MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ヘヴィメタル
Queensryche

Queensryche (クイーンズライク)

Queensryche クイーンズライク デビューアルバム

メンバー
・Geoff Tate (vo)
・Chris DeGarmo (g)
・Michael Wilton (g)
・Eddie Jackson (b)
・Scott Rockenfield (ds)

Queensryche

1984年

1. Queen Of The Reich
2. Nightrider
3. Blinded
4. The Lady Wore Black

■Bonus Tracks
5. Nightrider [Live]
6. Prophecy [Live]
7. Deliverance [Live]
8. Child of Fire [Live]
9. En Force [Live]
10. Blinded [Live]
11. The Lady Wore Black [Live]
12. Warning [Live]
13. Take Hold of the Flame [Live]
14. Queen of the Reich [Live]

自主制作によるデビュー・ミニ・アルバム。後の作品と比べると劣るとこもあるが、英国的な正統派ヘヴィ・メタルで後の作品には無い魅力がある。ロブ・ハルフォードに匹敵するジェフ・テイトのハイトーンと、なかなかクオリティの高い楽曲にもうすでに完成されていたかと思われていたため注目を集めていました。リマスター盤は初来日時のライブ音源が追加され、ボリュームたっぷりです。

Queensryche クイーンズライク Warning

メンバー
・Geoff Tate (vo)
・Chris DeGarmo (g)
・Michael Wilton (g)
・Eddie Jackson (b)
・Scott Rockenfield (ds)

Warning

1984年

1. Warning
2. En Force
3. Deliverance
4. No Sanctuary
5. NM 156
6. Take Hold Of The Flame
7. Before The Storm
8. Child Of Fire
9. Roads To Madness

■Bonus Tracks
10. Prophecy
11. The Lady Wore Black (Live)
12. Take Hold Of The Flame (Live)

賛否両論となった1stアルバム。話題を呼んだデビューミニアルバムの印象からアイアン・メイデンやジューダス・プリーストの後継的なバンドになるだろうと思われていたため、1stは当時「あれ?」という反応だったらしい。今聴いても非常に満足できる作品なのだが成功には至らなかった。

曲にオペラ的な展開がありストレートなメタルと違って少し聴き手を選ぶような感じがある。楽曲のクオリティは高い。まだアイアン・メイデンやジューダス・プリーストをお手本にした感じが残っているが、荒さは少なくなり非常にまとまっている。このちょっと堅苦しい雰囲気があったため理解されるまで時間が掛かったのかもしれない。欠点はあるかもしれないが、それでもよく構築された楽曲はほんと素晴らしいです。

Queensryche クイーンズライク Rage For Order

メンバー
・Geoff Tate (vo)
・Chris DeGarmo (g)
・Michael Wilton (g)
・Eddie Jackson (b)
・Scott Rockenfield (ds)

Rage For Order

邦題「炎の伝説」1986年

1. Walk In The Shadows
2. I Dream In Infrared
3. The Whisper
4. Gonna Get Close To You
5. The Killing Words
6. Surgical Strike
7. Neue Regel
8. Chemical Youth (We Are Rebellion)
9. London
10. Screaming In Digital
11. I Will Remember

■Bonus Tracks
12. Gonna Get Close To You
13. The Killing Words
14. I Dream In Infrared (Acoustic Remix)
15. Walk In The Shadows (Live)

さらに独自の路線を追求した2ndアルバム。ブリティッシュ・メタルの影響を受けたサウンドから脱却し、バンドのサウンドはここで完成したかと思われる。次作が名作と言われる「Operation Mindcrime」があるためか影がちょっと薄い。しかし完成度は非常に高く個人的にはすごく好きな作品です。豊かなメロディーと、どこか影のある雰囲気は流石です。

メロディックな「Walk In The Shadows」はバンドの名曲中の名曲と言っていいでしょう。緊張感のある「The Killing Words」「Neue Regel」や正統派メタルな「The Whisper」「Surgical Strike」も非常に良い。「Screaming In Digital」はタイトルから想像できるとおりデジタルなサウンドを織り交ぜたなかなか繊細な曲となっている。当時としては実験的なサウンドは今となっては珍しくはないと思うのですが、けっこう斬新だったかもしれません。

Queensryche クイーンズライク Operation Mindcrime

メンバー
・Geoff Tate (vo)
・Chris DeGarmo (g)
・Michael Wilton (g)
・Eddie Jackson (b)
・Scott Rockenfield (ds)

Operation: Mindcrime

1988年

1. Remember Now
2. Anarchy-X
3. Revolution Calling
4. Operation: Mindcrime
5. Speak
6. Spreading The Disease
7. The Mission
8. Suite Sister Mary
9. The Needle Lies
10. Electric Requiem
11. Breaking The Silence
12. I Don't Believe In Love
13. Waiting For 22
14. My Empty Room
15. Eyes Of A Stranger

■Bonus Tracks
16. The Mission (Live)
17. My Empty Room (Live)

初のヒット作となった代表作の3rdアルバム。一つのストーリーを基に作り上げたこの一大コンセプト・アルバムは、バンドの表現力を最大限に発揮した作品です。曲と曲の間に台詞やサントラ的な曲を挟むことで緊張感のあるロック・オペラに仕上がってます。

序盤は盛り上がりに欠けるのだが、後半へ進むにつれ盛り上がるのはストーリーの流れを再現した結果だと思われる。まるで映画を観ているかのような展開です。音の作りや楽曲のクオリティも素晴らしいが、作品を理解してないと多分楽しめません。正統派メタルなものを求めてる人にはやはり後半にならないと飲み込めないでしょう。

この作品の成功によりいろんなメタルバンドが影響を受けたのかどうかわからないが、しばらくしてコンセプト・アルバムを出すバンドがけっこういたかと思います。

Queensryche クイーンズライク Empire

メンバー
・Geoff Tate (vo)
・Chris DeGarmo (g)
・Michael Wilton (g)
・Eddie Jackson (b)
・Scott Rockenfield (ds)

Empire

1990年

1. Best I Can
2. The Thin Line
3. Jet City Woman
4. Della Brown
5. Another Rainy Night (Without You)
6. Empire
7. Resistance
8. Silent Lucidity
9. Hand On Heart
10. One And Only
11. Anybody Listening?

■Bonus Tracks
12. Last Time In Paris
13. Scarbborough Fair
14. Dirty Lil Secret

バンドの最大のヒットとなった4thアルバム。コンセプトを持たずに作られたこの作品は楽曲のバラエティが豊富で、メランコリックな雰囲気漂う重みのある内容となった。あとメタル色が薄く、曲によってはメロディアスハード、AOR的な感じのサウンドになっている。楽曲のクオリティは相変わらず高いが、とくにこの作品はよく作り込んだらしい。

メロディックな曲が好きな人には「Another Rainy Night」「Hand On Heart」がおすすめだ。「Dirty Lil Secret」は珍しくブルージーな曲。とにかく全体的に雰囲気が重いのだが、完成度の高さに驚かされます。しかしジャケ絵のクオリティの低さだけは残念だ。

広告