MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ロック
Iron Butterfly

Iron Butterfly (アイアン・バタフライ)

アイアン・バタフライ Heavy

メンバー
・Doug Ingle (vo, key)
・Darryl DeLoach (tambourine, vo)
・Erik Brann (g, vo)
・Lee Dorman (b, vo)
・Ron Bushy (ds)

Heavy

1968年

1. Possession
2. Unconscious Power
3. Get Out Of My Life, Woman
4. Gentle As It May Seem
5. You Can't Win
6. So-Lo
7. Look For The Sun
8. Fields Of Sun
9. Stamped Ideas
10. Iron Butterfly Theme

1stアルバム。ファズ・エフェクターを効かせたヒステリックな音のギターと、神秘的なメロディーを奏でるレトロな音のオルガンはサイケデリック・ロックならでは。後の作品と比べるとこの1stが一番サイケ色が強く、暗い雰囲気も漂っているのでタイトル通りヘヴィです。

印象に残る曲はやはりトップとラストの曲だろうか。ヘヴィメタル、プログレッシヴ・ロックのルーツを感じさせてくれる。名曲レベルのものは無いかもしれないが、雰囲気や楽曲のクオリティはなかなかなので非常に印象に残る。

アイアン・バタフライ In A Gadda Da Vida

メンバー
・Doug Ingle (vo, key)
・Erik Brann (g, vo)
・Lee Dorman (b, vo)
・Ron Bushy (ds)

In-A-Gadda-Da-Vida

1968年

1. Most Anything You Want
2. Flowers and Beads
3. My Mirage
4. Termination
5. Are You Happy
6. In-A-Gadda-Da-Vida

2ndアルバム。タイトル曲「In-A-Gadda-Da-Vida」がヒットし、累計3000万枚を売り上げた。ハードロック、プログレッシヴ・ロックの夜明けとも言えそうな作品です。

前半はインパクトに欠ける曲が多く、ちょっと退屈かもしれない。ヘヴィなのは後半から。5曲目はファズを効かせたギターでジメジメと攻める感じのハード寄りの曲。雰囲気に緊張感があり重みもある。

ラストは名曲「In A Gadda Da Vida」。17分弱の大曲で一度聴いたら耳から離れないリフはすごくインパクトがあり、ギター、ベース、キーボードによるユニゾンが音をヘヴィにしている。中盤からのインプロヴィゼーションは後のプログレッシヴ・ロック・バンドに影響を与えたんじゃないかと思えるほど独特な展開と激しい演奏が聴ける。ライヴを聴いているような感じだ。

ライノレーベルから出たデラックス・エディションには「In A Gadda Da Vida」のライヴとシングルのバージョンが収録されてます。ライヴ音源はライヴ・アルバムとかに入っているものよりも音がいいので、もっとあれば聴いてみたくなる。

アイアン・バタフライ Ball

メンバー
・Doug Ingle (vo, key)
・Erik Brann (g, vo)
・Lee Dorman (b, vo)
・Ron Bushy (ds)

Ball

1969年

1. In The Time Of Our Lives
2. Soul Experience
3. Lonely Boy
4. Real Fright
5. In The Crowds
6. It Must Be Love
7. Her Favorite Style
8. Filled With Fear
9. Belda-Beast
10. I Can't Help But Deceive You Little Girl (Bonus Track)
11. To Be Alone (Bonus Track)

3rdアルバム。大曲は無いが、アイアン・バタフライの世界観がぎっしりと詰まった最高傑作と言える作品です。サイケ・ロックならではの影のあるメロディや、この時代特有のヘヴィなサウンドの曲が多めなのはうれしい。

アイアン・バタフライ Live

メンバー
・Doug Ingle (vo, key)
・Erik Brann (g, vo)
・Lee Dorman (b, vo)
・Ron Bushy (ds)

Live

1970年

1. In The Time Of Our Lives
2. Filled With Fear
3. Soul Experience
4. You Can't Win
5. Are You Happy
6. In-A-Gadda-Da-Vida

「In-A-Gadda-Da-Vida」があるため収録曲数は少ないが、ライヴならではのテンション高い演奏が楽しめる。近年になってようやく他のライヴ音源が出てきたので、それまで唯一の正式なライヴ音源でした。

ちょっと音に不満があるのだが、音質は悪くないのでリミックスしてほしい作りだ。名曲の「In-A-Gadda-Da-Vida」はスタジオ版より長く、音の厚みもあって良い。ドラム・ソロ中に歌ってるのは観客だろうか? なかなかの歌いっぷりでそこが聴き所だったりする。

アイアン・バタフライ Live In Sweden 1971

メンバー
・Doug Ingle (vo, key)
・Mike Pinera (g, vo)
・Rhino (g)
・Lee Dorman (b)
・Ron Bushy (ds)

Live In Sweden 1971

2014年

1. Butterfly Bleu
2. In-a-Gadda-da-Vida
3. Possession (Original 7" Version)
4. Evil Temptation (Original 7" Version)
5. Don't Look Down on Me (Original 7" Version)

音質はちょっと悪いが、なかなかバランス良く録音できており非常に生々しい音で迫力がある。1970年の「Live」よりライヴ感があるのでこちらの音のほうが好みだ。大曲2曲だけだが、これがバンドの魅力全開の素晴らしい演奏なのでかなり贅沢だ。

シングル曲だと思われるボーナストラックの4、5曲目はアルバム未収録だと思うので貴重かもしれない。これがまたサイケなロックでいい。

広告