MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
プログレッシブ・ロック
Fusion Orchestra

Fusion Orchestra (フュージョン・オーケストラ)

Fusion Orchestra フュージョン・オーケストラ Skeleton In Armour

メンバー
・Jill Saward (vo, key, flute)
・Colin Dawson (g)
・Stan Land (g)
・Dave Cowell (b)
・Dave Bell (ds)

Skeleton In Armour

1973年

1. Fanfairy Suite for 1,000 Trampits (Part One)
2. Sonata in Z
3. Have I Left the Gas On?
4. OK Boys, Now's Our Big Chance
5. Skeleton in Armour
6. When My Mama's Not at Home
7. Don't Be Silly, Jilly
8. Talk to the Man in the Sky
9. Fanfairy Suite for 1,000 Trampits (Part Two)

イギリスのバンドの唯一の作品。プログレッシヴ・ロックとジャズ・ロックを組み合わせた、展開が目紛しく強烈な作品なのだ。ハードロック的な演奏で終止ドタバタとしたものが多いのも特徴かと思う。

女性ボーカリスト、ジル・セイワードは後にシャカタクに参加する実力派で、パワフルかつソウルフルなボーカルがこのバンドの魅力のひとつ。さらにピアノとフルートの演奏も見事で、バンドのサウンドを鮮やかにしている。

この時代らしいファズ・エフェクターやワウ・ペダルを使ったギターはなかなか攻撃的なサウンドで、速弾きもなかなかだしツイン・ギターを活かしたプレイもあるのが素晴らしい。

非常に完成度高い作品なのだがヒットせず、しばらくして解散。2013年に新しいメンバーでフュージョン・オーケストラ2として作品を発表している。こちらの新ボーカリストもジル・セイワード並に素晴らしい声なので注目だ。

広告