MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
メロディアスハード
Millenium

Millenium (ミレニアム)

Millenium ミレニアム Angelfire

メンバー
・Todd Plant (vo)
・Ralph Santolla (g)
・Shane French (g)
・Manfred Binder (b)
・Oliver Hanson (ds)

Angelfire

1999年

1. Nations [Instrumental]
2. Shaman
3. Beyond the Pain
4. Until the End of Time
5. Angelfire
6. Heaven Sent
7. Julia
8. Bound for Glory
9. Run
10. Waiting for Godot
11. Remember
12. Saving Grace
13. Color of Night
14. Hide Behind My Face
15. Dawn [Instrumental]

ラルフ・サントーラが率いるアメリカのバンド、ミレニアムの2ndアルバム。前身のEYEWITNESSから発展していったバンドで、ドラマティック、かつ叙情的なメロディアスハードで高い評価を得てます。

まず「Shaman」は哀愁メロディーの洪水が恐ろしいほど押し寄せる超名曲。トッド・プラントの素晴らしい歌唱力と、ラルフのヘヴィかつメロディックなギターが神秘的だ。これほどメロディーの優れた曲はなかなか無い。完璧すぎて初めて聴いたとき鳥肌がすごく立ちました。

「Beyond The Pain」はギターリフがマイケル・シェンカーの影響を感じる。これまたすばらしい哀愁メロディーが聴ける曲だ。続く「Until The End Of Time」「Angelfire」も哀愁メロディーがたっぷりなので参ってしまう。「Heaven Sent」で天国へ着いたといったところだろうか。ギターソロのメロディーが素晴らしすぎて涙が出てしまう。この素晴らしいメロディーはいったいどこから出てきたのだろうか?。

ここで「Julia」の優しさの漂うメロディーのバラードで落ち着きを取り戻す。トッド・プラントの伸びやかな声が非常に素晴らしいです。「Bound For Glory」でようやくストレートなハードロックになるのだが、こういうのもメロディーがしっかりしている。「Run」は唯一の疾走曲で、TENやボブ・カトレイでやりそうな壮大な雰囲気の曲だ。この曲もメロディーが素晴らしすぎて感動できる。ラルフのテクニカルかつメロディアスなギターは最高過ぎる。「Remember」はゴスペルでトッド・プラントの素晴らしい歌声だからこそできた曲だろう。

後半も質の高いハードロックだが、最高のメロディアスハードが続いたためインパクトに欠ける。このアルバムは奇跡と言っていいほど素晴らしいです。

Millenium ミレニアム Hourglass

メンバー
・Jorn Lande (vo)
・Ralph Santolla (g)
・Shane French (g)
・Manfred Binder (b)
・Oliver Hanson (ds)

Hourglass

2000年

1. Power to Love
2. Wheels Are Turning
3. Hourglass
4. No More Miracles
5. Superstar
6. Rocket Ride
7. I Will Follow
8. I Still Believe
9. Masquerade
10. Chasing Time

3rdアルバム。残念なことにトッド・プラントが脱退したが、新たに加入したのは実力派シンガーのヨルン・ランデでした。ヨルンは当時はまだ無名に等しかった存在でした。前作は叙情的なメロディーの美しい作品でしたが、この作品では産業ロック寄りで明るい曲が主です。

まず「The Power To Love」は明るいメロディーの疾走曲。ヨルンのハイトーンなボーカルが素晴らしく、ラルフのテクニカルでメロディアスなギターも光っている。曲の展開がプログレ的でドラマティックです。キャッチーな曲「Wheels Are Turning」を挟んでタイトル曲「Hourglass」は正統派HR/HMな曲。ヨルンのボーカルが非常にパワフルです。「Superstar」は産業ロック的でポップだが哀愁のあるメロディーもある。「I Will Follow」はややブルージーなバラードでボーカルとギターも渋い。これがなかなかいい曲です。「Masquerade」は前作のような叙情メロディーのハードロック。これ聴くともっとこういう曲をやってほしかったと思う。この曲の終わりの数十秒後はシークレット・トラックで、JEFFERSON STARSHIPの曲「Jane」。いい曲なのでちゃんと切って入れて欲しかったですね。

この作品は前作よりはインパクトは無いが、これもなかなかクオリティの高い作品です。産業ロックな感じが好きな方はこちらを。

関連アーティスト

Jorn

広告