MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
プログレッシブ・ロック
IL VOLO

IL VOLO (イル・ヴォーロ)

IL VOLO イル・ヴォーロ

メンバー
・Alberto Radius
 (g, sitar, vo)
・Mario Lavezzi
 (g, mandolin)
・Roberto Callero (b)
・Gabriele Lorenzi (key)
・Vince Tempera (key)
・Gianni Dall'Aglio (ds)

IL VOLO

1974年

1. Come Una Zanzara
2. La Mia Rivoluzione
3. Il Calore Umano
4. Il Canto Della Preistoria (Molecole)
5. I Primi Respiri
6. La Canzone del Nostro Tempo
7. Sonno
8. Sinfonia Delle Scarpe da Tennis

イタリアのプログレッシブ・ロック・バンド、イル・ヴォーロの1stアルバム。元FORMULA TREのメンバーとスタジオ・ミュージシャンが合体したバンドです。豪華メンバーだが、ツイン・ギターとツイン・キーボードという編成も豪華。クラシック、ジャズ・フュージョン等多彩なジャンルを融合した感じのイタリアン・プログレッシブ・ロックです。

メンバーの腕が非常にいいのが一番の理由ですが、とにかく完成度が凄く高いです。全体的にひんやりとしたミステリアスな雰囲気が漂っており、曲の展開も非常に良い。イタリアン・プログレッシブ・ロックが一枚で凄いぞと分からせることができるアルバムの一つです。

IL VOLO イル・ヴォーロ Essere O Non Essere ?

メンバー
・Alberto Radius
 (g, sitar, vo)
・Mario Lavezzi
 (g, mandolin)
・Roberto Callero (b)
・Gabriele Lorenzi (key)
・Vince Tempera (key)
・Gianni Dall'Aglio (ds)

Essere O Non Essere ?

1975年

1. Gente in Amore
2. Medio Oriente 249000 Tutto Compreso
3. Canto di Lavoro
4. Essere
5. Alcune Scene
6. Svegliandomi Con Te Alle Sei del Mattino
7. Canti E Suoni

2ndアルバム。玄人集団なわけであってこの2ndもクオリティが高い。前作の延長的でフュージョン的で独特なサウンドを作り上げている。前作よりも緊張感があり、よりミステリアスな雰囲気が漂っている。歌ものは1曲ぐらいであとはインスト。テクニカルな演奏満載なのはもちろんだが、この不思議な雰囲気を出せるとこがやっぱ凄い。

前作よりもフュージョン色強まり、激しいプレイが多くほとんどの曲はもう圧巻です。トータル30分のアルバムなのにすごい満足感があります。前作よりも名盤と言っていいかもしれません。これだけ素晴らしいものを作ったのに、周りの反応が悪いという理由で解散してしまったのは残念です。

関連アーティスト

Alberto Radius, Cico

広告