MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
プログレッシブ・ロック
Ethos

Ethos (イーソス)

Ethos イーソス Ardour 熱情

メンバー
・Michael Ponczek (key)
・Mark Richards (ds)
・Wil Sharpe (g, vo)
・Greg Riker (mixing)
・Brad Stephenson (b, vo)
・L. Duncan Hammond (key)

Ardour

邦題「熱情」1976年

1. Intrepid Traveller
2. Space Brothers
3. Everyman
4. Earthrise
5. The Spirit Of Music
6. Long Dancer
7. The Dimension Man
8. E'mocean

アメリカのプログレッシブ・ロック・バンド、イーソスの1stアルバム。KANSASのように英国からの影響があるサウンドで、YES、King Crimson、あと他にGentle Giantのようなジャズかジャズでないかみたいな部分もある。まわりのバンドと比べると非常に英国的ですが、ヨーロッパ的なシンフォニックの要素もある。こんなバンドがアメリカにいたとは驚きです。

キーボードが2人おり、メロトロン、チェンバリン、シンセを駆使して分厚いサウンドを出しつつもジャケ絵通りの神秘的な雰囲気を出している。美しいメロディー、様々なリズム、作品の完成度も高くてほんと素晴らしいです。

「King Crimsonに対するアメリカの返答という存在になりたかった」らしいですが、誰も望んでなかったらしくあまり売れなかったようです。まあ当時のアメリカのプログレ・バンドの中では一番プログレッシブだったからでしょうか? とにかくほんと素晴らしいバンドなので再評価される日は近いでしょう。

Ethos イーソス Open Up

メンバー
・Michael Ponczek (key)
・Mark Richards (ds)
・Wil Sharpe (g, vo)
・Brad Stephenson (b, vo)

Open Up

1977年

1. Pimp City
2. Start Anew
3. U.V. Melody
4. Memories
5. The Players (of the Game)
6. Marathon II
7. Sedona
8. Close Your Eyes

2ndアルバム。前作同様にYES、King Crimson、Gentle Giantなどからの影響のある作風だが、若干オリジナリティが増している。キーボードが一人抜けたのでサウンドがスッキリしたかな? 人によっては2ndのほうが聴きやすいかもしれない。

個人的にメロトロンの音色が多くてヨーロッパ的な前作が好きだがこの2ndも素晴らしい。派手さはちょっと無くなったように感じるが曲は良く、ミステリアスな雰囲気がありジャズ的でテクニカルな面もある。聴いてるうちに引き込まれますね。

広告