MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
プログレッシブ・ロック
New England

New England (ニュー・イングランド)

New England ニュー・イングランド Explorer Suite 果てしなき冒険

メンバー
・John Fannon (g, vo)
・Gary Shea (b)
・Jimmy Waldo (key, vo)
・Hirsh Gardner (ds, vo)

Explorer Suite

邦題「果てしなき冒険」1980年

1. Honey Money
2. Livin' in the Eighties
3. Converstation
4. It's Never Too Late
5. Explorer Suite
6. Seal It with a Kiss
7. Hey You're on the Run
8. No Place to Go
9. Searchin'
10. Hope
11. You'll Be Born Again

アメリカン・プログレ・ハードの名盤のひとつ、ニュー・イングランドの2ndアルバム。プログレッシブな要素は少ないので、AORやメロディアスハードに近い感じです。前作以上にメロディアスで完成度も高く捨て曲無しです。

まず「Honey Money」は哀愁漂うメロディアスなロック。「Livin' In The Eighties」はエッジの聴いたギターだが、明るくキャッチーなハードロック。「Conversation」はアコースティック・ギターによるソフト・ロック。「It's Never Too Late」はキーボードを全面に出したこれまたキャッチーなハードロック。「Explorer Suite」はプログレ・ハードの名曲。ドラマティックな展開と、キーボードのクラシカルで美しいメロディーが非常に素晴らしいです。メロディアスハードが好きな人ならすごく感動するでしょう。「Seal It With A Kiss」はNWOBHMを意識したかのような疾走曲。これも非常にメロディーが良い。キャッチーな曲が続いて「Hope」は泣きのバラード。これがこの作品のもうひとつの聴き所。後半の泣きのギターが非常に素晴らしいです。

時代に埋もれた隠れた名盤ですね。3rdアルバム発表後、バンドは解散し、Jimmy Waldo と Gary Shea はグラハム・ボネットと共にAlcatrazz(アルカトラス)を結成します。

関連アーティスト

Alcatrazz

広告