MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ハードロック
Cinderella

Cinderella (シンデレラ)

Cinderella シンデレラ Night Songs

メンバー
・Tom Keifer (vo, g)
・Jeff LaBar (g)
・Eric Brittingham (b)
・Fred Coury (ds)

Night Songs

1986年

1. Night Songs
2. Shake Me
3. Nobody's Fool
4. Nothin' for Nothin'
5. Once Around the Ride
6. Hell on Wheels
7. Somebody Save Me
8. In from the Outside
9. Push, Push
10. Back Home Again

アメリカのフィラデルフィア出身のロック・バンド、シンデレラの1stアルバム。ジョン・ボン・ジョヴィが見いだしたバンドということで非常に注目されました。70年代のブルース・ロックやAC/DCの影響を感じさせるサウンドで、トム・キーファーのボーカルはジャニス・ジョプリンを参考にしてるらしい。捨て曲無く非常にインパクトの強いデビュー・アルバムです。

タイトル曲でバンドの代表曲でもある「Night Songs」はヘヴィメタル一歩手前といった感じでヘヴィで凄くインパクトがある。テンポがスローなのも重みの要因でしょう。トムはこの曲ではギブソンのダブルネックSGで演奏します。メロディアスなハードロック・バラード「Nobody's Fool」は哀愁があっていい。「Hell On Wheels」は数少ない疾走曲。速い曲を歌うとちょっとW.A.S.P.っぽい気がする。ラストの「Back Home Again」はヘヴィなミドル・テンポ。これがまたカッコイイ。

Cinderella シンデレラ Live at the Key Club

メンバー
・Tom Keifer (vo, g)
・Jeff LaBar (g)
・Eric Brittingham (b)
・Fred Coury (ds)

Live at the Key Club

1999年

1. More Things Change
2. Push, Push
3. Hot and Bothered
4. Shelter Me
5. Night Songs
6. Somebody Save Me
7. Heartbreak Station
8. Last Mile
9. Coming Home
10. Fallin' Apart at the Seams
11. Don't Know What You Got
12. Nobody's Fool
13. Gypsy Road
14. Shake Me

バンドは1990年代初頭のグランジブームの波に押され解散したが、1997年に再結成。このアルバムは1998年、ハリウッドにあるキー・クラブでのオリジナル・メンバーによるライブです。これは2008年のリマスター盤。オーバーダブ無しらしいから確かに生々しい音でその場の雰囲気がすごく伝わってきます。

名曲・定番曲がずらりと並んだ素晴らしいアルバムだが、しばらく廃盤で手に入りにくかったです。トム・キーファーの歌い方はけっこう負担がかかるため何度か手術してるのだが、最近また悪化したという情報を見かけました。新作をつくろうとしてたこともあるようなので、なんとかがんばってほしいですね。

Cinderella シンデレラ Heart Break Station Tour

メンバー
・Tom Keifer (vo, g)
・Jeff LaBar (g)
・Eric Brittingham (b)
・Fred Coury (ds)

Heart Break Station Tour

2007年

1. More Things Change
2. Push Push
3. Sick for the Cure
4. Make Your Own Way
5. Night Songs
6. Back Home Again
7. Somebody Save Me
8. Heartbreak Station
9. Coming Home
10. Falling Apart at the Seams
11. Love's Got Me Doin' Time
12. Love Gone Bad
13. Don't Know What You Got (Til It's Gone)
14. Nobody's Fool
15. Gypsy Road
16. Shake Me
17. Shelter Me

3rdアルバム『ハートブレイク・ステーション』発表に伴う91年のツアーの貴重な映像です。曲は1stから3rdまで割合よく選曲されてると思います。ダブルネックのギブソンSGを持って歌うトム・キーファーはカッコ良すぎです。 ボトルネック奏法もけっこうシビレます。

広告