mal」「Les Robots Debiles」はスペイシーな音のシンセが頭を駆け巡る。「Le Cimetiere De Plastique」は一転、穏やかで神秘的な曲に。サントラ的で曲がだんだんジャズ・ロックになって盛り上がる。

このアルバムは初めて聴いたとき、おかしな音のバンドだなと思ってましたが、よく聴くうちにのめり込みますね。じっくりよく聴きましょう。

広告