MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ヘヴィメタル
Mind Odyssey

Mind Odyssey (マインド・オデッセイ)

Mind Odyssey マインド・オデッセイ Nailed To The Shade

メンバー
・Mario LeMole (vo, g)
・Victor Smolski (g)
・Jan-Michael Keller (b)
・Andreas Dirksmeier (key)
・Volker Schultz (ds)

Nailed To The Shade

1998年

1. Overture - Ascending to Heaven
2. Nailed to the Shade
3. In the Dark
4. Gone
5. No Religion
6. Apollo 13
7. Confide in You
8. Not with Me
9. Memories
10. St.George And The Dragon (Bonus Track)

ドイツのプログレッシブ・メタル・バンド、マインド・オデッセイの3rdアルバム。ギターにRAGEでの活躍で知られるテクニカルなギタリスト、ヴィクター・スモールスキを迎えバンドはついに完成した。

まずタイトル曲「Nailed To The Shade」はミステリアスな雰囲気が漂っているメロディックな曲でプログレ的な展開は若干あり。「In The Dark」は疾走曲でヴィクターのテクニカルなプレイはなかなかインパクトがある。「Gone」はプログレ的な展開の曲。バラードからファンキーなロックになるかと思いきやパワー・メタルに。ギター・ソロはクラシカルなプレイでキメている。

名曲「Apollo 13」は緊張感のある雰囲気だが、サビはとてもメロディック。間奏のギターVSキーボード的なプレイも素晴らしい。「Confide In You」はアコギを使ったバラード曲でなかなか美しい。「Not With Me」はヘヴィな曲で、間奏のギターVSキーボードは前曲より熱くテクニカル。「Memories」はけっこうヘヴィネスな曲だがメロディックで所々プログレ的でおもしろい。

ラストはTOTOのカヴァー「St.George And The Dragon」で、「Memories」の後に長い無音が入ってるのでおまけ程度なんでしょう。アルバムはどの曲も素晴らしく捨て曲は無いです。RAGE聴いてる方々はMind Odysseyも是非聴いて頂きたい。

Mind Odyssey マインド・オデッセイ Signs

メンバー
・Mario LeMole (vo, g)
・Victor Smolski (g)
・Jan-Michael Keller (b)
・Andreas Dirksmeier (key)
・Volker Schultz (ds)

Signs

1999年

1. Fountain of Music
2. Men of No Return
3. Golden Age
4. In the Picture
5. Slaves of the Desert
6. Born Bastards
7. Welcome Demon
8. Signs
9. The Liar

4thアルバム。プログレ色は薄れているがギターは前作に続きヴィクター・スモールスキなのでテクニカルなギターは満載。残念なことは音質があまり良くないことです。この後、ボーカルのマリオが耳の病気のためバンドは一旦解散してます。

まずは「Men Of No Return」はメロディックな疾走曲で、歌やギターが分かりやすいメロディーになっている。「Golden Age」もメロディックな疾走曲で、サビは哀愁があっていい感じです。ギターソロはクラシカルですね。「In The Picture」はドラマティックな展開の曲でこれもなかなかメロディック。ヴィクターの泣きのギターはけっこう美しい。「Slaves Of The Desert」はサントラ的な感じのミステリアスな雰囲気なので歌が入ってなくても聴けそう。「Welcome Demon」はヘヴィな曲だがサビはなかなかメロディック。「Signs」は前半はバラードで中盤からプログレ的な展開に。バラードな部分はけっこう美しい。「The Liar」はポップな要素とヘヴィな要素が入り交じっており、ちょっと爽快な雰囲気がある。

広告