MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
スラッシュメタル
Onslaught

Onslaught (オンスロート)

Onslaught オンスロート The Force

メンバー
・Sy Keeler (vo)
・Nige Rockett (g)
・Jason Stallard (g)
・Paul Mahoney (b)
・Steve Grice (ds)

The Force

1986年

1. Let There Be Death
2. Metal Forces
3. Fight With the Beast
4. Demoniac
5. Flame of the Antichrist
6. Contract in Blood
7. Thrash Till the Death

UKスラッシュメタルを代表するバンド、オンスロートの2ndアルバム。同時期のスレイヤーと比べると、オンスロートのほうが若干、正統派メタル寄りな気がする。あとNWOBHMの雰囲気があるとこも特徴的だと思う。

ボーカルは1stではリズム・ギターのポール・マホニーが専任ボーカルだった。ポールはモーターへッドのレミーを意識した感じの声なので好みが分かれるかもしれない。新たに加入したサイ・キーラーのボーカルはポール・ディアノなタイプで、ハイトーンもいけるしなかなかうまい。

曲の展開や楽曲のクオリティも向上してるため、素晴らしい完成度になっているので最高傑作と言われてます。ファスト・ナンバーはもちろんカッコいいが、タイトル曲や6曲目などの正統派メタルな部分の出来も素晴らしい。スラッシュメタルの名盤のひとつでしょう。

Onslaught オンスロート In Search of Sanity

メンバー
・Steve Grimmett (vo)
・Nige Rockett (g)
・James Hinder (b)
・Steve Grice (ds)

In Search of Sanity

1989年

1. Asylum
2. In Search of Sanity
3. Shellshock
4. Lightning War
5. Let There Be Rock
6. Blood Upon the Ice
7. Welcome to Dying
8. Powerplay
9. Confused

3rdアルバム。レコード会社がサイ・キーラーを解雇してしまい、ボーカルになんとグリム・リーパーのスティーヴ・グリメットが加入。グリメットがスラッシュメタルを歌うのかと思ったら、オンスロートがグリム・リーパー寄りになったのだから面白い。

グリメットのボーカル・スタイルは変えず、バンドのサウンドはメロディックで正統派寄りになった。ザクザクとしたリフや、スラッシュな曲は残っているのでスラッシュメタルとしてもちゃんと楽しめる。AC/DCのカヴァーの5曲目と、メロディアスなバラード調の7曲目なども良いので聴き所です。

曲の完成度はどれも素晴らしく、バンドの最大のヒット作にもなりました。しかし、バンドの内部問題が発生し、グリメットはすぐ脱退してしまい、バンドはその後しばらくして解散。復活後は通常のスラッシュサウンドに戻りました。

Onslaught オンスロート VI

メンバー
・Sy Keeler (vo)
・Nige Rockett (g)
・Andy Rosser (g)
・Jeff Williams (b)
・Michael Hourihan (ds)

VI

2013年

1. A New World Order
2. Chaos Is King
3. Fuel for My Fire
4. Children of the Sand
5. Slaughterize
6. 66'Fucking'6
7. Cruci-Fiction
8. Dead Man Walking
9. Enemy of My Enemy
10. Shellshock (Re-Recorded)
11. Metal Forces (Re-Recorded)

6thアルバム。バンドが復活してから3枚目となるが、その中では今のところ一番初期に近づいたと思える。サイ・キーラーのボーカルは今でもパワフル。ギターのサウンドは過去最高と言えるほど良い音でリフはザクザクだ。スピード・ナンバーは相変わらず素晴らしいが、ミドル・ナンバーも定評があるのでそこにも注目してほしい。作曲のセンスの良さが分かるはずだ。

ボーナストラックはなんとスティーヴ・グリメット在籍時の曲と、2ndの名曲の再録だ。これがなかなか素晴らしい出来で、全部再録してほしいぐらいです。このバンドはベテラン勢の中では一番勢いがあると思います。

関連アーティスト

Grim Reaper

広告