MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ヘヴィメタル
Manigance

Manigance (マニガンス)

Manigance マニガンス Ange Ou Demon

メンバー
・Didier Delsaux (vo)
・Francois Merle (g)
・Bruno Ramos (g)
・Marc Duffau (b)
・Florent Taillandier (key)
・Daniel Pouylau (ds)

Ange Ou Demon

邦題「天使か悪魔か」2002年

1. En Mon Nom
2. Comme Une Ombre
3. L'ultime Seconde
4. Utopia
5. Ange Ou Demon
6. Fleurs Du Mal
7. Dernier Hommage
8. Des Mon Retour
9. Integrite
10. Nomade
11. Desobeis
12. Messager
13. Believer (Bonus Track)

フランスのメロディック・メタル・バンド、マニガンスの1stアルバム。プログレッシブ的な要素も兼ね備えており、普通のメロパワ・バンドとは違った個性的なサウンドを持っている。どの曲もメロディックでテクニカル。

歌詞はボーナストラック抜かして全部フランス語なので、独特な響きです。これは表現力を損なわせないためなのかもしれない。12曲目は同国の先輩となるバンド、SORTILEGEの曲。マニアにとってはこの選曲は嬉しいかもしれない。

Manigance マニガンス Signe De Vie

メンバー
・Didier Delsaux (vo)
・Francois Merle (g)
・Bruno Ramos (g)
・Marc Duffau (b)
・Florent Taillandier (key)
・Daniel Pouylau (ds)

・Vincent Mouyen (g)
・Fredos Feugas (key)

Signe De Vie

邦題「生命の証」2003年 オリジナル1997年

1. Sans Fard
2. Signe De Vie
3. Ligne Blanche
4. Rebelle
5. Aube Nouvelle
6. Rouge Comme La Peau
7. L'ultime Seconde (Acoustic Version)
8. All The King's Horses
9. Carry On The Flame
10. Ange Ou Demon

幻のデビュー・ミニ・アルバム。レーベルやレコード会社へのプロモーションとして制作された作品です。メジャー作品と違ってストレートで完成度は劣るのだが、それでも楽曲はハイクオリティ。

「All The King's Horses」と「Carry On The Flame」はカナダのハードロック・バンド、トライアンフの曲とはナイスな選曲。レアなライブ映像も収録されているので、ファンには必聴の1枚です。

Manigance マニガンス D'un Autre Sang

メンバー
・Didier Delsaux (vo)
・Francois Merle (g)
・Bruno Ramos (g)
・Marc Duffau (b)
・Florent Taillandier (key)
・Daniel Pouylau (ds)

D'un Autre Sang

邦題「聖なる血統」2004年

1. Mirage (Intro)
2. Empire Virtuel
3. Mourir en Hero
4. Heritier
5. Hors La Loi
6. Maudit
7. Memoire
8. Damocles
9. La Mort dans L'ame
10. D'Un Autre Sang
11. Enfin Delivre
12. Future World (Bonus Track)

2ndアルバム。パワーメタル色が強まり、疾走曲が多くなった。現代的なメロパワが好きな人ならこの作品は必ず気に入るはずです。「Future World」はPretty Maidsの名曲。原曲を忠実にやってるが、原曲よりは魅力がちょっと劣ってるかもしれない。この作品もクオリティがなかなか高いです。

Manigance マニガンス L'ombre Et La Lumiere

メンバー
・Didier Delsaux (vo)
・Francois Merle (g)
・Bruno Ramos (g)
・Marc Duffau (b)
・Florent Taillandier (key)
・Daniel Pouylau (ds)

L'ombre Et La Lumiere

邦題「陰と光」2006年

1. Abysse (Intro)
2. Envahisseur
3. L'ombre Et La Lumiere
4. Prison Doree
5. Predateur
6. Sang Millenaire
7. Privilege
8. La Force Des Souvenirs
9. Sentinelle
10. Miroir De La Vie
11. Esclave
12. Labyrinthe
13. Hors La Loi (Bonus Track Live)

3rdアルバム。プログレ色が強まり曲の展開が多くなった。ややキーボードがメインといった感じで、サウンドがきらびやか。メロディーは叙情性が増してるので重い雰囲気もある。個人的にはこの作品が最高傑作だと思います。

Manigance マニガンス Recidive

メンバー
・Didier Delsaux (vo)
・Francois Merle (g)
・Bruno Ramos (g)
・Marc Duffau (b)
・Jean Lahargue (key)
・Daniel Pouylau (ds)

Recidive

邦題「再犯」2011年

1. Aura (Intro)
2. Larme De L'univers
3. Dernier Allie
4. Mercenaire
5. L'ombre D'huier
6. Chant De Bataille
7. Secret De L'ame
8. Recidiviste
9. Illusion
10. Sentiers De La Peur
11. Vertiges (Instru)
12. En Seigneur
13. Deserteur
14. Delivarance
15. Sans Detour
16. Corps A Corps

前作は最高傑作と言える作品で、そこから5年というブランクがあったのでこの4thはちょっと不安があったが、なかなかの良作に仕上がってて一安心。全体的にプログレ要素はやや後退してストレートに。曲のクオリティはいつも通り流石で、前作ではキーボードがメインだったが今回はギターが主役。

メロディックなフレーズはいつも通りで、サウンドはヘヴィな音作りになっている。完成度は下がったが(と言ってもやはり高い完成度)、ストレートな分パワフルで聴きやすいです。曲数が多いという難点がなければもう少し評価が上がったでしょう。張り切り過ぎて作り過ぎたのだろうか?

広告