MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
スラッシュメタル
Mercyful Fate

Mercyful Fate (マーシフル・フェイト)

Mercyful Fate マーシフル・フェイト Melissa

メンバー
・King Diamond (vo)
・Hank Shermann (g)
・Michael Denner (g)
・Timi "Grabber" Hansen (b)
・Kim Ruzz (ds)

Melissa

1983年

1. Evil
2. Curse Of The Pharoah
3. Into The Coven
4. At The Sound Of The Demon Bell
5. Black Funeral
6. Satan's Fall
7. Melissa

初期の北欧メタル・シーンを盛り上げたバンドのひとつ、マーシフル・フェイトの1stアルバム。バンドの顔でもあるボーカルのキング・ダイアモンドは、ホラーテイストな裏声を使い分けることで強烈な個性を生み出しているが、演奏陣もなかなか独特なサウンドと複雑な曲展開を生み出しているのも注目だ。

ブラック・サバスや当時のNWOBHMシーンからの影響を感じるが、さらにプログレッシヴ・ロック並に曲が展開しまくるから今聴いてもそのインパクトは非常に強い。最初から最後まで妖しい雰囲気満載で捨て曲も無いから耳が釘付けだ。この独特な雰囲気は後のブラック・メタルにも多大な影響を与えました。

Mercyful Fate マーシフル・フェイト Don't Break The Oath

メンバー
・King Diamond (vo)
・Hank Shermann (g)
・Michael Denner (g)
・Timi "Grabber" Hansen (b)
・Kim Ruzz (ds)

Don't Break The Oath

1984年

1. A Dangerous Meeting
2. Nightmare
3. Desecration Of Souls
4. Night Of The Unborn
5. The Oath
6. Gypsy
7. Welcome Princess Of Hell
8. To One Far Away
9. Come To The Sabbath
10. Death Kiss [Demo]

2ndアルバム。北欧メタルの特集が組まれれば必ず上がる名盤だ。サウンド・プロダクションが良くなったがちょっとサウンドが派手過ぎるような気がする。しかし、雰囲気や出来はこれぞマーシフル・フェイトと言えるものだ。若干普通の80年代メタルにもなっているような気がするが、曲の展開や独特のメロディは流石で勢いもあって良い。

一番印象に残るのは5曲目で、素晴らしい曲展開、メロディ、世界観が凝縮されている。演奏陣のなかなかテクニカルなプレイも注目。9曲目は後半がもうプログレと言える曲展開でなかなか圧巻だ。ボーナス・トラックの10曲目は1曲目の初期バージョンだ。初期バージョンのほうはキングは裏声控えめで、曲調や雰囲気がエンジェル・ウィッチぽくて凄くいい。この初期のボーカル・スタイルでいろいろ聴いてみたい気もする。

Mercyful Fate マーシフル・フェイト The Beginning

メンバー
・King Diamond (vo)
・Hank Shermann (g)
・Michael Denner (g)
・Timi "Grabber" Hansen (b)
・Kim Ruzz (ds)

The Beginning

1987年

1. Doomed By The Living Dead
2. A Corpse Without Soul
3. Nuns Have No Fun
4. Devil Eyes
5. Curse Of The Pharaohs (BBC Radio 1 Session)
6. Evil (BBC Radio 1 Session)
7. Satan's Fall (BBC Radio 1 Session)
8. Black Masses
9. Black Funeral (Demo)

1982年に発表した自主制作EP盤「Mercyful Fate」にレア音源を追加した企画盤。バンドはすでに解散していたが、キング・ダイアモンドのソロ活動の成功もあってバンドが消滅しても人気は続いてました。

1曲目から4曲目までがEP盤の曲で、たった2日間のレコーディングだったためメンバーの満足の行く出来にならなかったのだが、音をあまり重ねられてないストレートで生々しい音はまた違った魅力を感じる。

5曲目から7曲目までがBBC音源で、ラジオ用に録音された物なのでこちらも生々しい音で楽しめる。しかも1stアルバム制作前の録音だ。ちょっとライヴ感があるのと、音の加工が少ないので良い荒さがある。

広告