MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
メロディアスハード
Gary Hughes

Gary Hughes (ゲイリー・ヒューズ)

Gary Hughes Once And Future King Part1

Once And Future King - Part1

2003年

1. Excalibur
2. Dragon Island Cathedral
3. At the End of Day
4. Reason Why
5. Shapeshifter
6. King for a Day
7. Avalon
8. Sinner
9. In Flames
10. Lies

TENのボーカリスト、ゲイリー・ヒューズのソロ・アルバムで、アーサー王伝説に基づくストーリーをロック・オペラ化。様々なゲストが参加しており、ラナ・レーンやボブ・カトレイなどいろんなボーカリストが歌ってます。ちゃんと役も振っており、ゲイリーはもちろんアーサー王です。

壮大でドラマティックなメロディアスハードが聴けますが、やっぱTEN以外のとこでいいもの作り過ぎだと思います。とりあえず久々の良コンセプト・アルバムと感じました。

Gary Hughes Once And Future King Part2

Once And Future King - Part2

2003年

1. Kill the King
2. There by the Grace of the Gods (Go I)
3. I Still Love You (I Still Do)
4. Oceans of Tears (I've Shed for You)
5. Rise from the Shadows
6. Believe Enough to Fight
7. Hard Way
8. Pagan Dream
9. Demon Down
10. Deius [Instrumental]
11. Without You
12. Once and Future King

続編でこれまた捨て曲無しの名盤です。ここまでくるとTENが小さく見えてしまいます。TEN以外だとなんでこんな極上メロディアスハードができてしまうのだろうか?

関連アーティスト

Bob Catley, Ten

広告