MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
スラッシュメタル
Megadeth

Megadeth (メガデス)

Information

メタリカを解雇されたデイヴ・ムステインが復讐を決意し結成したバンド。後にスラッシュ四天王のひとつと言われるまでに成長し、マーティ・フリードマンが加入した1990年代から黄金期を迎える。テクニカルなプレイと、やや複雑な曲の展開を得意としています。

Megadeth メガデス Killing Is My Business and Business Is Good!

メンバー
・Dave Mustaine (vo, g)
・Chris Poland (g)
・David Ellefson (b)
・Gar Samuelson (ds)

Killing Is My Business... and Business Is Good!

1985年

1. Last Rites/Loved To Death
2. Killing Is My Business... And Business Is Good!
3. The Skull Beneath The Skin
4. Rattlehead
5. Chosen Ones
6. Looking Down The Cross
7. Mechanix
8. These Boots

■Bonus Tracks (Demo)
9. Last Rites/Loved to Deth
10. Mechanix
11. The Skull Beneath the Skin

1stアルバム。この作品ではパワーメタル的な感じでスラッシュメタルの要素はやや低いが、荒々しいサウンド、複雑なギターリフや曲の展開がなかなか素晴らしい。

「Mechanix」はムステインがメタリカ加入前に作った曲で、メタリカでは歌詞が変えられて「The Four Horsemen」となっている。メタリカ版より荒々しくスピーディーになっている。

オリジナルでは外されてた「These Boots」はナンシー・シナトラの「These Boots Are Made for Walkin’」を改作した曲で、所々に禁止用語が入っているためピー音が付けられてるとこが微笑ましい。

Megadeth メガデス Peace Sells But Who's Buying

メンバー
・Dave Mustaine (vo, g)
・Chris Poland (g)
・David Ellefson (b)
・Gar Samuelson (ds)

Peace Sells But Who's Buying

1986年

1. Wake Up Dead
2. The Conjuring
3. Peace Sells
4. Devil's Island
5. Good Mourning / Black Friday
6. Bad Omen
7. I Ain't Superstitious
8. My Last Words

■Bonus Tracks (Randy Burns Mix)
9. Wake Up Dead
10. The Conjuring
11. Peace Sells
12. Good Mourning / Black Friday

2ndアルバム。バンドの代表作として必ず上がる初期の名作です。メジャーレーベルのキャピタルに移り、初のチャートインも果たしてます。前作の路線を整えた感じでメジャー感が増しており、ごちゃごちゃ詰め込まずソリッドである。曲の印象が少し薄いもののアルバム全体の完成度が高いのでじっくり聞きたくなる作品です。

「I Ain't Superstitious」はハウリン・ウルフやジェフ・ベックで知られるブルース曲。こういう意外なカヴァーが浮きそうになりそうだが、腕のいいムスティンの手に掛かると面白い。

Megadeth メガデス So Far So Good So What

メンバー
・Dave Mustaine (vo, g)
・Jeff Young (g)
・David Ellefson (b)
・Chuck Behler (ds)

So Far, So Good... So What!

1988年

1. Into The Lungs Of Hell
2. Set The World Afire
3. Anarchy In The U.K.
4. Mary Jane
5. 502
6. In My Darkest Hour
7. Liar
8. Hook In Mouth

■Bonus Tracks (Paul Lani Mix)
9. Into The Lungs Of Hell
10. Set The World Afire
11. Mary Jane
12. In My Darkest Hour

バンドの初のヒット作となった3rdアルバム。全体的にバラエティに富んだ作品で、初期の集大成と言っていいかと思う。

まず「Into the Lungs of Hell」はメロディックなインスト曲で幕を開け、「Set the World Afire」はメガデスらしいスラッシーな曲で良い。「Anarchy in the U.K.」はセックス・ピストルズの名曲カヴァーで、原曲をあまり壊してない。「Mary Jane」は前半は珍しくちょっとポップでバラード調のヘヴィなミドル・テンポ曲。そこからさらにスラッシュ、スピード・メタルへと展開させていておもしろい。「502」はリフの刻みが良いスピード・ナンバー。メタリカのベーシスト、クリフ・バートンの死を悼んで書かれた「In My Darkest Hour」もなかなか強力だ。暗いミドルから疾走曲への展開はなかなか鳥肌もの。「Liar」は1stを思わせるような曲調でカッコイイのだが、ドラムがもうちょっと暴れてほしいかなと思う。

広告