MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
日本のロック
Earthshaker

Earthshaker (アースシェイカー)

Information

日本の80年代初期HR/HMを代表するバンドのひとつ、アースシェイカー。歌謡曲的なメロディーで聴きやすいハードロックを得意としています。

アースシェイカー

メンバー
・西田昌史 (vo)
・石原慎一郎 (g)
・甲斐貴之 (b)
・工藤義弘 (ds)

Earthshaker

1983年

1. EARTHSHAKER
2. WALL
3. 412
4. I FEEL ALL SADNESS
5. DARK ANGEL (ANIMALS)
6. MARIONETTE
7. CHILDREN'S DREAM
8. TIME IS GOING
9. 夢の果てを

1stアルバム。哀愁と泣きがたっぷりのメロディがなかなか素晴らしく、バンドのサウンドは確立されていると思う。歌謡メタルと言われてるのもちょっと納得。

まずは名曲の一つでタイトル曲の「Earthshaker」。初期によく聴けたダークでメロディックで重みのあるミドルテンポの曲です。「WALL」はライブでも定番の疾走曲。ストレートで覚えやすいメロディーが印象的。リマスター盤はリミックスバージョンが収録されてます。「I FEEL ALL SADNESS」は哀愁たっぷりのバラード・ハード・ロック。マーシーの歌声も素晴らしいが、石原慎一郎の泣きのギターも良い。「Dark Angel」はアイアン・メイデンのエイドリアン・スミスが書いた曲です。非常にアイアン・メイデン色が強いですが、しっかりバンドのものにしてますね。哀愁メロディーのミドルテンポ曲「Children's Dream」はこれもなかなかいい。どこかマイケル・シェンカーを思わせるようなギターが好きです。アグレッシヴな疾走曲「Time Is Going」はなかなかパワフルで荒々しい。アースシェイカーにしては珍しく荒削りな感じのほうです。ラストはミドルテンポの曲「夢の果てを」。メロディアスで美しいサビが印象的。ギターソロちょっと手前あたりの展開がアースシェイカーらしくてぐっときますね。

アースシェイカー フュージティヴ

メンバー
・西田昌史 (vo)
・石原慎一郎 (g)
・甲斐貴之 (b)
・工藤義弘 (ds)

Fugitive

1984年

1. 記憶の中
2. YOUNG GIRLS
3. SHINY DAY
4. LOVE DESTINY
5. MORE
6. 22時
7. DRIVE ME CRAZY
8. FUGITIVE

2ndアルバム。サンフランシスコでレコーディングされ、アースシェイカーのアルバムの中では一番人気がある作品です。前作よりメロディアスな楽曲が増え、ライブでの定番曲も多いです。アースシェイカーの作品のなかでは一番名盤とされています。

「記憶の中」は哀愁たっぷりの歌謡曲寄りなハードロック。サビのメロディーがぐっときます。イントロのギターが印象的な名曲「MORE」もメロディアスで、非常に覚えやすいメロディーの曲です。タイトル曲「FUGITIVE」も名曲と言えるもので、哀愁たっぷりで悲しい雰囲気もたっぷりなミドル・テンポの曲。

アースシェイカー Treachery

メンバー
・西田昌史 (vo)
・石原慎一郎 (g)
・甲斐貴之 (b)
・工藤義弘 (ds)
・永川俊郎 (key)

Treachery

1988年

1. TREACHERY
2. FROM MAINSTREET
3. 走りぬけた夜の数だけ
4. 12月
5. MEMORIES AND REALITY
6. BAYSIDE MOON
7. CRIMINAL
8. 泣きたくて
9. end
10. Dear Loose Women
11. すべて忘れても

8thアルバム。シンセが目立つ作品で賛否が分かれているが、トータルクオリティの高いアルバムです。完成度はなかなか高く、今の音楽に欲しいものが沢山詰まってるような気がします。

まずはタイトル曲「TREACHERY」はアースシェイカーらしい哀愁メロディーたっぷりのメロディアス・ハード。これはけっこう鳥肌ものです。「FROM MAINSTREET」はシンセのメカニカルなサウンドの目立つ疾走曲。これもメロディーがアースシェイカーらしくていい。緊張感もあっていいです。「12月」は切ないメロディーのバラード。この手はもう流石ですね。「MEMORIES AND REALITY」はちょっとシンセを後ろへ行ってほしくなるがとてもいい曲です。都会的なサウンドでも、らしさがあれば問題無しですね。「CRIMINAL」もシンセ目立つがこれはいい。スピード感のある曲でなかなかカッコイイ。80年代後半によく聴けたゴージャズなサウンドですね。「泣きたくて」はちょっとロックから離れた感があるがいい曲です。ラスト「すべて忘れても」は泣きのバラード。

アースシェイカー Quarter

メンバー
・西田昌史 (vo)
・石原慎一郎 (g)
・甲斐貴之 (b)
・工藤義弘 (ds)

Quarter

2008年

1. 愛の技
2. 欠片
3. 嵐のLIFETIME
4. 未来図
5. QUARTER
6. K?R?K?R
7. ロシアンルーレット
8. Hello Hello
9. 雪の季節に
10. SMI
11. WILL
12. 時空

デビュー25周年にリリースされた18thアルバム。アースシェイカーはもう過去のバンドかなと思ってましたが、今でも進化を続けてました。曲は現代的だがメロディーはどれもアースシェイカーらしく、親しみやすくて変わってないとこもあって安心できる。メロディーは良いがパンチが少ないかな?と思うが、初心者が聴くに非常に優しいかと思う。昔からのファンからするとやや物足りなさを感じるかもしれないが、それでも十二分な完成度です。

アースシェイカー The course of Life

メンバー
・西田昌史 (vo)
・石原慎一郎 (g)
・甲斐貴之 (b)
・工藤義弘 (ds)

The course of Life

2009年

1. Survive
2. Over the Rainbow
3. Crossroad
4. ぼくのいろ
5. Devils Cake
6. 星
7. 陽のあたる場所へ
8. 純情 Never Dies
9. 命証 uta
10. The course of Life

前作「Quarter」の路線でよりハードでヘヴィに。さらに強力な作品を出してくると誰が予想できただろうか?これぞ日本最強のメロディアスHR/HMと言っていいほどの完成度で多くのファンは喜んだと思います。前作よりロックしたサウンドでパンチのある曲が多く、これだけ生み出す力がまだあったとは驚きです。最高傑作かもしれません。

広告