MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ロック
Elvis Costello

Elvis Costello (エルヴィス・コステロ)

Elvis Costello My Aim Is True

My Aim Is True

1977年

1. Welcome To The Working Week
2. Miracle Man
3. No Dancing
4. Blame It On Cain
5. Alison
6. Sneaky Feelings
7. (The Angels Wanna Wear My) Red Shoes
8. Less Than Zero
9. Mystery Dance
10. Pay It Back
11. I'm Not Angry
12. Waiting For The End Of The World
13. Watching The Detectives

エルヴィス・コステロの1stアルバム。デビュー当時はコンピューター技師の仕事をしながらレコーディングしてたらしいです。時代はパンク・ブームだが、1stではまだその影響は少なく全体的にレトロ感漂うロックン・ロールになってます。

どれもポップでキャッチーで、刻みの良いビートは聴いてて気持ちが良い。曲によっては若干土臭いものもありますね。バラード曲「Alison」は名曲で、切ないメロディーはなかなか美しい。飛び抜けて目立った曲は無いものの捨て曲はとくになく、レトロなロックン・ロールが好きな方には合うはずです。

Elvis Costello This Years Model

This Year's Model

1978年

1. No Action
2. This Year's Girl
3. The Beat
4. Pump It Up
5. Little Triggers
6. You Belong To Me
7. Hand In Hand
8. (I Don't Want To Go To) Chelsea
9. Lip Service
10. Living In Paradise
11. Lipstick Vogue
12. Night Rally
13. Radio, Radio

2ndアルバムで全英4位のヒット作。このアルバムからバック・バンドの「ジ・アトラクションズ」が参加。1st以上にエネルギッシュでパンキッシュなものもあれば前作同様のレトロな曲調のものも満載。このアルバムから本領発揮ですね。

痛快なパンク・ビートの「No Action」はキャッチーでレトロな雰囲気も漂っている。勢いがあるので1曲目に持ってくるにふさわしい。「Pump It Up」はキーボードの印象的なメロディーと刻み良いベースとドラムがなかなかインパクトがある。「Little Triggers」は1stの「Alison」ベースのバラード。これもなかなかの名曲だと思います。アップ・テンポの「Lipstick Vogue」はなかなかカッコ良く、アジアン・テイストなメロディーもなかなかいい。ベース・ラインがけっこうしびれる。ラストの「Radio, Radio」はパンキッシュでキャッチーな曲。レトロなエレピの音が心地良く、曲の展開も良くて非常に大好きです。

広告