MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ヘヴィメタル
Europe

Europe (ヨーロッパ)

Information

スウェーデンのヘヴィメタル・バンド、ヨーロッパ。北欧メタルの先駆者的存在のバンドで、叙情的なメロディーの強いHR/HMで後の多くのバンドに影響を与えました。「ザ・ファイナル・カウントダウン」が大ヒットしたことでも有名。キーボードを前面に押し出すようになると同時に、だんだんとポップ化が進む。現在は昔と違ったヘヴィネスなサウンドに変わってます。

Europe ヨーロッパ Europe

メンバー
・Joey Tempest (vo, g, key)
・John Norum (g)
・John Leven (b)
・Tony Reno (ds)

Europe

邦題「幻想交響詩」1983年

1. In the Future to Come
2. Farewell
3. Seven Doors Hotel
4. King Will Return
5. Boyazont
6. Children of This Time
7. Words of Wisdom
8. Paradize Bay
9. Memories

1stアルバム。後の作品と比べるとやや地味だが、メロディーには北欧らしく透明感がある。ジョーイのボーカルはまだイモ臭いが、ノーラムのギターはこの時から輝き放ってますね。作品の完成度はまだまだだが、古き良き時代の音という感じでいいです。

トップを飾る「In The Future To Come」はNWOBHMからの影響を感じさせるストレートでシンプルな曲だが、ツイン・リードを活かしたメロディーはなかなか。「Seven Doors Hotel」は北欧メタルの名曲中の名曲。美しいピアノから始まる疾走曲でメロディアス。ギター・ソロでのツイン・リードによるメロディーは何度聴いても素晴らしい。「Boyazont」は単調な曲のインスト曲だが、ノーラムの弾きまくりなプレイはなかなか凄まじい。「Memories」は目立たないかもしれないが個人的にはこの好きです。正統的な曲だが北欧らしいメロディーが詰まっている。

Europe ヨーロッパ Wings of Tomorrow

メンバー
・Joey Tempest (vo, g, key)
・John Norum (g)
・John Leven (b)
・Tony Reno (ds)

Wings of Tomorrow

邦題「明日への翼」1984年

1. Stormwind
2. Scream of Anger
3. Open Your Heart
4. Treated Bad Again
5. Aphasia
6. Wings of Tomorrow
7. Wasted Time
8. Lyin' Eyes
9. Dreamer
10. Dance the Night Away

2ndアルバム。前作の延長線上で、まだまだマイナーな雰囲気が漂うが楽曲のクオリティは上がっている。バンドの作品の中では一番ヘヴィメタルしてる作品だと思います。

まず「Stormwind」は哀愁漂うミドル・テンポ曲。地味な始まり方だがメロディーはかなり印象に残る。「Scream Of Anger」はけっこうメタルしてる疾走曲。ワウ・ペダル・エフェクターの半止めによるギターがとても印象的。ストレートでシンプルだがパワフルな曲なのでライブでは欠かせないですね。「Aphasia」はインスト曲で、1stの「Boyazont」は荒々しいプレイで聴かせる曲だったが、こちらは泣きのメロディーで聴かせるタイプです。タイトル曲「Wings Of Tomorrow」はなかなかメロディアスでサビのメロディーが非常に耳に残ります。全体に漂う哀愁もいいですね。「Lyin' Eyes」は疾走曲で、インパクトは薄いがメロディーは「Scream Of Anger」よりいいと思う。「Dance The Night Away」はちょっとヨーロッパにしては異色かもしれない荒々しい疾走曲。ノーラムの荒々しいギター・ソロはこの作品中一番インパクトがあると思う。

Europe ヨーロッパ The Final Countdown

メンバー
・Joey Tempest (vo)
・John Norum (g)
・John Leven (b)
・Mic Michaeli (key)
・Ian Haugland (ds)

The Final Countdown

1986年

1. The Final Countdown
2. Rock the Night
3. Carrie
4. Danger on the Track
5. Ninja
6. Cherokee
7. Time Has Come
8. Heart of Stone
9. On the Loose
10. Love Chaser
11. Final Countdown (Live)
12. Danger on the Track (Live)
13. Carrie (Live)

最高傑作で大ヒット作の3rdアルバム。ドラムにイアン・ホーグランド、キーボードにミック・ミカエリが加入。北欧メタルと言ったらまずイングヴェイの作品かこの作品が上がりますね。ジョーイの歌唱力が上がってるのと、キーボードを前面に押し出したことで非常にメジャー感が上がってます。全体的にヘヴィメタルでなくメロディアスハードといった感じで、バンドはポップ化していったためノーラムは脱退し、後任にキー・マルセロが加入する。

タイトル曲で名曲「The Final Countdown」はややポップな響きだが、北欧らしい哀愁漂うメロディーが素晴らしい。イントロのキーボードは一度聴いたら忘れることはできない。「Danger On The Track」もポップだがなかなかヘヴィ。ノーラムのハードなギターとミックのジョン・ロード風なサウンドがなかなかいい。日本市場を意識したかのようなタイトル「Ninja」は哀愁メロディーがなかなかいい。ポップ化を嫌ってたジョーイのギター・ソロは反抗的な感じがし、かなりの気迫。「On The Loose」は疾走曲で、メロディーはなかなかいいと思うがちょっと重みに欠ける。荒々しく歌って欲しいとこだがジョーイはメロディー重視のほうが合ってますね。「Love Chaser」は「The Final Countdown」のエンディング版といったとこでしょう。メロディアスで洒落た雰囲気ですが、ノーラムの弾きまくりなプレイが密かに凄まじい。

関連アーティスト

Clockwise, John Norum, Last Autumn's Dream

広告