MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ヘヴィメタル
Krokus

Krokus (クロークス)

Krokus Metal Rendez-Vous

メンバー
・Marc Storace (vo)
・Fernando Von Arb (g, vo)
・Tommy Kiefer (g, vo)
・Chris Von Rohr (b, vo)
・Juerg Naegeli (key, vo)
・Freddy Steady (ds, vo)

Metal Rendez-Vous

1980年

1. Heatstrokes
2. Bedside Radio
3. Come On
4. Streamer
5. Shy Kid
6. Tokyo Nights
7. Lady Double Dealer
8. Fire
9. No Way
10. Back-Seat Rock & Roll

スイスのヘヴィメタル・バンド、クロークスの4thアルバム。元々はプログレッシブ・ロックをやっていたようですが、時代の変化とともに方向性をヘヴィメタルに変えていったらしいです。この「メタル・ランデヴー」で世界進出。メタルと付くが内容的にはハード・ブギーな路線です。強い個性はないが、なかなか素晴らしいアルバムです。

「Heatstrokes」はノリの良い縦ノリでキャッチーなロックン・ロール。わかりやすくかっこいい曲です。2曲、3曲と同路線が続き「Streamer」はガラッと変わって哀愁バラード。ボーカルは元々ジャズ・ロック・バンドにいたこともあってか歌いっぷりが良く、メロディーの響きがいいです。「Tokyo Nights」はノスタルジックな感じの雰囲気があるバラード系の曲。歌詞は訳したものを見るとおかしな内容だが、曲のできは良く哀愁たっぷりです。後半はオーソドックスなロックン・ロールが続き、ラストはノリの良い「Back Seat Rock'n Roll」で終わる。

Krokus Head Hunter

メンバー
・Marc Storace (vo)
・Fernando Von Arb (g)
・Mark Kohler (g)
・Chris Von Rohr (b, vo)
・Steve Pace (ds)

Head Hunter

1983年

1. Headhunter
2. Eat the Rich
3. Screaming in the Night
4. Ready to Burn
5. Night Wolf
6. Stayed Awake All Night
7. Stand and Be Counted
8. White Din
9. Russian Winter

7thアルバム。よりメタル・バンドとして成長し、このアルバムが初のミリオン・セラーとなった。このアルバムは最高傑作だけあって非常に勢いがあり、捨て曲も無いです。NWOBHM系が好きな人におすすめです。

「Headhunter」はジューダス・プリーストからの影響が大きいと思われる疾走曲でなかなか攻撃的。「Screaming In The Night」は哀愁漂うメロディアスなバラード系の曲。「Ready To Burn」はドライブの効いたプリースト系の疾走曲。ノリも良くAC/DC的な要素もあるかと思う。「Night Wolf」は疾走感たっぷりで攻撃的な曲。ラストの疾走曲「Russian Winter」もカッコ良く、ギターソロは緊張感あって良い。

広告