MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
プログレッシブ・ロック
Gnidrolog

Gnidrolog (ニドロログ)

Gnidrolog ニドロログ Lady Lake

Lady Lake

1972年

1. I Could Never Be A Soldier
2. Ship
3. A Dog With No Collar
4. Lady Lake
5. Same Dreams
6. Social Embarrassment

双子の兄弟、ゴールドリング兄弟を中心に結成されたイギリスのプログレッシブ・ロック・バンドの2ndアルバム。叙情的で英国らしいメロディーはなかなか美しいく、管楽器をメインとした演奏でファンタジックな雰囲気があります。

まず「I Could Never Be A Soldier」はどこか妖しげな雰囲気の漂う曲。ハイトーンなボーカルが歌う叙情的なメロディーはなかなか美しい。後半はハード・ロックな展開になり、サックスも入って派手になります。「Ship」は1曲目同様に叙情的で、管楽器はフルートに代わりサックスがメイン。「A Dog With No Collar」はアコースティックナンバー。管楽器と合わせた演奏は非常に美しくとても幻想的。タイトル曲「Lady Lake」は英国的なジャズ・ロックで、不協和音を入れつつ妖しげで重い雰囲気が漂う。「Sama Dreams」は再び叙情的な曲で今度はピアノがメイン。これもなかなか美しい曲です。「Social Embarrassment」は再びジャズ・ロックで、ちょっとYESっぽい響きがする曲です。後半は盛り上がってくるとファズを効かせたギターやボーカル、管楽器の唸るような演奏でけっこう凄まじいです。

広告