MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
プログレッシブ・ロック
Kansas

Kansas (カンサス)

Information

アメリカのプログレ・ハードを代表するバンド、カンサス。初期は非常に英国的なサウンドだったが、作品を出すにつれメロディーを前面に押し出すようになり、独自のサウンドを作り上げました。アメリカらしいメロディアスなプログレッシブ・ロックです。

Kansas カンサス

メンバー
・Steve Walsh (Key, vo)
・Kerry Livgren (g, vo)
・Dave Hope (b, vo)
・Robby Steinhardt (violin, vo)
・Phil Ehart (ds)

Kansas

1974年

1. Can I Tell You
2. Bringing It Back
3. Lonely Wind
4. Belexes
5. Journey from Mariabronn
6. The Pilgrimage
7. Apercu
8. Death of Mother Nature Suite

[Bonus Tracks]
9. Bringing It Back (Live)

1stアルバム。これが1stだとは思えないなかなかのクオリティと思うのだが、既にバンドの方向性が確立されており、ツイン・ギター、ツイン・ボーカル、ツイン・キーボードで厚く熱い。

ブリティッシュ・ハード・ロックからの影響が強く、とくに「Belexes」や「Death Of Mother Nature Suite」はヘヴィだ。「Journey From Mariabronn」や「Apercu」などのドラマティックな曲は後の名曲に通ずる曲の展開やメロディーがある。このアルバムが20年たってやっとゴールド・ディスクをとったらしいです。これが原石なのか?宝石だろう。

Kansas カンサス Song for America

メンバー
・Steve Walsh (Key, vo)
・Kerry Livgren (g, vo)
・Rich Williams (g)
・Dave Hope (b, vo)
・Robby Steinhardt (violin, vo)
・Phil Ehart (ds)

Song for America

1975年

1. Down the Road
2. Song for America
3. Lamplight Symphony
4. Lonely Street
5. The Devil Game
6. Incomudro - Hymn to the Atman

[Bonus Tracks]
7. Song for America (Single Edit)
8. Down the Road (Live)

2ndアルバム。まだブリティッシュ色が強く、カンサスの作品の中では一番プログレ色の強いアルバムになっている。後の作品に隠れがちになっているが、これも間違いなく名盤です。

「Down The Road」はブリティッシュ色の強いアップテンポの曲で、バイオリンがギターなどとユニゾンしつつ目立っててインパクトがあります。10分の大曲「Song For America」は壮大なイメージがあるが、カンサスらしいポップな曲です。曲の展開やメロディーも素晴らしく、名曲のひとつですね。「Lamplight Symphony」もやや長めの曲で、幻想的な雰囲気で哀愁のあるメロディーが素晴らしい。中盤からの展開にはけっこうゾクゾクする。ラストの大曲「Incomudro-Hymn To The Atman」も同様な曲で、終盤のテンポアップな展開など聴き所が多い。

Kansas カンサス Leftoverture 永遠の序曲

メンバー
・Steve Walsh (Key, vo)
・Kerry Livgren (g, vo)
・Rich Williams (g)
・Dave Hope (b, vo)
・Robby Steinhardt (violin, vo)
・Phil Ehart (ds)

Leftoverture

邦題「永遠の序曲」1976年

1. Carry On Wayward Son
2. The Wall
3. What's On My Mind
4. Miracles Out Of Nowhere
5. Opus Insert
6. Questions Of My Childhood
7. Cheyenne Anthem
8. Magnum Opus

[Bonus Tracks]
9. Carry On Wayward Son (live)
10. Cheyenne Anthem (live)

プログレ・ハード名盤中の名盤4thで、バンドが完成の域に達した作品です。名曲「Carry On Wayward Son」がヒット曲。メロディックで適度にハード、適度にプログレです。ほかもブリティッシュ的なハードロックをベースにアメリカらしい明るさと哀愁たっぷりのメロディーの曲が満載。どれもほどよくプログレなので誰もが気軽に聴けます。難しいことは一切考えないで美しいサウンドに酔うべし。頭の中に刻まれるメロディは永遠の宝です。

Kansas カンサス Point Of Know Return 暗黒への曳航

メンバー
・Steve Walsh (Key, vo)
・Kerry Livgren (g, vo)
・Rich Williams (g)
・Dave Hope (b, vo)
・Robby Steinhardt (violin, vo)
・Phil Ehart (ds)

Point Of Know Return

邦題「暗黒への曳航」1977年

1. Point Of Know Return
2. Paradox
3. The Spider
4. Portrait (He Knew)
5. Closet Chronicles
6. Lightning's Hand
7. Dust In The Wind
8. Sparks Of The Tempest
9. Nobody's Home
10. Hopelessly Human

[Bonus Tracks]
11. Sparks Of The Tempest (Live)
12. Portrait (Remix)

「永遠の序曲」に並ぶ名盤の5th。今度はアコースティック・ギターによるバラード曲「Dust In The Wind」が大ヒット。前作同様な作風でクオリティが高く捨て曲なし。若干ポップ度が上がったかなと思える。

Kansas カンサス Power パワー

メンバー
・Steve Walsh (Key, vo)
・Rich Williams (g)
・Steve Morse (g, vo)
・Billy Greer (b, vo)
・Phil Ehart (ds)

Power

1986年

1. Silhouettes in Disguise
2. Power
3. All I Wanted
4. Secret Service
5. We're Not Alone Anymore
6. Musicatto
7. Taking in the View
8. Three Pretenders
9. Tomb 19
10. Can't Cry Anymore

カンサスの復活作で、スティーヴ・モーズ (G) を迎えた10thアルバム。ヴァイオリン奏者がいなくなってしまったのでカンサスらしさは減少。しかし良質なメロディーは健在でモーズを迎えたことでパワーも衰えることなく題名通りパワーを感じさせる作品です。

「Silhouettes In Disguise」はなかなかヘヴィなモーズのギターだが80年代らしいメロディアスなアメリカン・ハード・ロック。随所でモーズのテクニカルなギターが光る。「Power」はカンサスらしいプログレチックな曲。「All I Wanted」はサビのメロディーがなかなか素晴らしい。「We're Not Alone Anymore」はモーズのギターが印象に残るポップな曲。「Musicatto」はこれもカンサスらしいプログレチックな曲。インスト曲になっており、曲の展開も良く変わってない面もあることはうれしいでしょう。「Taking In The View」はフォークナンバー。ちょっと幻想的でいい感じです。

このアルバムは捨て曲無くなかなか完成度高いアルバムです。80年代のカンサスはちょっと注目されてないのでこの良さをぜひ知ってほしいです。

Kansas カンサス In The Spirit Of Things

メンバー
・Steve Walsh (Key, vo)
・Rich Williams (g)
・Steve Morse (g, vo)
・Billy Greer (b, vo)
・Phil Ehart (ds)

In The Spirit Of Things

1988年

1. Ghosts
2. One Big Sky
3. Inside of Me
4. One Man, One Heart
5. House on Fire
6. Once in a Lifetime
7. Stand Beside Me
8. I Counted on Love
9. Preacher
10. Rainmaker
11. T.O. Witcher (Instrumental)
12. Bells of Saint James

11thアルバム。この作品ではかなりAOR寄りになるが、カンサスらしく良質なメロディーが豊富です。モーズのギターは前面に出てないが随所でテクニカルなプレイが聴ける。バンドに溶け込んでいますね。ほとんどがスローな曲で前作のようなインパクトは無いかもしれない。人によっては物足りなさを感じるかもしれませんが、完成度はなかなか高いです。このアルバムは隠れた名盤と言ってよいかも。

まず始め「Ghosts」はバラード曲と珍しい。なかなかの泣きのメロディーで悪くない。「One Man, One Heart」もバラード系でこれはメロディーがなかなか素晴らしい。メロディーに哀愁がありこのアルバムの中ではトップかな。中盤から終盤にかけてAORな曲がずらっと並ぶ。「Rainmaker」はバラードから一転、モーズのギターにより緊張感のあるロックに。オペラ調の曲でこれはなかなか素晴らしいですね。

関連アーティスト

Steve Morse

広告