MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ハードロック
Mountain

Mountain (マウンテン)

Information

アメリカのハードロック・バンド、マウンテン。巨漢ギタリスト、レズリー・ウェストと、クリームのプロデューサー、フェリックス・パッパラルディを中心に結成。グランド・ファンクと並んで初期アメリカン・ハードロックを代表するバンドです。その時代の周りのミュージシャンや後のHR/HMミュージシャンに多大な影響を与えました。

Mountain マウンテン Climbing

メンバー
・Leslie West (vo, g)
・Felix Pappalardi (b, vo)
・Steve Knight (key)
・Corky Laing (ds)

Climbing!

邦題「勝利への登攀」1970年

1. Mississippi Queen
2. Theme from an Imaginary Western
3. Never in My Life
4. Silver Paper
5. For Yasgur's Farm
6. To My Friend
7. Laird
8. Sittin' on a Rainbow
9. Boys in the Band

[Bonus track]
10. For Yasgur's Farm (Live)

2ndアルバム。まず「Mississippi Queen ( ミシシッピー・クイーン )」はバンドの代表曲。インパクトのあるイントロのヘヴィなリフにはいつ聴いてもゾクゾクする。図太いハードロックの名曲で映画「イージーライダー」のサントラにも収められた。「Never In My Life ( 君がすべて )」はヘヴィなミドル・ナンバー。粘りのあるヘヴィなギターとパワフルなレズリーの声が強烈だ。「Silver Paper ( 銀色の紙 )」はメロウなハードロック。「For Yasgur's Farm ( ヤスガーの農場 )」は哀愁漂うハードロック・バラードの名曲。メロディーのセンスも良いものを持っているとこも素晴らしいです。「To My friend ( 友達のために )」はアコギの曲で、こちらでの表現力も素晴らしい。ハードロックだけの男でないことが分かるはずだ。最後は「Boys In The Band ( バンドの少年 )」の切ないメロディーの曲。捨て曲無くどれも素晴らしいので、初期ハード・ロックを求めてる人は必ず通るべきでしょう。

Mountain マウンテン Nantucket Sleighride

メンバー
・Leslie West (vo, g)
・Felix Pappalardi (b, vo)
・Steve Knight (key)
・Corky Laing (ds)

Nantucket Sleighride

1971年

1. Don't Look Around
2. Taunta (Sammy's Tune)
3. Nantucket Sleighride (To Owen Coffin)
4. You Can't Get Away!
5. Tired Angels (To J.M.H.)
6. Animal Trainer and the Toad
7. My Lady
8. Travellin' in the Dark (To E.M.P.)
9. Great Train Robbery

[Bonus track]
10. Travellin' in the Dark (To E.M.P.) (Live)

3rdアルバム。大きな変化は感じられないかもしれないが、完成度が高まってます。「Don't Look Around」はアップテンポのヘヴィなナンバー。シンプルだがヘヴィでインパクトのあるギター、爆発するかのようなドラム、そしてレズリー・ウェストの叫びのような歌が強烈です。ルーツ・オブ・ヘヴィ・メタルの一つですね。「Taunta」は切ないメロディーのインスト曲で、名曲「Nantucket Sleighride ( To Owen Coffin )」へと繋がる。悲しげな雰囲気が漂っており、プログレ的な展開もあるので非常に印象に残る。「Travellin' In The Dark ( To E.M.P. )」邦題「暗黒への旅路」はメロディックでヘヴィな名曲。タイトル通りのイメージが再現できており、なかなか深みのある曲です。

Mountain マウンテン Twin Peaks

メンバー
・Leslie West (vo, g)
・Felix Pappalardi (b, vo)
・Bob Mann (key, g)
・Alan Schwartzberg (ds)

Twin Peaks

邦題「異邦の薫り(ライヴ・イン・ジャパン)」1974年

[Disc 1]
1. Never in My Life
2. Theme for an Imaginary Western
3. Blood of the Sun
4. Guitar Solo
5. Crossroader
6. Mississippi Queen
7. Silver Paper
8. Roll over Beethoven

[Disc 2]
1. Nantucket Sleighride

マウンテンは解散したのだが、ウェストとレイングは元クリームのジャック・ブルースと共にウェスト・ブルース&レイングを結成し、来日公演する予定だった。しかし、ブルースが急病のため、なぜか急遽マウンテンが再結成されたのだ。だがレイングも参加せず別の者が務めたが最高のライブとなった。録音状態は良く、マウンテンの真のサウンドをすごく実感することができるライブ・アルバムの名盤です。

まずは2ndより「Never In My Life ( 君がすべて )」の圧倒されるミドル・テンポのハード・ロック。スタジオ以上にヘヴィなので音量を上げるとスピーカーが破れそうな音になる。

「Blood Of The Sun」は1stアルバムの曲でサイケ色が残るヘヴィ・ロック。ライブのみのギターソロでは哀愁たっぷりのメロディーと、ワイルドでヘヴィなリフをたっぷり楽しませてくれる。テクニカルなものではないが、一音一音に魂のこもったレズリー・ウェストらしいギターソロだ。このライブは夏の時のものだが、なぜか「ジングル・ベル」を奏でてる。

「Mississippi Queen ( ミシシッピー・クイーン )」はスタジオ以上にギターが暴れるサウンドを出している。「Silver Paper ( 銀色の紙 )」は私のお気に入りの曲の一つで、これが入ってるのが非常にうれしい。のんきな雰囲気とキャッチーなメロディーだが、けっこうハードなサウンドがいい。チャック・ベリーの曲をマウンテン風にアレンジした「Roll Over Beethoven ( ベートーベンをぶっ飛ばせ )」。より豪快なサウンドはやっぱ素晴らしい。

「Nantucket Sleighride ( To Owen Coffin )」はこのライブでは30分弱という長さで展開される。インプロヴィゼーションではジミヘンの曲や日本の曲「さくら」が出てくる。パワーだけでなく高い演奏力を持っているマウンテンをじっくり楽しめます。

広告