MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
プログレッシブ・ロック
Gentle Giant

Gentle Giant (ジェントル・ジャイアント)

Information

イギリスのプログレッシブ・ロック・バンド、ジェントル・ジャイアント。ロックにジャズ、フォークなど様々な要素を取り入れ、難解で実験的な曲を作っていたが、アメリカ進出にあたって、段々その要素は弱まっていきましたが人気を高めていきました。本国イギリスよりもヨーロッパで人気を博し、イタリアのプログレッシブ・ロック・バンドに多大な影響を与えました。

Gentle Giant ジェントル・ジャイアント

メンバー
・Gary Green
・Kerry Minnear
・Derek Shulman
・Phil Shulman
・Ray Shulman
・Martin Smith

Gentle Giant

1970年

1. Giant
2. Funny Ways
3. Alucard
4. Isn't It Quiet and Cold?
5. Nothing at All
6. Why Not?
7. The Queen

1stアルバム。バンドの形はすでに完成されており、バンドの持ち味が十二分に発揮されています。クラシカルな要素やジャズ的な要素が散りばめられており、様々な展開を見せます。実験的要素はあるものの難解な感じはあまりしないので初心者でも安心して聴ける内容です。個人的にも非常に好きな作品です。

Gentle Giant ジェントル・ジャイアント Octopus オクトパス

メンバー
・Gary Green
・Kerry Minnear
・Derek Shulman
・Phil Shulman
・Ray Shulman
・John Weathers

Octopus

1973年

1. The Advent of Panurge
2. Raconteur, Troubadour
3. Cry for Everyone
4. Knots
5. The Boys in the Band (Instrumental)
6. Dog's Life
7. Think of Me with Kindness
8. River

初期の名盤と言われる4thアルバム。それまで難解な音作りをしていたが、この作品からポップな要素も盛り込み、分かりやすい作風へと変わっていきました。全体的にまだまだ難解な音で初心者にはきついかもしれないが、完成度はなかなか高いのでじっくり聴くとおもしろいです。

「The Advent Of Panurge」はジャズ・ロックな曲だがシンプルでノリが良い。「Raconteur Troubadour」はヴァイオリンがメインのクラシカルな曲。「A Cry For Everyone」はヘヴィな曲だが、後半はフュージョン的でリズミカル。「Knots」は得意の複雑なコーラスによる曲。ボーカルを楽器のようにした実験的な要素がある。「The Boys In The Band」は名曲プログレ・ハード。スリリングでテクニカルな演奏で圧倒されます。

Gentle Giant ジェントル・ジャイアント In A Glass House

メンバー
・Gary Green
・Kerry Minnear
・Derek Shulman
・Ray Shulman
・John Weathers

In A Glass House

1973年

1. Runaway
2. Inmates Lullaby
3. Way of Life
4. Experience
5. Reunion
6. In a Glass House

[Bonus Tracks]
7. The Runaway/Experience (Live)
8. In a Glass House (Live)

5thアルバム。前作「Octopus」を発表してからシャルマン兄弟の一人、フィルが脱退。しかしバンドの勢いは止まることなく名盤を連発しました。勢い的にすぐ作られたこのアルバムはアメリカ市場を意識したのかポップな要素があるものの、バンドのイメージを壊さずにテクニカルなプログレッシヴ・ロックをやっている。今まで通り難解な音があるものの、すんなりと耳に入ってくる。

「Way of Life」やタイトル曲「In a Glass House」はノリが良く聴きやすくていい。ボーナストラックは「The Runaway/Experience」「In a Glass House」のライヴ音源で、「In a Glass House」ではジャズ・ロックに発展する部分が凄まじいです。

Gentle Giant ジェントル・ジャイアント The Power And The Glory

メンバー
・Gary Green
・Kerry Minnear
・Derek Shulman
・Ray Shulman
・John Weathers

The Power And The Glory

1974年

1. Proclamation
2. So Sincere
3. Aspirations
4. Playing the Game
5. Cogs in Cogs
6. No God's a Man
7. Face
8. Valedictory

[Bonus Tracks]
9. Proclamation (Live)
10. Power and the Glory

6thアルバム。名盤と名盤に挟まれて影が薄いアルバムとされてますが、これもかなり名盤です。前作はアメリカを意識して作ったため聴きやすいが、これはちょっと元に戻ったような気がする。実験的な要素が強く、聴いているのが忙しいぐらい凄いアルバムだと思います。

「Proclamation」はジェントル・ジャイアント流のポップな曲。どっから出てきたのか分からないような不思議なメロディーと忙しい展開で世界に引き込まれますね。「So Sincere」はジェントル・ジャイアントらしい実験的な曲で、ヘンテコなメロディーとジャズ的な演奏で不思議な世界観です。「Aspirations」は幻想的で穏やかな曲。エレピはジャズですね。「Playing The Game」はポップでコミカルなメロディーで聴きやすいほうでしょう。「Cogs In Cogs」はこれまたジェントル・ジャイアントらしい実験的な曲。複雑なメロディーだが英国的なロックの要素が若干あり、ノリの良い曲だと思います。「No God's A Man」はお得意のコーラスが炸裂。曲はコミカルでおもしろい。「The Face」はいろんなところから楽器が飛んでくるかのような曲。ドラムはリズミカルなのでノリが良い。ラスト「Valedictory」はギターとベースがユニゾンするヘヴィな曲。最後は凄まじくスピードアップ。

Gentle Giant ジェントル・ジャイアント Free Hand

メンバー
・Gary Green
・Kerry Minnear
・Derek Shulman
・Ray Shulman
・John Weathers

Free Hand

1975年

1. Just the Same
2. On Reflection
3. Free Hand
4. Time to Kill
5. His Last Voyage
6. Talybont
7. Mobile

[Bonus Tracks]
8. Just the Same (Live)

7thアルバム。けっこうポップな作品だが、この作品もジェントル・ジャイアントらしくジャズ的な要素もあるテクニカルな演奏で不思議なメロディー満載です。いったいどこからそんなメロディーが出てくるのか?ていうのが次々と出てくるから面白い。ファンキーなリズムが多いのでノリが良く、初心者には聴きやすいでしょう。お得意のコーラスはこの作品では非常に美しく、メロディーは神秘的です。このアルバムはたぶん何回聴いても飽きないでしょう。

広告