MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
プログレッシブ・ロック
Latte E Miele

Latte E Miele (ラッテ・エ・ミエーレ)

Latte E Miele ラッテ・エ・ミエーレ Passio secundum Mattheum 受難劇

Passio secundum Mattheum

邦題「受難劇」1972年

1. Introduzione
2. Il giorno degli azzimi
3. Ultima cena
4. Getzemani
5. Il processo
6. I testimoni (part1)
7. I testimoni (part2)
8. Il pianto
9. Giuda
10. Il re dei giudei
11. Il calvario
12. Il dono della vita
13. Mese di maggio (Bonus Track)

1stアルバム。トリオ編成だがメンバー全員がマルチ・プレイヤーなため様々な楽器が入っており、さらに混声合唱も加わってメロディ豊かで展開の激しいシンフォニック・ロック、ジャズ・ロックを繰り広げる。パワフルなPFMと言った感じだ。キリストの受難をテーマにしたことで、ローマ法王の前で演奏をしたことがあるらしい。

メンバー個々の技量は高くないが、曲作りのほうに才能があるかと思う。当時のプログレ・バンドのように大曲を作るのではなく、小曲を繋げて行く形でその一曲一曲に濃く詰め込んでいる。クラシカルな曲だったり、オペラ調、ジャズ・ロックだったりと聴くに忙しいので、そこは人によってはマイナス点かもしれないが、様々なサウンドを出せるとこがこのバンドの魅力だ。

この作品は若干サントラ的な部分が多いのでバンドの音を聴いている感じになれないとこは欠点かもしれない。しかし、このダイナミックなサウンドはやはり凄く、他のバンドが作ろうとしても簡単には出来ないだろう。

Latte E Miele ラッテ・エ・ミエーレ Papillon パピヨン

Papillon (パピヨン)

1973年

1. Papillon ouverture
2. Primo la fuga
3. Secondo quadro il mercato
4. Terzo quadro l'incontro
5. Quarto quadro l'arresto
6. Quinto quadro il verdetto
7. Sesto quadro la trasformazione
8. Settimo quadro corri nel mondo
9. Divertimento
10. Parte prima
11. Parte seconda
12. Parte terza
13. Strutture
14. Rimani nella mia vita

2ndアルバム。この作品も短い曲をつなぎ合わせたシンフォニック・ロックの大作であるが、完成度は前作以上。前作同様にクラシカル・ロックやジャズ・ロックもあるが前作よりも統一感があり、見事に組まれた曲の数々にはまったく隙も無ければ無駄も無い。

マルチ・プレイヤーなとこを活かして次から次へと様々な音を出してくるが難解なとこはなく、イタリアらしい人懐っこいメロディーが豊富で安心して聴ける。前作はけっこう散らかっている印象があったが、曲の出来の良さがあってか、この作品ではそういうふうには感じない。

トリオ編成のキーボード・ロックはなかなか当たりが少なく、少人数なりの音と出来だなあというのが多い。しかし、このバンドは見事にトリオならではのパワフルな演奏、トリオと思えないほどの鮮やかなサウンドを作り上げることに成功している。それでもバンドはアンダーグラウンドな存在だったとか。

広告