MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。
2016/1/3
ロックに Cold BloodDada を、プログレッシブ・ロックに Fusion Orchestra を追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
メロディアスハード
Fair Warning

Fair Warning (フェア・ウォーニング)

Information

ウリ・ジョン・ロートの弟、ジーノ・ロートのバンド『ZENO』解散後、ボーカルのトミー・ハート、ベースのウレ・リトゲン、ドラムのC.C.ベーレンスに加えてギターにヘルゲ・エンゲルケ、アンディ・マレツェクを迎えて結成。アメリカ的なハードロックだが、メロディーを前面に押し出しており、ZENOと並びメロディアス・ハードの代名詞と言えるバンドです。日本では人気があるが、母国ドイツでは過小評価されているようです。

Fair Warning 1st

メンバー
・Tommy Heart (vo)
・Helge Engelke (g)
・Andy Malecek (g)
・Ule W. Ritgen (b)
・C. C. Behrens (ds)

Fair Warning

1992年

1. Longing For Love
2. When Love Fails
3. The Call Of The Heart
4. Crazy
5. One Step Closer
6. Hang On
7. Out On The Run
8. Long Gone
9. The Eyes Of Rock
10. Take A Look At The Future
11. The Heat Of Emotion
12. Take Me Up

デビューアルバムにしてさっそく名盤と言える完成度。良曲揃いだが、後のアルバムの名曲と比べてしまうとパッとしないかもしれない。しかしどれも耳に残りやすい良質メロディーが豊富です。

「The Heat Of Emotion」はジーノの曲で名曲だが、これはジーノ版が勝るのでちょっと残念。まだ1980年代的な空気が残る作品でどこか古くさいと感じるかもしれない。だがそこがいい。

Fair Warning Live In Japan

メンバー
・Tommy Heart (vo)
・Helge Engelke (g)
・Andy Malecek (g)
・Ule W. Ritgen (b)
・C. C. Behrens (ds)

Live In Japan

1993年

1. Sunset (Intro)
2. Out On The Run
3. Longing For Love
4. When Love Fails
5. Eastern Sun
6. Take Me Up
7. Long Gone
8. The Heat Of Emotion
9. Take A Look At The Future
10. The Call Of The Heart
11. In The Ghetto
12. Sukiyaki
13. Hang On
14. The Eyes Of Rock
15. One Step Closer
16. A Little More Love
17. Mickey's Monkey

1st発表後なので1st収録曲が主だが、ジーノの名曲「Eastern Sun」「A Little More Love」も取り上げており、1stに収録されてる「Heat Of Emotion」もやっている。さらに坂本九の不朽の名曲「Sukiyaki」を日本語で歌うというサプライズもまた素晴らしい。1stやZENOを聴いた後だとちょっと物足りなさを感じてしまうが、ちょっと高いテンションと演奏力、ライヴ感は合格点です。

Fair Warning 2nd Rainmaker

メンバー
・Tommy Heart (vo)
・Helge Engelke (g)
・Andy Malecek (g)
・Ule W. Ritgen (b)
・C. C. Behrens (ds)

Rainmaker

1995年

1. Stars And The Moon
2. One Way Up
3. Too Late For Love
4. The Heart Of Summer
5. Dont Give Up
6. Lonely Rooms
7. Desert Song
8. Pictures Of Love
9. Desolation Angels
10. Angel Of Dawn
11. Burning Heart
12. What Did You Find
13. Get A Little Closer (Bonus Track)
14. Rainsong (Bonus Track)

2ndアルバム。まず『Stars And The Moon』はやや硬派なHR/HM的だがFWらしくメロディーはさすがと言える。「Too Late For Love」は美しいメロディーのミドル・テンポ曲。サビでのトミー・ハートの声が非常に素晴らしい。「Pictures Of Love」は後にLast Autumn's Dreamでカヴァーされる爽やかハードロック。どちらのバージョンも良いです。メロディアス・ハードの名曲のひとつ「Burning Heart」はややハードでメロディーも良質。FWと聴いてまずはこの曲が必ず上がります。この作品は全体的にバランスが良く、適度にヘヴィで個人的には1番オススメです。

Fair Warning 3rd Go!

メンバー
・Tommy Heart (vo)
・Helge Engelke (g)
・Andy Malecek (g)
・Ule W. Ritgen (b)
・C. C. Behrens (ds)

Go!

1997年

1. Angels Of Heaven
2. Save Me
3. All On Your Own
4. I'll Be There
5. Man On The Moon
6. Without You
7. Follow My Heart
8. Rivers Of Love
9. Somewhere
10. Eyes Of A Stranger
11. Sailing Home
12. The Way You Want It
13. The Love Song

最高傑作と言われる3rdアルバム。まず「Burning Heart」と並ぶ名曲のひとつ「Angels Of Heaven」。トミー・ハートの突き抜けるようなハイトーンとメロディーが非常に美しい。続く「Save Me」は非常に爽やかポップ、「All On Your Own」は名バラード、「I'll Be There」はカラッとしたハードポップとこの流れは誰もが絶賛している。その後の曲がどれも落ち着いてしまっているため飽きてしまう人もいるとか。4曲目以降もメロディーは素晴らしいので、欠点は曲順だけだと思います。

Fair Warning Live and More

メンバー
・Tommy Heart (vo)
・Helge Engelke (g)
・Andy Malecek (g)
・Henny Wolter (g)
・Ule W. Ritgen (b)
・C. C. Behrens (ds)

Live and More

1998年

[Disc 1]
1. Angels Of Heaven
2. I'll Be There
3. Moan on the Moon
4. Don't Give Up
5. Desert Song
6. We Used to Be Friends
7. Follow My Heart
8. Intro Bach for More 〜 Come On
9. Save Me
10. Burning Heart
11. Get a Little Closer
12. Stars and the Moon

[Disc 2]
1. Like a Rock
2. Meant to Be
3. Out of the Night

2枚組仕様で、1枚目は「Rainmaker」と「GO!」からの選曲で、2枚目は未発表曲と既発曲の別アレンジが3曲。「Live In Japan」より音が良く、これならディスク2の余白に1stの曲も入れて欲しかった。

イントロから「Angels Of Heaven」は鳥肌もの。「Burning Heart」も同じく素晴らしい流れなので感動するはずです。この頃はアンディが全身麻痺の病気のため、助っ人にTHUNDERHEADのギタリストで後PRIMAL FEARのヘニー・ウォルターが参加。見事にサポートしてますのでそのへんも注目です。

Fair Warning 4

メンバー
・Tommy Heart (vo)
・Helge Engelke (g)
・Andy Malecek (g)
・Ule W. Ritgen (b)
・C. C. Behrens (ds)

4

2000年

1. Heart On The Run
2. Through The Fire
3. Break Free
4. Forever
5. Tell Me I'm Wrong
6. Dream
7. I Fight
8. Time Will Tell
9. Eyes Of Love
10. Find My Way
11. Night Falls
12. Wait
13. Still I Believe (Bonus Track)
14. For The Young

4thアルバム。この作品で一旦解散ということで、この時点での最後のアルバムとなるがこれもまた素晴らしい。突き抜けるようなものは無いが、よく聴けばどの曲もいつもどおり良質メロディーが満載。評価が低くても駄作ではありません。ファンなら聴くべき。

この後アンディが脱退し、続くようにトミーも脱退。そしてアンディは後にLast Autumn's Dreamで素晴らしいギターを聴かせてくれるとは誰も予想してませんでした。

関連アーティスト

Last Autumn's Dream, Zeno

広告