MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
プログレッシブ・ロック
Clearlight

Clearlight (クリアライト)

Clearlight Symphony

Clearlight Symphony

1975年

1. Clearlight Symphony - part1
2. Clearlight Symphony - part2

フランスのプログレッシヴ・ロック・バンド、クリアライトの1stアルバム。ゲストにはGONGのメンバーが参加。レコードだと片面まるまる1曲で全2曲の大作になってます。フレンチ・プログレの名盤のひとつだけあって非常に聴きごたえのある作品です。

ヴァージン・レーベルだからという訳ではないと思うが、マイク・オールドフィールドとどこか通じる部分がある。ピアノ、シンセ、メロトロンなどのキーボード主体のシンフォニック・ロックで、そこにサイケやジャズなどの要素が絡み、頭の中でグルグル回るような展開を聴かせてくれます。聴き終わる頃にはちょっと気持ち悪くなりますね。実験的な部分はクスリの臭いがプンプンします。

Clearlight Forever Blowing Bubbles

Forever Blowing Bubbles

1975年

1. Chanson
2. Without Words
3. Way
4. Ergotrip
5. Et Pendant Ce Temps La
6. Narcisse et Goldmund
7. Jungle Bubbles

[Bonus Tracks]
8. Sweet Absinthe
9. Without Words (Mellotron Remix)
10. Flute Aquatique (Remix)
11. Overture
12. Vibrato

2ndアルバム。ゲストはこの作品でも多く参加しており、元ザオのジョエル・デュグルノー、キング・クリムゾンを脱退したデヴィッド・クロスなどなど豪華です。

前作同様、シンフォニック・ロックでサイケやジャズなどの要素のある作品だが、ジャズの要素が高まり、ちょっとソフト・マシーンっぽく聴こえるとこもあるような?。気が狂いそうな雰囲気は前作と同じくだが楽曲のクオリティが上がっており、ノリの良い部分が多くなってるので若干1stよりは聴きやすいと思う。

Clearlight Les Contes Du Singe Fou

Les Contes Du Singe Fou

1976年

1. The Outsider
2. Trip to the Orient
3. Lightsleeper's Despair
4. Soliloque
5. Prelude
6. Count Down to Eternity
7. Cosmic Crusaders
8. Stargazer
9. Return to the Source

3rdアルバム。サイケの要素が後退し、この作品ではトリプル・キーボードということもあるためかよりシンフォニックになってます。完成度も非常に高いです。前2作と比べてまとまりがあり聴きやすいですね。ジャズ的に盛り上がるとこの演奏は非常にスリリング。ピアノの音色が濃いが、メロディーには哀愁があり非常に美しい。クリアライトの作品の中ではこれが最高傑作だと思います。

Clearlight Visions

Visions

1978年

1. Spirale d'Amour
2. Messe Caline
3. Au Royaume Des Mutants
4. Full Moon Raga
5. Songe De Cristal
6. Paix Profonde
7. Guitare Elevation

[Bonus Tracks]
8. Crystal City
9. Shanti Lotus
10. Heymae
11. Vision Nocturne
12. O Rage, O Espoir
13. Songe De Cristal (Remix)

4thアルバム。前作同様にシンフォニック度の高い作品で、この作品は気迫があまりなくリラックスした雰囲気に感じます。ジャズ的なとこはフュージョンっぽい響きですね。だからといって駄作でなく、やはり完成度は高い。それまでの作品と比べてしまうと少し物足りない感じがしますが、これも重要な作品のひとつだと思います。

広告