MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
プログレッシブ・ロック
Camel

Camel (キャメル)

Camel Mirage

メンバー
・Peter Bardens (key)
・Andy Latimer (g, Flute, vo)
・Doug Ferguson (b)
・Andy Ward (ds)

Mirage

邦題「蜃気楼」1974年

1. Freefall
2. Supertwister
3. Nimrodel/The Procession/The White Rider
4. Earthrise
5. Lady Fantasy: Encounter/Smiles for You/Lady Fantasy

Bonus Tracks
6. Supertwister [Live]
7. Mystic Queen [Live]
8. Arubaluba [Live]
9. Lady Fantasy: Encounter/Smiles for You/Lady Fantasy [Original Mix]

イギリスの叙情派プログレッシヴ・ロック・バンド、キャメルの2ndアルバム。叙情的なメロディーはあるが、ハードな部分も多い作風になっている。

「Freefall」はなかなかスリリングでハード・ロック色の強い曲。「Supertwister」はフルートの音色が美しいフォーカスがやりそうなインスト曲。「Nimrodel/The Procession/The White Rider」はプレグレらしい様々な展開を聴かせてくれる大曲。叙情メロディーからハードな演奏になりサイケな雰囲気へと次々と変化していきます。「Earthrise」は中盤からの前楽器が突進するようなたたみかけるリズムがたまらない。「Lady Fantasy」は泣きのギターがたまらないキャメルらしい叙情的な曲。キーボードにも泣きがありますね。神秘的な雰囲気の大曲で、曲の展開も素晴らしい名曲です。

Camel The Snow Goose

メンバー
・Peter Bardens (key)
・Andy Latimer (g, Flute, vo)
・Doug Ferguson (b)
・Andy Ward (ds)

The Snow Goose

邦題「白雁」1975年

1. Great Marsh
2. Rhayader
3. Rhayader Goes to Town
4. Sanctuary
5. Fritha
6. Snow Goose
7. Friendship
8. Migration
9. Rhayader Alone
10. Flight of the Snow Goose
11. Preparation
12. Dunkirk
13. Epitaph
14. Fritha Alone
15. Princesse Perdue
16. Great Marsh

Bonus Tracks
17. Flight of the Snow Goose [Single Edit]
18. Rhayader [Single Edit]
19. Flight of the Snow Goose [Single Edit]
20. Rhayader Goes to Town [Live]
21. Snow Goose/Freefall [Live]

3rdアルバム。ポール・ギャリコの小説「スノーグース」を題材としたコンセプト・アルバムです。全曲インストゥルメンタルで、幻想的な雰囲気で良質メロディー満載のサントラ的な作品です。ロックのアルバムとして楽しめるかは聴く人次第ですが、キャメルを聴くならこれは避けて通れませんね。

「Rhayader」のフルートは非常に美しく、メロディーは一度聴いたら離れないでしょう。非常に優しい雰囲気で癒されます。ちょっとオランダのフォーカスがやりそうな曲調です。

このアルバムは次作「Moon Madness」が気に入ってから聴いたほうが良いかもしれませんが、とりあえず「Moon Madness」に並ぶ名盤でしょう。

Camel Moonmadness

メンバー
・Peter Bardens (key)
・Andy Latimer (g, Flute, vo)
・Doug Ferguson (b)
・Andy Ward (ds)

Moonmadness

邦題「月夜のファンタジア」1976年

1. Aristillus
2. Song Within a Song
3. Chord Change
4. Spirit of the Water
5. Another Night
6. Air Born
7. Lunar Sea

Bonus Tracks
8. Another Night [Single]
9. Spirit of the Water [Demo]
10. Song Within a Song [live]
11. Lunar Sea [live]
12. Preparation/Dunkirk [live]

4thアルバム。最高傑作とされてる作品で、非常に幻想的な雰囲気や緊張感のある展開などあって素晴らしいです。アップテンポな曲もあるが、どこかゆったりとしてて優しさがある感じがする。どの曲にも甘いメロディーがいっぱいあり、非常に耳に心地良いです。

「Song within a Song」はキャメルならではのゆったりとした優しげな曲。非常に幻想的な曲で、映画のBGMに使えそうな感じです。「Chord Change」はアップテンポな曲なのにこれも優しげな雰囲気。テンポダウンのとこでのギターの甘いメロディーがたまりません。「Air Born」は非常に幻想的な曲で美しく、フルートや泣きのギターが心に染みる。ラスト「Lunar Sea」はプログレらしいテクニカルな曲で、手数多くアップテンポなドラムでもキャメルらしさはまったく壊れていない。これは鳥肌立ちますね。

広告