MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ヘヴィメタル
Obsession

Obsession (オブセッション)

Information

歌うマーシャル・アンプこと、マイク・ヴェセーラが最初にいたバンド、オブセッション。ストレートで正統派なヘヴィメタル・バンドだったが軌道に乗れずメンバーが脱退していき、マイクがラウドネスの二井原実の後任として決まったことにより解散。その後、マイクはイングヴェイのバンドと渡り歩き、ソロやプロジェクトの活動を行う中でオブセッションが復活。断続的だが作品を出してます。

Obsession Methods of Madness

メンバー
・Michael Vescera (vo)
・Art Maco (g)
・Bruce Vitale (g)
・Matt Karagus (b)
・Jay Mezias (ds)

Methods of Madness

1987年

1. Four Play/Hard To The Core
2. High Treason
3. For The Love Of Money
4. Killer Elite
5. Desperate To Survive
6. Methods Of Madness
7. Too Wild To Tame
8. Always On The Run
9. Panic In The Streets
10. Missing You
11. Waiting For Your Call

2ndアルバム。マイクのその後の活躍により知られることになるバンドだが、興味を持って入手する人は僅かだろう。密かにUSメタルの(大を付けたくなる)名盤なのだ。凄腕ギタリストとの活動もいいが、やっぱマイクはオブセッションが一番だと思う。

前作と同じ正統派メタル路線メジャーだがメジャー感が増していて、あとギターのツイン・リードを活かしたプレイも増えていてよりメロディックになったかと思う。スタジオでは完璧のマイクのボーカルがギターを圧倒する声で非常に素晴らしい。ラウドネスやイングヴェイの時よりもメタル・ボーカルらしさを発揮できてるかと思う。

Obsession Carnival Of Lise

メンバー
・Michael Vescera (vo)
・John Bruno (g)
・Scott Boland (g)
・Chris McCarvill (b)
・Jay Mezias (ds)

Carnival Of Lise

2006年

1. Smoking Gun
2. Carnival of Lies
3. In for the Kill
4. Playing Dead
5. Imagining
6. Offering
7. Pure Evil
8. I Don't Belong
9. Written in Blood
10. Guilty as Charged
11. Marshall Law (Bonus Track)
12. Panic in the Streets (Bonus Track)

再結成第1弾の3rdアルバム。メンバーがかなり代わってしまったが、嬉しいことにサウンドは1980年代的な正統派メタルな作りだ。メンバーの一覧見なけりゃオリジナルかと思ってしまうぐらいにうまく受け継いでいる。もう少し中盤に勢いが欲しいとこだが合格点でしょう。ボーナストラックには過去の曲のリメイクをやってます。

関連アーティスト

Loudness, Yngwie J. Malmsteen

広告