MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
プログレッシブ・ロック
Barclay James Harvest

Barclay James Harvest
(バークレイ・ジェームズ・ハーヴェスト)

Information

イギリスのブログレッシブ・ロック・バンド、バークレイ・ジェームズ・ハーヴェスト(以下BJH)。初期はゴドフリーが指揮するオーケストラとロックとの融合を試みていました。ゴドフリー脱退後はシンセサイザーやメロトロンがオーケストラ替わりとなり、よりメロディアスなバンドへと変わっていき、だんだんとフォーク・ロックになっていきました。

バークレイ・ジェームズ・ハーヴェスト Everyone Is Everybody Else 宇宙の子供

メンバー
・John Lees (vo, g)
・Les Holroyd (b, g)
・Stuart "Woolly" Wolstenholme (key)
・Mel Pritchard (ds)

Everyone Is Everybody Else

邦題「宇宙の子供」1974年

1. Child of the Universe
2. Negative Earth
3. Paper Wings
4. The Great 1974 Mining Disaster
5. Crazy City
6. See Me See You
7. Poor Boy Blues
8. Mill Boys
9. For No One

[Bonus Tracks]
10. Child of the Universe (Single)
11. Great 1974 Mining Disaster (Original Mix)
12. Maestoso (A Hymn in the Roof of the World)
13. Negative Earth (Original Mix)
14. Child of the Universe (Single)

5thアルバム。ゴドフリーが脱退し、POLYDORへ移籍。BJHの代表作でもある。気難しいプログレでなくポップス寄りのシンフォニックなロックです。やさしく包むようなメロトロンやシンセサイザーに、泣きのギターはけっこう幻想的な雰囲気を出してます。全体的に叙情的で哀愁メロディーが溢れています。

無意味な暴力やアパルトヘイトをテーマにした「Child of the Universe」は一度聴いたらメロディーが耳から離れない名曲。ドラマチックで悲しく美しい曲です。この他にも同等で良質な曲がほとんどなので、捨て曲無しの名盤です。メロディー重視の方はぜひ。

バークレイ・ジェームズ・ハーヴェスト Live

メンバー
・John Lees (vo, g)
・Les Holroyd (b, g)
・Stuart "Woolly" Wolstenholme (key)
・Mel Pritchard (ds)

Live

1974年

1. Summer Soldier
2. Medicine Man
3. Crazy City
4. After The Day
5. The Great 1974 Mining Disaster
6. Galadriel
7. Negative Earth
8. She Said
9. Paper Wings
10. For No One
11. Mockingbird

バンドの初のライヴ作品は予想に反してなかなかエネルギッシュな演奏で圧倒され、選曲が代表曲だけというのも嬉しい。ロバート・ジョン・ゴドフリーは脱退してるのでオーケストラは率いてないのだが、オーケストラ入りの曲を見事にバンドだけでサウンドを完成させている。

ギターやドラムはスタジオより荒々しく聴こえ、メロトロンやムーグ・シンセサイザーの音色はスタジオ以上に濃く、インプロヴィゼーションでの音の洪水は圧巻だ。さらにコーラスワークもしっかりしているのもスタジオ作に劣っていない要因のひとつだろう。この作品を聴くとより一層BJHが好きになる。

バークレイ・ジェームズ・ハーヴェスト Time Honoured Ghosts 神話の中の亡霊

メンバー
・John Lees (vo, g)
・Les Holroyd (b, g)
・Stuart "Woolly" Wolstenholme (key)
・Mel Pritchard (ds)

Time Honoured Ghosts

邦題「神話の中の亡霊」1975年

1. In My Life
2. Sweet Jesus
3. Titles
4. Jonathan
5. Beyond the Grave
6. Song for You
7. Hymn for the Children
8. Moon Girl
9. One Night

6thアルバム。前作と同様に幻想的な感じはあるが、プログレ度は下がりよりポップでフォークな感じになった。全体的に穏やかな雰囲気が漂っており、もうプログレという感じはあまりしないのですが、とにかくメロディーは前作同様に素晴らしいです。

美しいツイン・ギターと耳に残りやすい歌が印象的な「In My Life」は名曲。つづく「Sweet Jesus」も美しいフォーク・ロックでけっこう泣ける。「Titles」はビートルズの曲名をつなげて歌詞にした曲で、とても穏やかな曲で癒されます。「Moongirl」はZEPの階段を思わせるようなバラードは幻想的で美しく、これもまた名曲。

バークレイ・ジェームズ・ハーヴェスト Octoberon 妖精王

メンバー
・John Lees (vo, g)
・Les Holroyd (b, g)
・Stuart "Woolly" Wolstenholme (key)
・Mel Pritchard (ds)

Octoberon

邦題「妖精王」1976年

1. The World Goes On
2. May Day
3. Ra
4. Rock 'n Roll Star
5. Polk Street Rag
6. Believe In Me
7. Suicide
8. Rock N' Roll Star (Early Mix)
9. Polk Street Rag (First Mix)
10. Ra (First Mix)
11. Rock N' Roll Star (Playback version)
12. Suicide (First Mix)

7thアルバム。前作同様にフォーク・ロック路線の穏やかな作品で、これまた完成度が高い。久々にオーケストラと共演したことによりアンサンブルはより重厚になり、とくに前半3曲はシンフォニックで鳥肌ものだ。このバンドならではのメロディの洪水も流石だ。

関連アーティスト

The Enid

広告