MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ロック
Eddie & The Hot Rods

Eddie & The Hot Rods
(エディ・アンド・ザ・ホット・ロッズ)

Eddie & The Hot Rods エディ・アンド・ザ・ホット・ロッズ Teenage Depression 十代の爆走

メンバー
・Barrie Masters (vo)
・Dave Higgs (g)
・Paul Gray (b)
・Steve Nicol (ds)

Teenage Depression

邦題「十代の爆走」1976年

1. Get Across To You
2. Why Can't It Be
3. Show Me
4. All I Need Is Money
5. Double Checkin Woman
6. The Kids Are Alright
7. Teenage Depression
8. Horseplay (Wearier Of The Schmaltz)
9. Been So Long
10. Shake
11. On The Run

[Bonus Tracks]
12. Writing On The Wall
13. Crusin' (In The Lincoln)
14. Wooly Bully
15. Horseplay (Single Version)
16. 96 Tears (Live)
17. Get Out Of Denver (Live)
18. Gloria/Satisfaction (Live)
19. On The Run (Live)
20. Hard Drivin' Man (Live)
21. Horseplay (Live)
22. Double Checkin' Woman (Live)
23. All I Need Is Money (Live)

イギリスの1970年代パブ・ロックを代表するバンドのひとつ、エディ&ザ・ホット・ロッズの1stアルバム。非常にシンプルでノリの良いロックンロールが詰まった作品で、荒削りなとこがパンク的でもあるためパンク・ファンからも支持されている。名曲と言えるものは無いかもしれないが、ステイタス・クォー並に全曲ピュアなロックンロールで非常に好感が持てる。

「The Kids Are Alright」はザ・フーのカヴァーで、オリジナルよりちょっとテンポアップしただけぐらいだが、これがなかなか良い。ボーナストラックでは1st制作前に暴れ過ぎという理由で解雇されたハーモニカ奏者在籍時の音源が聴ける。この人の解雇はもったいないと思えるほどいい味を出していた。ライヴ音源はスタジオ音源より荒々しくテンションが高く、本編よりも魅力的だったりする。

Eddie & The Hot Rods エディ・アンド・ザ・ホット・ロッズ Life On The Line イチかバチか

メンバー
・Barrie Masters (vo)
・Graeme Douglas (g)
・Dave Higgs (g)
・Paul Gray (b)
・Steve Nicol (ds)

Life On The Line

邦題「イチかバチか」1977年

1. Do Anyting You Wanna Do
2. Quit This Town
3. Telephone Girl
4. Whats Really Going On
5. Ignore Them (Still Life)
6. Life On The LIne
7. (And)Don't Believe Your Eyes
8. We Sing...The Cross
9. Beginning Of The End

[Bonus Tracks]
10. I Might Be Lying
11. Ignore Them (Always Crashing In The Same Bar)
12. Schoolgirl Love
13. Till The Night Is Gone (Lets Rock)
14. Flipside Rock
15. Do Anything You Wanna Do (Live)
16. Whats Really Going On (live)
17. Why Can't It Be (Live)
18. Distortion May Be Expected

2ndアルバム。前作同様にシンプルでちょっとパンク要素もあるロックンロールだが、ギタリストにパワー・ポップ・バンドに居たグレアム・ダグラスが加わったことでポップス要素が加わり、楽曲の幅も広がって最高傑作と言える内容となった。

グレアムの腕がなかなか良いためかインパクトのある曲が多く、親しみやすいメロディも豊富となっている。非常にキャッチーな1曲目は英9位の大ヒットとなった。この作品は完璧と言ってもいいかもしれない出来です。

広告