MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ハードロック
Gamma

Gamma (ガンマ)

Information

元モントローズのロニー・モントローズを中心に結成されたアメリカのハードロック・バンド、ガンマ。ジム・アルシヴァーとアラン・フィッツジェラルドも元モントローズ。後にデニー・カーマッシも加入します。ボーカルはマイケル・シェンカーとの共演でも知られるデイヴィ・パティスン。モントローズ同様にストレートでパワフルなハードロックを軸に、ジムのキーボードによるスペイシーなサウンドが合わさっているのが特徴です。

Gamma1 ガンマ

メンバー
・Davey Pattison (vo)
・Ronnie Montrose (g)
・Alan Fitzgerald (b)
・Jim Alcivar (key)
・Skip Gillette (ds)

Gamma1

1979年

1. Thunder And Lightning
2. Im Alive
3. Razor King
4. No Tears
5. Solar Heat
6. Ready For Action
7. Wish I Was
8. Fight To The Finish

1stアルバム。ロニーのストレートなハードロックと、ジムのスペイシーなキーボードのサウンドが合わさってなかなかインパクトがある。飛び抜けた曲は無いものの、楽曲の幅はモントローズより広くなかなかの完成度です。

まず「Thunder And Lightning」はストレートな縦ノリの曲。「Im Alive」「Razor King」「No Tears」はプログレ・ハードからの影響なのかシンセの音色濃いスペイシーな曲が続く。RUSHがやりそうなインスト曲「Solar Heat」から途切れなく疾走曲「Ready For Action」へと変わる展開や、ロニーの弾きまくりなギターソロはなかなか圧巻。バラード曲「Wish I Was」は泣きのメロディーはなかなか良く、後半のロニーのソロは凄まじい。フェードアウトがちょっともったいなく感じる。「Fight To The Finish」はキーボードが主体でプログレ的。ロニーのギターとジムのキーボードとの絡みがなかなか良い。

Gamma2 ガンマ

メンバー
・Davey Pattison (vo)
・Ronnie Montrose (g)
・Glenn Letsch (b)
・Jim Alcivar (key)
・Denny Carmassi (ds)

Gamma2

1980年

1. Mean Streak
2. Four Horsemen
3. Dirty City
4. Voyager
5. Something In The Air
6. Cat On A Leash
7. Skin And Bone
8. Mayday

2ndアルバムで最高傑作。前作はややプログレ・ハード的だったが、この作品ではよりHR/HMを強調した作品になっている。HR/HMのブームが起き上がった時期なので意識したのでしょう。あとメンバーチェンジによりバックが強化され迫力を増してます。ドラムはロニーの僚友元モントローズのデニー・カーマッシですね。前作より非常にバランスが取れてて協調性がアップしてます。前作同様に飛び抜けた曲は無いが、お手本にしたい作品です。

まずは「Mean Streak」はストレートでなかなかパワフルなハードロック。主張し過ぎないキーボードのサウンドが広がりと厚みを出していると思う。それとデニーの手数多めでパワフルなドラムも多大に貢献している。「Im Alive」はメタリックな疾走曲かと思いきやシャッフル・ビートの曲に転調。これもパワフルでノリが良い。「No Tears」はややブルージーでシリアスなミドル・テンポ曲で、デイヴィの渋いボーカルに良く合う。ロニーの渋く弾きまくってるギターソロも素晴らしい。ラスト「Fight To The Finish」はこのバンドらしいストレートな曲で、ボーカルVSギターな感じや後半の疾走する展開もいいですね。キーボードはかなりSF的だったりとメンバーそれぞれが主張し合ってるかのような曲で迫力があります。

関連アーティスト

Montrose

広告