MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ヘヴィメタル
Keel

Keel (キール)

Keel Lay Down The Law

メンバー
・Ron Keel (vo, g)
・Marc Ferrari (g)
・Bryan Jay (g)
・Kenny Chaisson (b)
・Dwain Miller (ds)

Lay Down The Law

1984年

1. Thunder And Lightning
2. Lay Down The Law
3. Speed Demon
4. Princess Of Illusion
5. Born Ready
6. Metal Generation
7. Till Hell Freezes Over
8. You're The Victim (I'm The Crime)
9. Let's Spend The Night Together

あのイングヴェイが在籍してたスティーラーのボーカル、ロン・キールのソロ作第1弾。スティーラーの時より格段にパワーアップした声は素晴らしく、パワフルで荒々しい。2ndで再録される曲もあるので聴き比べてみるのもおもしろい。

全体的に典型的なアメリカンHR/HMだがソロ作の中では一番メタルな作品です。インディーズでのリリースなので音質はそれなりだが、2ndには無い曲はほんとカッコイイので価値ありです。ついでに9曲目はストーンズのカヴァーらしいです。

Keel The Right To Rock

メンバー
・Ron Keel (vo, g)
・Marc Ferrari (g, vo)
・Bryan Jay (g, vo)
・Kenny Chaisson (b, vo)
・Dwain Miller (ds, vo)

The Right To Rock

邦題「誇り高き挑戦」1985年

1. The Right to Rock
2. Back to the City
3. Let's Spend the Night Together
4. Easier Said Than Done
5. So Many Girls, So Little Time
6. Electric Love
7. Speed Demon
8. Get Down
9. You're the Victim (I'm the Crime)
10. Easier Said Than Done (Remix)

2ndアルバムで邦題は「誇り高き挑戦」。メジャー・デビュー作でプロデュースはKISSのジーン・シモンズです。前作同様、一点の曇りもないストレートなHR/HMで最初から最後まで拳が効いてます。ミドル・テンポ主体だがどれもテンション高くガッチリしてる伝統的なHR/HMですね。

名曲「Speed Demon」のカッコ良さはここでも最高!。ギターのスピード感のあるダウン・ピッキングとKEELのスピ〜!の叫びにシビレます。ラスト「You're the Victim (I'm the Crime)」もなかなかの疾走曲。これぞアメリカン・メタルと言える作品です。

Keel The Final Frontier

メンバー
・Ron Keel (vo, g)
・Marc Ferrari (g, vo)
・Bryan Jay (g, vo)
・Kenny Chaisson (b, vo)
・Dwain Miller (ds, vo)

The Final Frontier

1986年

1. The Final Frontier
2. Rock & Roll Animal
3. Because the Night
4. Here Today, Gone Tomorrow
5. Arm and a Leg
6. Raised on Rock
7. Just Another Girl
8. Tears of Fire
9. Nightfall
10. No Pain, No Gain

3rdアルバム。前作同様にミドル・テンポ主体でパワフルな正統派HR/HMです。この作品では前作には無かったウェットなメロディーも有り、これまたなかなか素晴らしいです。

パティ・スミスのバラード曲「Because The Night」をカヴァーしており、KEEL版もいいですね。「Tears Of Fire」もバラード曲でこれまた素晴らしい哀愁。泣きのギター・ソロで泣くべし。ラストは疾走曲「No Pain No Gain」。名曲「Speed Demon」に並ぶ勢いとカッコ良さで密かに名曲ですね。

関連アーティスト

Steeler

広告