MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ジャズ・ロック
Jan Akkerman

Jan Akkerman (ヤン・アッカーマン)

Information

オランダのプログレッシヴ・ロック・バンド、フォーカスのギタリストだったことで有名なギタリスト。超絶な早弾きで今聴いても衝撃的で、ソロ作品でも華麗なプレイがたくさん聴けます。ジャズ・ロック、フュージョンな作品が多いので、フォーカスのようなプログレを期待する人には向かないかもしれない。

Jan Akkerman ヤン・アッカーマン Tabernakel 流浪の神殿

Tabernakel

邦題「流浪の神殿」1973年

1. Britannia By John Dowland
2. Coranto For Mrs. Murcott By Francis Pilkington
3. The Earl Of Derby, His Galliard By John Dowland
4. House Of The King
5. A Galliard By Anthonie Holborne
6. A Galliard By John Dowland
7. A Pavan By Thomas Morley
8. Javeh
9. A Fantasy By Laurencini Of Rome
10. Lammy

古楽器をメインに使用したルネッサンス音楽な作品。全体的に独奏が多く、バンド演奏は少ないのでロック色は薄くイージーリスニングな感じだ。なのでロック・ファンにはちょっと楽しめない内容で、異色作ということもあって迷盤とも言われている。

4曲目はフォーカスの1stアルバムに収録されてる曲をアレンジしたもの。ストリングスも加わってフォーカス版と違った印象を受ける。1曲目やこの4曲目を聴くとバンド演奏がもっとあっても良いような気がしてくる。

10曲目は前半ジャズ・ロック、後半シンフォニック・ロックなのだが、バックはなんとティム・ボガード(b)とカーマイン・アピス(ds)なのだ。これは密かに夢の共演でしょう。バンド演奏の曲になるとやっぱ素晴らしい。この作品はやっぱ趣味の塊過ぎるとこが残念。

Jan Akkerman ヤン・アッカーマン ELI エリ

メンバー
・Kaz Lux (vo)
・Jan Akkerman (g, b)
・Jasper van 't Hof (key)
・Rick van der Linden (key)
・Warwick Reading (b)
・Pierre van der Linden (ds)
・Richard DeBois (ds)
・Nippy Noya (per)
バッキングボーカル
・Margriet Eshuis
・Maggie MacNeal
・Patricia Paay

ELI

1976年

1. Eli
2. Guardian Angel
3. Tranquillizer
4. Can't Fake a Good Time
5. There He Still Goes
6. Strindberg
7. Wings of Strings
8. Naked Actress
9. Fairytale

フォーカス加入前に居たバンド、ブレインボックスのボーカリストだったカズ・ラックスと再び組んだデュオ作。フュージョン色強い作風で、ヤンのオートワウなどを使用したファンキーなギタープレイが多く聴ける。

カズのちょっとロッド・スチュワートのような声が洒落ていて、1曲目のアカペラがとても印象に残る。曲によってはアドリブでスキャットしてるような部分もあり凄くかっこいい。

フォーカスとは違う音楽性だが、楽曲の幅は広く曲の出来もいい。ヤンはソロ作では様々な面を見せているが、ロック・ファンにはこれが一番楽しめる作品かと思います。

Jan Akkerman ヤン・アッカーマン 寛ぎの時

メンバー
・Jan Akkerman (g)
・Joachim Kuhn (key)
・Cees Van Der Laarse (b)
・Bruno Castellucci (ds)
・Pierre van der Linden (ds)
・Neppie Noya (perc)

Jan Akkerman

邦題「寛ぎの時」1977年

1. Crackers
2. Angel Watch
3. Pavane
4. Streetwalker
5. Skydancer
6. Floatin'
7. Gate To Europe

ポップでちょっとミニマルな曲からファンキーだったりメロウな曲など当時流行りつつあったタイプのフュージョンな作品になっている。これまたそれまでの作品と比べると異色作だ。

ヤンのサウンドは軽くても、やっていることはとてもハードだ。華麗なプレイはどこを聴いても鮮やかで息を呑む。有名フュージョン・ギタリストに並ぶ素晴らしいギタープレイに感動するはずだ。

Jan Akkerman ヤン・アッカーマン Live ライヴ

メンバー
・Jan Akkerman (g)
・Jasper Van't Hof (key)
・Cees Van Der Laarse (b)
・Bruno Castellucci (ds)
・Tom Barlage (sax, key)
・Willem Ennes (key)
・Neppie Noya (perc)

Live

1978年

1. Transitory
2. Skydancer
3. Pavane
4. Crackers
5. Tommy
6. Azimuth

スイスのモントルー・ジャズ・フェスティバルでのライヴ。2曲目から4曲目まで「寛ぎの時」からの選曲で、かなりアレンジが加わっているのにも注目。さらっと聴くと曲のタイトルを見るまで気づかないだろう。ライヴならではのアドリヴや楽器バトル、メンバー個々のソロ・プレイも素晴らしいので熱くなれます。

関連アーティスト

Focus

広告