MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ヘヴィメタル
Bloodbound

Bloodbound (ブラッドバウンド)

Bloodbound Nosferatu

メンバー
・Urban breed (vo)
・Tomas Olsson (g)
・Fredrik Bergh (key, b, vo)
・Oskar Belin (ds)

Nosferatu

2005年

1. Behind The Moon
2. Into The Dark
3. Nosferatu
4. Metal Monster
5. Crucified
6. Desdemonamelia
7. Fallen From Grace
8. Screams In The Night
9. For The King
10. Midnight Sun
11. On The Battlefield

スウェーデンのAORなバンド、STREET TALKのフレドリック・バーグ(Key)を中心に結成した正統派ヘヴィメタル・バンド、ブラッドバウンド。このバンドではアイアン・メイデン、ハロウィンなどの美味しいとこだけを取ったような感じになってます。ボーカルはTAD MOROSEのアーバン・ブリード(Vo)で、ブルース・ディッキンソン・タイで安定したボーカルです。

全体的にツイン・リード・ギターを活かしたアイアン・メイデン風の曲が大半を占めてます。「Crucified」はパワー・メタル曲でハロウィンな感じするが、「Fallen From Grace」はもっとハロウィンな曲になっている。後半はやや影が薄いがどれもクオリティは高い。アイアン・メイデンが好きな人はこの作品を気に入るはずです。

Bloodbound Tabula Rasa

メンバー
・Urban breed (vo)
・Tomas Olsson (g)
・Henrik Olsson (g)
・Johan Sohlberg (b)
・Fredrik Bergh (key)
・Pelle Akerlind (ds)

Tabula Rasa

2009年

1. Sweet Dreams of Madness
2. Dominion 5
3. Take One
4. Tabula Rasa
5. Night Touches You
6. Tabula Rasa, Pt. 2 (Nothing at All)
7. Plague Doctor
8. Master of My Dreams
9. Twisted Kind of Fate
10. All Rights Reserved
11. The Crying Kitten (Bonus Track)

3rdアルバム。2ndアルバムではマイケル・ボーマンがボーカルだったがちょっとミスマッチだった。今作は1stで歌ってたアーバン・ブリードが復帰。やっぱこのバンドはアーバンの声との相性は抜群です。ちょっと悲しいことにアイアン・メイデンやハロウィン色が後退し、独自のサウンドになってきた。しかしどれもクオリティの高い正統派ヘヴィメタルです。

新しいサウンドに慣れるにちょっと時間かかるかもしれないが、タイトル曲「Tabula Rasa」あたりから楽になると思う。「Twisted Kind Of Fate」「All Rights Reserved」などの疾走曲もメロディックでサビのメロディーがいい。

アーバン・ブリードの復帰は非常に良い結果をもたらしましたね。どの曲も過剰な作り込みがなくストレートでコンパクト。捨て曲も無いので正統派好きにはオススメの1枚です。

広告