MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ヘヴィメタル
Nocturnal Rites

Nocturnal Rites (ノクターナル・ライツ)

Information

スウェーデンのヘヴィメタル・バンド、ノクターナル・ライツ。結成当初はデスメタル・バンドだったらしいが、メロディック・パワー・メタルに路線変更。初期はハロウィンをベースにしたパワー・メタルだったが、ボーカルの交代と同時に現代的なヘヴィメタルにサウンドを変えた。現在もサウンドをじょじょに変えつつクオリティの高い作品を出し続けてます。

Nocturnal Rites Tales of Mystery and Imagination

メンバー
・Anders Zackrisson (vo)
・Fredrik Mannberg (g)
・Nils Norberg (g)
・Nils Eriksson (b)
・Mattias Bernhardsson (key)
・Ulf Andersson (ds)

Tales of Mystery and Imagination

1997年

1. Ring of Steel
2. Dark Secret
3. Test of Time
4. Lost in Time
5. The Vision
6. Warrior's Return
7. Change the World
8. Pentagram
9. Eye of the Demon
10. End of the World
11. Curse
12. Burn in Hell

2ndアルバム。ボーカルがアンダース・ザックリソンの時代は3rdが名盤とされてるが、曲はこの2ndのほうが好みとする者は多い。真似な部分が多いがメロディーはノクタらしく良いものが多いです。完成度はちょっと低いが、メロパワ好きな人は必ず気に入ると思います。

まずはハロウィン節的な「Ring Of Steel」はクラシカルな面もあって良いが、バンドはまだ未熟なためインパクトが弱い。しかし曲はなかなか素晴らしいですね。「Test Of Time」はアイアン・メイデンのようなイントロだが、哀愁のあるミディアム・テンポの曲。北欧らしい透明感のある曲でなかなか素晴らしい。「Lost In Time」はこれはとてもアイアン・メイデン的な疾走曲で、北欧的によりメロディックにした感じがとてもいい。ツイン・リードやサビのメロも最高ですね。「The Vision」はクラシカルでメロディックな曲。イントロのギターが奇麗でいいが、サビメロはハロウィン入っている感じだ。「Change The World」は若干ポップな疾走曲で明るい雰囲気の曲。サビがキャッチーで覚えやすく、クラシカルなプレイもあるのでこれはなかなか素晴らしい。「End Of The World」はイングヴェイ的な疾走曲で、メロディーはノクタらしく耳に心地良い。「The Curse」はツイン・リードが美しい曲だが、正統派的で若干地味な曲かもしれないが好きなタイプの曲です。ボーナストラックの「Burn In Hell」は疾走感たっぷりの曲で、あと一歩な感じだったためかボーナストラック扱いなのでしょう。

Nocturnal Rites The Sacred Talisman

メンバー
・Anders Zackrisson (vo)
・Fredrik Mannberg (g)
・Nils Norberg (g)
・Nils Eriksson (b)
・Mattias Bernhardsson (key)
・Owe Lingvall

The Sacred Talisman

1999年

1. Destiny Calls
2. The Iron Force
3. Ride On
4. Free at Last
5. Hold on to the Flame
6. Eternity Holds
7. When Fire Comes to Ice
8. The Legend Lives On
9. The Ring's Command
10. Unholy Powers (Night of the Witch)
11. Glorious
12. The Journey Through Time (Bonus Track)

3rdアルバム。前作より楽曲のクオリティが上がり、オリジナリティも増してますがまだまだハロウィン節が多いです。疾走曲も多いので、メロディック・パワー・メタルが好きな人の間ではすごく評判がいいです。このアルバムをノクタの中では一番の名盤と呼ぶ人は多い。

「Destiny Calls」「Ride On」などの疾走曲はまあまあオリジナリティがあるが、「Hold On To The Flame」はかなりハロウィン節。3連譜の「Free At Last」もサビがハロウィン節。「Unholy Powers (Night Of The Witch)」は疾走感のあるギターと1980年代的なメロディーがなかなかいいです。

Nocturnal Rites Afterlife

メンバー
・Jonny Lindkvist (vo)
・Fredrik Mannberg (g)
・Nils Norberg (g)
・Nils Eriksson (b)
・Mattias Bernhardsson (key)
・Owe Lingvall

Afterlife

2000年

1. Afterlife
2. Wake up Dead
3. The Sinners Cross
4. Hell and Back
5. The Sign
6. The Devil's Child
7. Genetic Distortion Sequence
8. Sacrifice
9. Temple of the Dead
10. Hellenium
11. Okahoo (Bonus Track)

4thアルバム。ハロウィンっぽいバンドから現代的なパワー・メタルへの変貌は確かに戸惑うかもしれない。前作のタイプを非常に好む人が「Afterlife」でがっかりするのは良く分かるが、これを駄作としてはいけない。ヘヴィなサウンドの中にもメロディックな部分はけっこう残っていますし、なかなか聴きごたえがあります。

1曲目「Afterlife」は非常にヘヴィで驚くが、曲はとてもメロディック。ジョニーのボーカルは前ボーカルより歌唱力がある。「Wake Up Dead」「The Devil's Child」なども歌メロが良くジョニーのボーカルが光りますね。全体的にかなりヘヴィで重苦しい雰囲気があるが、メロディーの良さは失われてないのでいい作品です。

Nocturnal Rites Shadowland

メンバー
・Jonny Lindkvist (vo)
・Fredrik Mannberg (g)
・Nils Norberg (g)
・Nils Eriksson (b)
・Mattias Bernhardsson (key)
・Owe Lingvall

Shadowland

2002年

1. Eyes Of The Dead
2. Shadowland
3. Invincible
4. Revelation
5. Never Die
6. Underworld
7. Vengance
8. Faceless God
9. Birth Of Chaos
10. The Watcher
11. The Iron Force (Bonus Track)

ヘヴィ路線を押し進めた5thアルバム。サウンドは前作より引き締まっていて、楽曲の完成度は増している。「Eyes Of The Dead」は正統派らしいサウンドで、メロディーはとても北欧的。この作品の色を決定づけてる曲です。タイトル曲「Shadowland」はサビのメロディーが力強くなかなかインパクトがある。パワー・メタルな「Revelation」「Vengeance」はちょっと印象に残りづらいかも。この作品はとくに捨て曲は無く完成度も高いので、ヘヴィ路線の最高傑作だと思います。

Nocturnal Rites New World Messiah

メンバー
・Jonny Lindkvist (vo)
・Fredrik Mannberg (g)
・Nils Norberg (g)
・Nils Eriksson (b)
・Owe Lingvall

New World Messiah

2004年

1. New World Messiah
2. Against the World
3. Avalon
4. Awakening
5. Egyptica
6. Break Away
7. End of Days
8. The Flame Will Never Die
9. One Nation
10. Nightmare
11. Another Storm (Bonus Track)

6thアルバム。ハロウィン路線が若干戻ってるような気がする。大きな前進はないものの、良質なメロディーが豊富なので良い作品です。

タイトル曲「New World Messiah」はヘヴィだが、前作よりもメロディックな疾走曲。「Avalon」はサビがハロウィン的でキャッチーなメロディーの疾走曲。ドラマティックなパワー・メタルの「Awakening」なんかはこのアルバムのなかでは一番いい出来ではないだろうか?。前作の曲のような「Break Away」はこれぞ正統派と言える曲でパワフルかつドラマティック。メランコリックな「The Flame Will Never Die」はサビのメロディーがなかなか美しい。「Nightmare」はこれまた前作に入っていてもおかしくない正統派な曲で、終曲に相応しい。メロディアスでジョニーのパワフルな声が光る。ボーナストラックの「Another Storm」はインペリテリがやりそうな感じで80年代的な曲なのでノクタにしては珍しいかな?。

Nocturnal Rites Grand Illusion

メンバー
・Jonny Lindkvist (vo)
・Fredrik Mannberg (g)
・Nils Norberg (g)
・Nils Eriksson (b)
・Owe Lingvall

Grand Illusion

2005年

1. Fools Never Die
2. Never Trust
3. Still Alive
4. Something Undefined
5. Our Wasted Days
6. Cuts Like a Knife
7. End of Our Rope
8. Never Ending
9. One by One
10. Deliverance
11. Fade Away (Bonus Track)
12. Under The Ice (Bonus Track)

7thアルバム。良質なメロディーが詰まっているものの、ちょっと決定打に欠けるかもしれない。大半がミドル・テンポでパワー・メタルを好む人にはちょっと退屈かもしれないが、前作よりもメロディアスなのは確かです。

Nocturnal The 8th Sin

メンバー
・Jonny Lindkvist (vo)
・Fredrik Mannberg (g)
・Nils Norberg (g)
・Nils Eriksson (b)
・Owe Lingvall

The 8th Sin

邦題「第八の罪」2007年

1. Call out to the World
2. Never Again
3. Not the Only
4. Tell Me
5. Not Like You
6. Leave Me Alone
7. Till I Come Alive
8. Strong Enough
9. Me
10. Coming Home (Bonus Track)
11. Pain & Pleasure
12. Fools Parade

8thアルバム。メタルから若干メロディアスハード寄りになったかと感じさせられる。パワー・メタル的なものはないが曲が非常にメロディアスになり、ジョニーの歌唱力が非常に活かされている。

1曲目の「Call Out To The World」のサビがなかなかキャッチーで看板的に目立つが、どの曲もクオリティーが高くメロディーがほんとに素晴らしい。ハイライトはピアノのみをバックで歌う「Me」でしょう。非常に美しいバラード曲で、ジョニーの声に鳥肌が立ちます。この作品は間違いなく名盤ですね。

広告