MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ヘヴィメタル
Narita

Narita (ナリタ)

Narita 騒乱のナリタ

メンバー
・Brian Rich (vo)
・Mac Gaunaa (g)
・Henrik Poulsen (g)
・Chris D. Raikai (b)
・Alan White (ds)

Narita

邦題「騒乱のナリタ」1992年

1. Ivory Gates
2. Altar Of Freedom
3. Stonehenge
4. Ship Of 69
5. Forever Wonderin'
6. Don't Leave Me This Way
7. So Much For Life
8. Break The Ice
9. Say Your Prayers

デンマークのヘヴィメタル・バンド、ナリタの1stアルバム。バンド名はRIOTの2ndアルバムから取ったと思われます。マック・ガウナとヘンリック・ポールセンの速弾きギターバトルは北欧版レーサーXと言われるほどなかなかテクニカルで高速。ボーカルには助っ人でジャッカルのブライアン・リッチが参加。内容はネオクラシカルな正統派ヘヴィメタルだが、楽曲はちょっと地味で玄人好みかもしれない。

Narita Changes 激動のナリタ

メンバー
・Kenny Lubcke (vo)
・Mac Gaunaa (g)
・Henrik Poulsen (g)
・Chris D. Raikai (b)
・Allan Sorensen (ds)

Changes

邦題「激動のナリタ」1994年

1. Changes
2. Hold On
3. Stop The World
4. Bad Mother
5. What The Hell Is Going On?
6. One Of These Days
7. You Know It's Time
8. As Long As I'm Here (For You)
9. Truth Seeker
10. I Believe
11. Big Decision

2ndアルバム。専任ボーカルにケニー・リュプケを迎えている。基本前作の路線を進めた感じだが、クラシカルな要素はやや後退。しかしこの作品でもギターのスーパープレイが炸裂してます。北欧らしいメロディアスなヘヴィメタルだが、やや暗い雰囲気がある。完成度は非常に上がっており、前作同様に個々のプレイをじっくり聴きたくなる内容です。

Narita Life 運命のナリタ

メンバー
・Kenny Lubcke (vo)
・Mac Gaunaa (g)
・Henrik Poulsen (g)
・Allan Sorensen (ds)

Life

邦題「運命のナリタ」1996年

1. I'm So Blind
2. Second Chance
3. Life
4. Borrowed Time
5. White Man's Law
6. Where's The Wonder
7. Tough Criminal
8. After You're Gone
9. How Come I
10. Talking To The World

3rdアルバム。メジャーな正統派ヘヴィメタルな作風にチェンジ。よりメロディアスで聴きやすいです。「I'm So Blind」はまるでプリティー・メイズのような疾走曲。メロディックでパワフルです。哀愁メロディー溢れる「Second Chance」のような泣きのある曲はそれまでありませんでしたね。全体的にやはりミドル・テンポ主体だが、どれもメロディアス。初めに聴くならこの作品からがいいと思います。

広告