MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2019/2/17
White Lion に「Fight To Survive」を追加。
2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
プログレッシブ・ロック
Gnidrolog

Gnidrolog (ニドロログ)

Gnidrolog ニドロログ Lady Lake

Lady Lake

1972年

1. I Could Never Be A Soldier
2. Ship
3. A Dog With No Collar
4. Lady Lake
5. Same Dreams
6. Social Embarrassment

双子の兄弟、ゴールドリング兄弟を中心に結成されたイギリスのプログレッシブ・ロック・バンドの2ndアルバム。叙情的で英国らしいメロディーはなかなか美しいく、管楽器をメインとした演奏でファンタジックな雰囲気があります。

まず「I Could Never Be A Soldier」はどこか妖しげな雰囲気の漂う曲。ハイトーンなボーカルが歌う叙情的なメロディーはなかなか美しい。後半はハード・ロックな展開になり、サックスも入って派手になります。「Ship」は1曲目同様に叙情的で、管楽器はフルートに代わりサックスがメイン。「A Dog With No Collar」はアコースティックナンバー。管楽器と合わせた演奏は非常に美しくとても幻想的。タイトル曲「Lady Lake」は英国的なジャズ・ロックで、不協和音を入れつつ妖しげで重い雰囲気が漂う。「Sama Dreams」は再び叙情的な曲で今度はピアノがメイン。これもなかなか美しい曲です。「Social Embarrassment」は再びジャズ・ロックで、ちょっとYESっぽい響きがする曲です。後半は盛り上がってくるとファズを効かせたギターやボーカル、管楽器の唸るような演奏でけっこう凄まじいです。

広告