MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ヘヴィメタル
Axxis

Axxis (アクシス)

Information

ドイツのHR/HMバンド、アクシス。初期は欧州的なメロディアスなハードロック、ハードポップなバンドでしたがその後、時代に合わせてか暗く重苦しいサウンドに。2000年を境に原点回帰し、現在はメロディック・パワー・メタル・バンドへと進化してます。

Axxis アクシス Kingdom Of The Night 暗黒の支配者

メンバー
・Bernhard Weiss (vo)
・Walter Pietsch (g, vo)
・Werner Kleinhaus (b)
・Harry Oellers (key)
・Richard Michaelski (ds)

Kingdom Of The Night

邦題「暗黒の支配者」1989年

1. Living in a World
2. Kingdom of the Night
3. Never Say Never
4. Fire and Ice
5. Young Souls
6. For a Song
7. Love Is Like an Ocean
8. The Moon
9. Just One Night
10. Kings Made of Steel
11. Kingdom of the Night (Acoustic Version)

1stアルバム。ジャーマンHR/HMぽい感じはあまり無く、欧州的なハードロックや、ハード・ポップな曲があったりします。

まず1曲目「Living in a World」は北欧のバンドかと間違うほどのドラマティックで哀愁漂うミドル・テンポの曲。「Kingdom Of The Night」はノリの良いキャッチーでメロディアスなハードロック。「The Moon」は英国的なヘヴィメタル。「Kings Made Of Steel」は「Kingdom Of The Night」同様のキャッチーでメロディアスなハードロック。

他の曲も80年代的な薫りが残るものが多いが、どの曲もクオリティは高い。ドイツのバンドとしてはちょっと異色な存在かもしれません。

Axxis アクシス II 帝国興隆

メンバー
・Bernhard Weiss (vo)
・Walter Pietsch (g, vo)
・Werner Kleinhaus (b)
・Harry Oellers (key)
・Richard Michaelski (ds)

II

邦題「帝国興隆」1990年

1. The World Is Looking in Their Eyes
2. Save Me
3. Touch the Rainbow
4. Rolling Like Thunder
5. Hold You (Acoustic Version)
6. Ships Are Sailing
7. Little Look Back
8. Face to Face
9. Get Down
10. Gimme Back the Paradise
11. Hold You (Acoustic Version)

2ndアルバム。前作同様の路線の作品です。「World Is Looking in Their Eyes」は正統的なHR/HMでメロディーはキャッチー。「Save Me」はキャッチーなハロウィンといった感じの疾走曲。「Touch The Rainbow」は欧州的な曲だがサビはとてもキャッチー。「Little Look Back」はメロディアス・ハードな曲でこれもキャッチー。「Face To Face」は哀愁漂うハードロック・バラード。この作品も捨て曲無くどれもクオリティはなかなか高い。

Axxis アクシス Access All Areas

メンバー
・Bernhard Weiss (vo)
・Walter Pietsch (g, vo)
・Werner Kleinhaus (b)
・Harry Oellers (key)
・Richard Michaelski (ds)

Access All Areas

1991年

1. Kingdom of the Night
2. Trash in Tibet
3. Little Look Back
4. Touch the Rainbow
5. Face to Face
6. Tears of the Trees
7. Ships Are Sailing
8. Living in a World
9. Save Me
10. Fire and Ice
11. Back to the Wall

初ライブ作品。スタジオ作品2枚でもうライブですが充実した内容です。なかなかテンションの高いライブで非常にいい作品です。スタジオ・アルバムでは聴けない「Trash In Tibet」「Back To The Wall」がある。「Trash In Tibet」はRIOT的なインスト曲でメロディック。「Back To The Wall」はEuropaのような正統寄りでメロディックな疾走曲です。

Axxis アクシス The Big Thrill

メンバー
・Bernhard Weiss (vo)
・Walter Pietsch (g, vo)
・Werner Kleinhaus (b)
・Harry Oellers (key)
・Richard Michaelski (ds)

The Big Thrill

1993年

1. Better World/Livin' in the Dark
2. Against a Brick Wall
3. Stay Don't Leave Me
4. Little War
5. No Advice
6. Love Doesn't Know Any Distance
7. Heaven's 7th Train
8. Brother Moon
9. Waterdrop
10. Wolf
11. Road to Never Neverland

最もポップな作風となった3rdアルバム。この作品はバラエティ豊富でやはりクオリティも高く、初期の最高傑作と言ってよいでしょう。

「Better World / Livin' In The Dark」はキャッチーでメロディアスなハードポップ。ノリ良く展開も良い曲です。「Against A Brick Wall」は一転してパワーメタルな疾走曲。「Stay Don`t Leave Me」は哀愁メロディーのドラマティックなバラード曲。「Little War」はアクシスらしいメロディアスなハードポップでサビがとてもキャッチー。「Heaven`s 7th Train」と「Brother Moon」は正統HR/HMなミドル・テンポの曲でメロディック。「The Wolf」はこれも正統的で、なかなかカッコイイ疾走曲です。

Axxis アクシス Back To The Kingdom

メンバー
・Bernhard Weiss (vo)
・Guido Wehmeyer (g, vo)
・Kuno Niemeyer (b, vo)
・Harry Oellers (key)
・Richard Michaelski (ds)

Back To The Kingdom

2000年

1. Shadowman
2. Like A Sphinx
3. Flashback Radio
4. Heaven In Black
5. Only God Knows
6. Sea Of Love
7. White Lights
8. Why Not
9. My Little Princess
10. Without You
11. Ice On Fire
12. Na Na Hey Hey Kiss Him Goodbye
13. Be A King

原点回帰の会心の作。アメリカ進出を意識した暗く重苦しいサウンドは消え、完全に原点に戻りました。アクシスらしい明るくメロディアスなHR/HMが満載です。

Axxis アクシス Time Machine

メンバー
・Bernhard Weiss (vo)
・Guido Wehmeyer (g, vo)
・Rob Schomaker (b)
・Harry Oellers (key, vo)
・Andre Hilgers (ds)

Time Machine

2004年

1. Mystery of Time (Intro)
2. Angel of Death
3. Time Machine
4. Wind in the Night (Shalom)
5. Lost in the Darkness
6. The Demons Are Calling
7. Wings of Freedom
8. Dance in the Starlight
9. Battle of Power
10. Alive
11. Gimme Your Blood
12. Don't Drag Me Down

さらなる飛躍を目指してかパワー・メタル寄りに進化。基本のメロディアスで親しみやすいメロディーはそのままで、アクシスらしさはまったく失われてない。前半はハロウィン的な疾走曲が多く、後半はそれまでのアクシスらしい曲がある。勢いを増し、素晴らしい完成度を見せた意欲作です。

Axxis アクシス Paradise in Flames

メンバー
・Bernhard Weiss (vo)
・Guido Wehmeyer (g, vo)
・Rob Schomaker (b)
・Harry Oellers (key, vo)
・Andre Hilgers (ds)

Paradise in Flames

2006年

1. Paradise in Flames (Intro)
2. Dance with the Dead
3. Tales of Glory Island
4. Take My Hand
5. Will God Remember Me?
6. Talisman
7. Don't Leave Me
8. Lady Moon
9. Icewind
10. Stay by Me
11. Gods of Rain
12. Passion for Rock

基本的に前作の延長線上で、女性ボーカル、ラコーニアが参加し、オペラチックなメロパワになっています。前作より曲の統一感があり、また違った完成度を見せてます。

Axxis アクシス Doom Of Destiny

メンバー
・Bernhard Weiss (vo)
・Marco Wriedt (g, vo)
・Rob Schomaker (b, vo)
・Harry Oellers (key, vo)
・Andre Hilgers (ds)

Doom Of Destiny

2007年

1. Voices of Destiny
2. Doom of Destiny (Arabia)
3. Better Fate
4. Blood Angel
5. I Hear You Cry
6. The Fire Still Burns
7. Father, Father
8. Revolutions
9. She Got Nine Lifes
10. Devilish Belle
11. Astoria

パワーメタル路線が最高の域までに達したと思われる作品。引き続き女性ボーカル、ラコーニアが参加いてます。前作は少々重い空気があったが、キャッチーで明るめな雰囲気が戻っている。よりダイナミックでオペラ的になり、なかなか迫力のある作品になりました。捨て曲無しの名盤です。

Axxis アクシス Utopia

メンバー
・Bernhard Weiss (vo)
・Marco Wriedt (g, vo)
・Rob Schomaker (b, vo)
・Harry Oellers (key, vo)
・Alex Landenburg (ds)

Utopia

2009年

1. Journey to Utopia
2. Utopia
3. Last Man on Earth
4. Fass Mich An
5. Sarah Wanna Die
6. My Fathers Eyes
7. The Monsters Crawl
8. Eyes of a Child
9. Heavy Rain
10. For You I Will Die
11. Underworld

ドラムだけ交代しあとは前作と同じメンバー。とくに大きな変化は無いのだが、常にクオリティの高い曲を何曲も作れているのは素晴らしい。本国ドイツでは密かに人気がまた集まってるようなので、世界的に再評価されて欲しいですね。名盤!

広告