MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
プログレッシブ・ロック
Coheed & Cambria

Coheed & Cambria (コヒード・アンド・カンブリア)

Coheed & Cambria No World For Tomorrow

メンバー
・Claudio Sanchez (vo, g)
・Travis Stever (g)
・Michael Todd (b)
・Chris Pennie (ds)

No World For Tomorrow

2007年

1. Reaping
2. No World for Tomorrow
3. Hound (Of Blood and Rank)
4. Feathers
5. Running Free
6. Mother Superior
7. Gravemakers & Gunslingers
8. Justice in Murder
9. End Complete I: The Fall of House Atlantic
10. End Complete II: Radio Bye Bye
11. End Complete III: The End Complete
12. End Complete IV: The Road and the Damned
13. End Complete V: On the Brink

[Bonus Tracks]
14. A Favor House Atlantic (Original Acoustic Demos)
15. Always And Never / Welcome Home (Original Acoustic Demos)

まさかプログレ的な要素をもったバンドがビルボードの上位に来るとは誰も思いもしなかっただろう。コヒード・アンド・カンブリアは現代的なヘヴィなサウンドと、RUSH的な音楽要素をもったロック・バンドです。

適度にメタリックで適度にプログレで、ボーカルはRUSHのゲディ・リーのような歌い方とハイトーンを持っているから「新世紀のRUSH」と呼ばれている。どの曲もメロディはいいし、現代版プログレ・ハードってとこだろうか?。捨て曲無し。

広告