MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ロック
Queen

Queen (クイーン)

Information

イギリスのロック・バンド。当時流行だったハード・ロックとプログレッシヴ・ロックの要素を持ち、それに理解ができなかった評論家からは酷評を食らっていました。作品を重ねるにつれ、ポップス的なメロディや重厚なハーモニー、多彩な曲の展開に磨きをかけていき人気を掴んでいきました。

Queen クイーン 1stアルバム

メンバー
・Freddie Mercury (vo)
・Brian May (g)
・John Deacon (b)
・Roger Taylor (ds)

Queen (1stアルバム)

邦題「戦慄の王女」1973年

1. Keep Yourself Alive
2. Doing All Right
3. Great King Rat
4. My Fairy King
5. Liar
6. The Night Comes Down
7. Modern Times Rock'n'Roll
8. Son And Daughter
9. Jesus
10. Seven Seas Of Rhye

1stアルバム。若干、時代相当の古臭い音はあるものの、クイーンらしい音作りは出来てるし方向性も定まっていた。しかし、契約上の問題でアルバム発表に1年以上待たされてしまい注目を浴びることはできませんでした。遅れたことと、当時のハードロック、プログレッシヴ・ロックからの影響が色濃いため批評家からはボロクソ言われてたらしい。

1972年というとレッド・ツェッペリン、ディープ・パープル、イエスなど多くの有名バンドが続々と名盤を出してた時期で、そのたった1年後だが「戦慄の王女」では勝負にならなかった。あの時代は凄いバンドが多すぎたのだ。

ということで本領発揮とは言えないと言っていいか分からないが、オーバーダビングによるギターオーケストラや重厚なコーラスはこの頃からなかなか圧巻。プログレな展開やハードロックの勢いもあり意外に楽しめる。テレビCMで流れるような名曲は無いが、どの曲も力強くよく作り込まれている。これを避けちゃ絶対もったいない作品です。

Queen クイーン 2ndアルバム

メンバー
・Freddie Mercury (vo)
・Brian May (g)
・John Deacon (b)
・Roger Taylor (ds)

Qeen II

1973年

1. Procession
2. Father to Son
3. White Queen (As It Began)
4. Some Day One Day
5. The Loser in the End
6. Ogre Battle
7. The Fairy Feller's Master-Stroke
8. Nevermore
9. The March of the Black Queen
10. Funny How Love Is
11. Seven Seas of Rhye

2ndアルバム。A面はブライアン・メイ中心のサイドホワイト(1〜5曲目)と、B面はフレディ・マーキュリー中心のサイドブラック(6〜11曲目)と白黒分けたコンセプト・アルバム。曲と曲の隙間を無くすような組曲風になっており、クイーンの作品の中では一番プログレ的な作品だと思う。

後のメロディのキャッチーさはまだ薄いが、良質なメロディが前作以上に多く完成度も高いので最高傑作と言う人の意見も間違いではないと思います。音があちこち飛び散るかのような作り込みなため、分析のため何度も聴きたくなる魅力がある。

「The March Of The Black Queen」は「Bohemian Rhapsody」タイプの曲で、曲の長さが凄く長い訳ではないが1曲に様々な展開が繰り広げられる豪華な曲だ。これがなかなか圧巻で個人的にはすごく好みだ。ヒット曲となった「Seven Seas Of Rhye」は1stアルバムでラストを飾るインスト曲だったが、こちらではボーカルを入れてリメイクされている。

Queen クイーン Sheer Heart Attack

メンバー
・Freddie Mercury (vo)
・Brian May (g)
・John Deacon (b)
・Roger Taylor (ds)

Sheer Heart Attack

1974年

1. Brighton Rock
2. Killer Queen
3. Tenement Funster
4. Flick of the Wrist
5. Lily of the Valley
6. Now I'm Here
7. In The Lap Of The Gods
8. Stone Cold Crazy
9. Dear Friends
10. Misfire
11. Bring Back That Leroy Brown
12. She Makes Me
13. In the Lap of the Gods (Revisited)

3rdアルバム。ポップでメロディックな「Killer Queen」がヒット曲となり、世界的に人気が出始めた。次作の下地になりそうな曲が多く、メロディはより親しみやすくなったかと思う。

メタリックな「Stone Cold Crazy」は、これは異色と言えるほどハードで浮いてるがカッコイイ。聴き所はやはりクイーンらしい曲の「In the Lap of the Gods」だろうか。見事なコーラスと曲の展開が素晴らしい。全体的に内容はやや薄く感じられるかもしれないが、それでも見事だ。

Queen クイーン A Night At The Opera オペラ座の夜

メンバー
・Freddie Mercury (vo)
・Brian May (g)
・John Deacon (b)
・Roger Taylor (ds)

A Night At The Opera

邦題「オペラ座の夜」1975年

1. Death on Two Legs
2. Lazing on a Sunday Afternoon
3. I'm in Love With My Car
4. You're My Best Friend
5. 39
6. Sweet Lady
7. Seaside Rendezvous
8. The Prophet's Song
9. Love of My Life
10. Good Company
11. Bohemian Rhapsody
12. God Save the Queen

大ヒット作となった4thアルバム。制作費がぐんと上がり、音質面がアップ。名曲「Bohemian Rhapsody」が入ってるのはこの作品だが、大曲の「The Prophet's Song」のコーラスワークも圧巻だ。

ハードな面は少なくなったが楽曲のバラエティは非常に豊富で、ポップス、カントリー、ディキシー・ジャズなどを取り入れ実験的とも言える内容かと思う。けっこうポップ色が強まっているので、玄人向けはやはり次作だろう。

Queen クイーン A Day At The Races 華麗なるレース

メンバー
・Freddie Mercury (vo)
・Brian May (g)
・John Deacon (b)
・Roger Taylor (ds)

A Day At The Races

邦題「華麗なるレース」1976年

1. Tie Your Mother Down
2. You Take My Breath Away
3. Long Away
4. The Millionaire Waltz
5. You and I
6. Somebody to Love
7. White Man
8. Good Old Fashioned Lover Boy
9. Drowse
10. Teo Torriatte

バンド初のセルフ・プロデュースの5thアルバム。アルバムカバーが前作と分けるかのように黒を下地に似たデザインになっている。やたら明るかった前作と比べ、こちらには初期にあった影がある。

楽曲のバラエティは前作ほど無いが玄人好みの作風で、プログレ的な要素が再び多くなったかと思う。メロディや曲の展開、エネルギッシュな演奏も良い。日本語歌詞を取り入れた「Teo Torriatte(手をとりあって)」は日本のファンを喜ばせた名曲だ。個人的にはこれが最高傑作だと思う。

Queen クイーン News Of The World 世界に捧ぐ

メンバー
・Freddie Mercury (vo)
・Brian May (g)
・John Deacon (b)
・Roger Taylor (ds)

News Of The World

邦題「世界に捧ぐ」1977年

1. We Will Rock You
2. We Are the Champions
3. Sheer Heart Attack
4. All Dead, All Dead
5. Spread Your Wings
6. Fight from the Inside
7. Get Down, Make Love
8. Sleeping on the Sidewalk
9. Who Needs You
10. It's Late
11. My Melancholy Blues

6thアルバム。時代はパンク・ブームが起こり始めていたため、プログレのような長い曲だったり難解な曲が嫌がれ始めていた。バンドもそれを感じ取ってかコーラスワークや曲の展開を減らし、シンプルな曲が大半を占めた。名曲があるものの、時代に押された感じが少し残念だ。

冒頭の2曲が有名過ぎるが、注目すべきは「Spread Your Wings」。ボーカルの厚いコーラスは無いがクイーンらしいメロディアスなバラード曲で、フレディの力強いボーカルがすごく良い。置き忘れのような感じでこの作品にあるのがなんかもったいない。

Queen クイーン The Game

メンバー
・Freddie Mercury (vo)
・Brian May (g)
・John Deacon (b)
・Roger Taylor (ds)

The Game

1980年

1. Play The Game
2. Dragon Attack
3. Another One Bites The Dust
4. Need Your Loving Tonight
5. Crazy Little Thing Called Love
6. Rock It
7. Don't Try Suicide
8. Sail Away Sweet Sister
9. Coming Soon
10. Save Me

8thアルバム。シンセサイザーを使用した映画「フラッシュ・ゴードン」のサウンド・トラックの制作時期が重なったためか、こちらでもシンセを使用している。シンプルですっきりとしたサウンドの曲が多いがインパクトのある曲が多い。名曲も多く、1980年代の素晴らしいスタートを切った作品です。

美しいメロディのバラード曲「Play The Game」から始まるのは異例かもしれないが、この曲はクイーンのバラード曲の中では個人的に1番だ。「Dragon Attack」でのブライアンの生々しい音のギターソロが渋くてカッコイイ。ヒット曲「Another One Bites The Dust(地獄へ道づれ)」はファンキーな曲で、印象的なベースラインと、パワフルなフレディのボーカルは一度聴いたら耳から離れない。もうひとつヒット曲「Crazy Little Thing Called Love(愛という名の欲望)」はこれまた異色でロカビリーな曲だ。これはネオロカビリーのブームを狙ったのだろうか? ラストのバラード曲「Save Me」はクイーンらしいメロディと厚いコーラスの曲だ。これがなかなか感動的でした。

広告