MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ヘヴィメタル
Quartz

Quartz (クォーツ)

Quartz クォーツ Stand Up And Fight

メンバー
・Mike Taylor (vo)
・Mike Hopkins (g)
・Geoff Nicholls (g, key)
・Derek Arnold (b)
・Malcolm Cope (ds)

Stand Up And Fight

1980年

1. Stand Up And Fight
2. Charlie Snow
3. Can't Say No To You
4. Revenge
5. Stoking Up The Fires Of Hell
6. Rock 'n Roll Child
7. Questions
8. Wildfire
9. Circles (Bonus Track)

2ndアルバム。前作はシン・リジィや最初期のジューダス・プリーストからの影響を感じさせるものだったが、時代から考えるとなかなかヘヴィなサウンドであった。この作品ではNWOBHMを意識してか全編ソリッドでより骨太なHR/HMサウンドになっている。

非常に男臭く熱い熱気漂いそうな楽曲が並び、前作にあったメロディックな要素が減少してるのは残念だが玄人が好みそうなNWOBHMサウンドは素晴らしい。アルバムの中で唯一の疾走曲「Questions」はサクソンぽくてかっこいい。全体的に地味めな作品ではあるが、たまに聴きたくなる魅力がある。

Quartz クォーツ Live Quartz

メンバー
・Mike Taylor (vo)
・Mike Hopkins (g)
・Derek Arnold (b)
・Malcolm Cope (ds)

Live Quartz

1980年

1. Street Fighting Lady
2. Good Times
3. Mainline Rider
4. Belinda
5. Count Dracula
6. Around & Around
7. Roll Over Beerhoven

2ndアルバムの曲は入ってないから、それ以前に収録したものかと思われる。2、4、5、7曲目は1stアルバム未収録なので貴重でしょう。1stアルバムにも収録されてる「Mainline Rider」はメロディックなツインリードが美しい1970年代型へヴィメタルで、ライヴでもツインリードを活かしたプレイが聴ける。これはぜひ聴いて欲しい名曲で、こういう曲をもっと作ってほしかった。「Count Dracula」はブラック・サバスのようなダークでヘヴィな曲で、こういったサウンドも捨てないで欲しかった。

Quartz クォーツ Against All Odds

メンバー
・Geoff Bate (vo)
・Mike Hopkins (g)
・Steve McLoughlin (b)
・Malcolm Cope (ds)

Against All Odds

1983年

1. Just Another Man
2. Madman
3. Too Hot To Handle
4. Hard Road
5. Tell Me Why
6. The Wake
7. Buried Alive
8. Silver Wheels
9. Love 'Em & Run
10. Avalon
11. It's Hell Livin' Without You

3rdアルバム。ボーカルとベースがメンバーチェンジしたためか、サウンドが骨太ハードロックからメロディックHR/HMになって当時のファンは困惑したらしい。それでもガッチリとしたハードロック・サウンドは残っている。カナダのトライアンフのような感じと言えば分かるだろうか。新たに入ったボーカルは艶やかな声のタイプで、メロディックな楽曲によく当てはまっている。

曲のクオリティはどれも高く個人的にはどれも名曲レベルと言いたい。哀愁メロディと泣きが満載なのでメロディアスハードが好きな人は必ず気に入るはず。ツイン・リード・ギターやシンセを取り入れたサウンドは煌びやかで、前作と比べると別のバンドを聴いてるかのようだ。7曲目だけは浮いてて、ブラック・サバスのパクリなのかオマージュなのか「Symptom Of The Universe」にそっくり。そういえば1stアルバムはトニー・アイオミのプロデュースだったから関係あるのかもしれない。

この作品のCD化(2009年)は非常に嬉しかったのだが、残念なことに8曲目にマスター起因による音飛びがある。まともに聴くにはアナログ盤かデモ音源集CD「Too Hot to Handle」しかない。

Quartz クォーツ Too Hot To Handle

Too Hot To Handle

2015年

1. Too Hot To Handle
2. Crack The Sky
3. Hard Road
4. Just Another Man
5. Silver Wheels
6. Frontline
7. Love 'em & Run
8. Madman
9. Buried Alive
10. The Lawman
11. Tell Me Why
12. Revelations
13. Avalon
14. Right Above Myself
15. Gold Digger
16. It's Hell Livin' Without You

1981年から1982年までのデモ音源集。3rdアルバムの曲がほとんど入ってるから比較が面白く、曲によってはこちらの加工の少ないデモ音源のほうが音がよかったりする(デモ音源なので音割れもある)。2、6、10、12、14、15曲目が未発表音源で、Mike Taylor がボーカルのものもある。3rdアルバムが手に入らない場合は代わりになるし、持ってたとしてもこれは必須アイテムである。

広告