MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ジャズ・ロック
Herbie Hancock

Herbie Hancock (ハービー・ハンコック)

Herbie Hancock Crossings

Crossings

1971年

1. Sleeping Giant
2. Quasar
3. Water Torture

Herbie Hancock ( Piano, Electric Piano, Mellotron, Percussion )
Eddie Henderson ( Trumpet, Flugelhorn, Percussion )
Billy Hart ( Drums, Percussion )
Julian Priester ( Bass, Tenor and Alto Trombone, Percussion )
Buster Williams ( Electric Bass, Bass, Percussion )
Bennie Maupin ( Soprano Saxophone, Alto Flute, Bass Clarinet, Piccolo, Percussion )
Patrick Gleeson ( Moog Synthesizer )
Victor Pontoja ( Congas )

エレクトリック・ジャズ期の傑作のひとつでジャズ・ロックとしてもよく取り上げられる作品です。マイルス・デイヴィスの「ビッチェズ・ブリュー」の進化系的作品で、混沌とした雰囲気が漂っているがファンキーなリズムを取り入れているので聴きやすい。と言っても重くミステリアスな雰囲気、実験的なサウンドは初心者にはちょっときついかもしれない。プログレッシ ヴ・ロックが好きな人ならすぐのめり込めるでしょう。

プログレではお馴染みの楽器、メロトロンやムーグ・シンセサイザーを取り入れており、独特の不思議な音が飛び交う。問題作と言えそうな作品なのだが、何回か聞きたくなる魅力があります。

Herbie Hancock Head Hunters

Head Hunters

1973年

1. Chameleon
2. Watermelon Man
3. Sly
4. Vein Melter

Herbie Hancock (electric piano, clavinet, synthesizer )
Bennie Maupin ( saxophones, saxello, bass clarinet, alto flute )
Paul Jackson ( bass, marimbula )
Bill Summers ( congas, shekere, balafon, agogo, cabasa, hindewhu, tambourine, log drum, surdo, gankogui, beer bottle )
Harvey Mason ( drums )

この作品もハービーのエレクトリック・ジャズ期の代表の一つ。「Crossings」と違いもっとファンキーでミニマルな作風となっている。ビルボードのジャズ・チャートで1位を獲得しているが、当時のジャズ・ファンからは問題作扱いされてたようです。

1曲目が革新的で人気があるようだが、個人的にはどの曲も良いと思う。3曲目はジャズ・ロック的な曲なのでロック・ファンにも安心しておすすめできるかと思う。あとクラブ・ミュージックが好きな方にもおすすめできる。フュージョン・ミュージックの原点を語る上で外せない作品でしょう。

広告