MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ジャズ・ロック
Fourth Way

Fourth Way (フォース・ウェイ)

Fourth Way ジャズの新しき方向

メンバー
・Mike Nock (p)
・Michael White (vln)
・Ron McClure (b)
・Eddie Marshall (ds)

The Fourth Way

邦題「ジャズの新しき方向」1969年

1. Everyman's Brother
2. Clouds
3. Sparky
4. Bucklehuggin
5. Openings
6. Gemini Trajectory
7. Dance Of The Mechanical Men
8. The Sybil

伝説のジャズ・ロック・バンドのデビュー作。陽気なポップスを歌いそうな4人組のジャケが印象的だが、ちゃんとジャズ・ロックやってます。2011年になってようやく初CD化ということで幻の作品でした。

エレクトリックのピアノ、ベースを導入し、当時のロックのビート、コード進行を取り入れた作風となっている。曲によってはアコースティックの楽器も使用。ギターはいないがヴァイオリンがその代わりになっており、独特な演奏がおもしろいので注目してほしい。

1969年作ということで当時のジャズ・ロック作品といえばマイルス・デイヴィスの非常に実験的な作品「ビッチェズ・ブリュー」の存在が大きく、多くの後続バンドに影響与えてるが、フォース・ウェイは実験的な要素はあまり無くソフトでシンプルな普通のロックを取り入れてるので非常に聴き易くノリやすい。

Fourth Way Werwolf 狼男

メンバー
・Mike Nock (p)
・Michael White (vln)
・Ron McClure (b)
・Eddie Marshall (ds)

Werwolf

邦題「狼男〜モントルーのフォース・ウェイ」1970年

1. Brown Rice
2. Colours
3. Werwolf
4. Tierra Del Fuego
5. Mesoteric Circle
6. Spacefunk

最後の作品となった3作目はモントルー・ジャズ祭の野外ライヴを録音。エネルギッシュでアドリブもたっぷりな素晴らしい演奏が聴ける作品です。楽器はドラム除いてエレクトリックになり、ピアノはエフェクターを使用する等の工夫も見られる。バンドらしいロック・ビートな曲もいいが、フリー・ジャズな曲でも息が合っててなかなか良い。この作品もまた伝説、幻という言葉にふさわしいです。

広告