MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ロック
John Mayall

John Mayall (ジョン・メイオール)

John Mayall ジョン・メイオール

メンバー
・John Mayall (vo, key)
・Eric Clapton (vo, g)
・John Macvie (b)
・Hughie Flint (ds)

Bluesbreakers with Eric Clapton

1966年

1. All Your Love
2. Hideaway
3. Little Girl
4. Another Man
5. Double Crossing Time
6. What'd I Say
7. Key to Love
8. Parchman Farm
9. Have You Heard
10. Ramblin' on My Mind
11. Steppin' Out
12. It Ain't Right

ジョン・メイオールが率いるブルース・ロック・バンドの初ヒット作。この作品ではヤードバーズを脱退したエリック・クラプトンが加入しており、彼の素晴らしいブルージーなギターがたっぷり聴けます。ヤードバーズではやりたいことができなかった分、ここでは力入ってますね。

ここでクラプトンはレスポール・ギターとマーシャル・アンプという組み合わせを確立。この組み合わせならではの煌びやかで厚みのある王道サウンドが響き渡る。これは後にレッド・ツェッペリンのジミー・ペイジが参考にしたことはとても有名。

作品はフレディ・キングやロバート・ジョンソンなどのブルースの名曲なども取り上げてます。ついでに「Steppin' Out」はディープ・パープルの「Lazy」の元ネタで、これはジェイムス・ブラッケンの曲です。

スペシャル・エディションではモノラル版とステレオ版の2つが1枚に収録されてます。モノラル版は要らないかと思うかもしれないが、これはこれでステレオ版には無い味があります。個人的にはモノラル版の音が好きだったりします。

関連アーティスト

Derek and the Dominos

広告