MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ヘヴィメタル
Dio

Dio (ディオ)

Dio Holy Diver

メンバー
・Ronnie James Dio (vo)
・Vivian Campbell (g)
・Jimmy Bain (b, key)
・Vinny Appice (ds)

Holy Diver

邦題「情念の炎 〜 ホーリィ・ダイヴァー」1983年

1. Stand Up and Shout
2. Holy Diver
3. Gypsy
4. Caught in the Middle
5. Don't Talk to Strangers
6. Straight Through the Heart
7. Invisible
8. Rainbow in the Dark
9. Shame on the Night

ニューヨーク州コートランド出身のボーカリスト、ロニー・ジェイムス・ディオの1stアルバム。ディオがブラック・サバス脱退後に結成。ギターは現デフ・レパードのヴィヴィアン・キャンベルで、デフ・レパードとは違う荒々しいプレイが聴けます。ドラムはディオと一緒に追い出されたヴィニー・アピス。バンドはレインボーをNWOBHM的な感じにしたと言ったほうが分かりやすいかな? この作品は荒削りだが、その勢いとパワーに圧倒させられる素晴らしい作品です。

まず「Stand Up And Shout」は荒々しいNWOBHM的な疾走曲。ディオの強烈な「Stand Up And Shout!!」の叫びとヴィヴィアンの活き活きとした早弾き、ヴィニーの手数足数多いドラムに圧巻。続く「Holy Diver」も名曲で、レインボー的な曲調でメロディック。ドラマティックな曲「Don't Talk To Strangers」ではヴィヴィアンの弾きまくりなギターソロはなかなか圧巻。「Straight Through The Heart」はアルバム中一番ヘヴィなナンバー。ディオのボーカルとヴィニーのドラムが非常に力強い。「Rainbow In The Dark」はメロディックな曲で、イントロの変わったメロディーのキーボードに戸惑うが慣れれば素晴らしい名曲です。

Dio The Last in Line

メンバー
・Ronnie James Dio (vo)
・Vivian Campbell (g)
・Jimmy Bain (b)
・Claude Schnellkey (key)
・Vinny Appice (ds)

The Last in Line

1984年

1. We Rock
2. The Last in Line
3. Breathless
4. I Speed at Night
5. One Night in the City
6. Evil Eyes
7. Mystery
8. Eat Your Heart Out
9. Egypt (The Chains Are On)

2ndアルバム。前作と比べて整ったサウンドで、いよいよ本領発揮といったとこでしょう。インパクトは前作に劣りますが、完成度は上です。

まず1曲目「We Rock」はストレートで気迫のある疾走曲。タイトル曲の「The Last In Line」はメロディックかつドラマティックな曲。若干ツェッペリン的な感じがします。「I Speed At Night」はNWOBHM的な疾走曲で、ストレートで疾走感たっぷり。ギターソロでのヴィヴィアンは凄まじく弾きまくっている。「One Night In The City」はこれまたメロディックなミドル・テンポ曲。One Nightの響きがすごく耳に残ります。「Mystery」は「Rainbow In The Dark」に似た雰囲気でイントロが独特。ラストはドラマティックなミドル・テンポ曲「Egypt」。ディオらしい曲で後味が良い。

Dio At Donington UK Live 1983 1987

メンバー 1983年
・Ronnie James Dio (vo)
・Vivian Campbell (g)
・Jimmy Bain (b, key)
・Vinny Appice (ds)

メンバー 1987年
・Ronnie James Dio (vo)
・Craig Goldy (g)
・Jimmy Bain (b)
・Claude Schnellkey (key)
・Vinny Appice (ds)

At Donington UK : Live 1983 & 1987

2010年

[Disc1] 1983年
1. Stand Up and Shout
2. Straight Through the Heart
3. Children of the Sea
4. Rainbow In the Dark
5. Holy Diver
6. Drum Solo
7. Stargazer
8. Guitar Solo
9. Heaven and Hell
10. Man On the Silver Mountain
11. Starstruck
12. Man On the Silver Mountain (Reprise)

[Disc2] 1987年
1. Dream Evil
2. Neon Knights
3. Naked In the Rain
4. Rock and Roll Children
5. Long Live Rock 'N' Roll
6. Last in Line
7. Children of the Sea
8. Holy Diver
9. Heaven and Hell
10. Man On the Silver Mountain
11. All the Fools Sailed Away
12. Last in Line (Reprise)
13. Rainbow In the Dark

悲しいことに2010年に逝去したロニー・ジェイムス・ディオ。今後は発掘音源がいくつか出たりするのだろうが、DIOのほうでまず出てきたのがこの1983年と 1987年のドニントンでのライヴ音源。同日の海賊盤があるようだが、こっちはBBCラジオ放送の音源をリマスターしたものなので音が鮮明で音圧も良い。

DIOの曲の他、レインボーやブラック・サバスの名曲もやっている。ディオのボーカルはライヴでも安定してるので素晴らしい。ヴィヴィアンの若々しく荒々しいギターはスタジオ以上で吼えまくっている。

1987年はヴィヴィアンに代わってクレイグ・ゴールディ。ヴィヴィアンと比べてしまうとやはり大人しく感じる。だからと言って酷くなく、こちらのライヴもなかなかのテンション。けどDIOのナンバーよりレインボーとブラック・サバスのナンバーのほうが盛り上がる。曲がいくつかカットされてるようなので、海賊盤の内容を知ってる方にはけっこう残念かもしれない。CDの録音時間がけっこう余っているのでもったいない。それでもこの熱気ムンムンなライヴ・アルバムは素晴らしすぎる。

この他に「Dio Live: We Rock」というライヴ・アルバムも出たようだが、さっそくAmazonにコメントが・・・・ライヴ盤は気をつけて購入しましょう。

関連アーティスト

Black Sabbath , Rainbow

広告