MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ヘヴィメタル
Sabotage

Sabotage (サボタージュ)

Sabotage サボタージュ Rumore Nel Vento

メンバー
・Giancarlo Fintani (vo)
・Lenardo Milani (g)
・Andrea Fois (g)
・Enrico Caroli (b)
・Dario Caroli (ds)

Rumore Nel Vento

2008年

1. Rumore Nel Vento
2. Indios
3. La Musica Strana
4. Capriccio
5. Ombre
6. Bella Di Notte
7. War Machine
8. Eroi Del Tempo
9. Signore Della Morte
10. Killer Della Notte

イタリアのヘヴィメタル・バンド、サボタージュの未発表1stアルバム用のデモ音源。音は荒いものの、曲はどれも良く非常に正統派なヘヴィ・メタルです。 サウンドはもろNWOBHMで攻撃的なリフと時々ツイン・リード。 アイアン・メイデンやキッスあたりからの影響を感じますね。ボーカルはイタリア語で歌ってるせいかすごく情がこもった歌い方です。力込めて歌ってるのに荒々しさがないのはちょっと新鮮。

1曲目はタイトル曲「Rumore Nel Vento」。アイアン・メイデン的な疾走曲でストレートだがリフはなかなかインパクトがある。「Indios」はオーソドックスなミドル・テンポのヘヴィな曲。ギターソロ部分は3連符の疾走曲に変わる展開を聴かせてくれます。「La Musica Strana」はシャッフルのブリティッシュ的でいかにも80年代な曲。「Ombre」は泣きのバラードで後半は疾走曲にかわります。これは80年代のブラック・サバスな感じの曲ですね。暗くちょっとメロディアスです。「War Machine」は典型的なミドル・テンポの曲で、アクセプトのような感じの曲ですね。「Eroi Del Tempo」はフルートを使ったプログレのような始まり方。幻想的な美しいメロディーのバラードからアイアン・メイデン的な疾走曲に展開。リフの刻みに力が入ってるし、ギターソロは鋭く尖っていて素晴らしい。「Signore Della Morte」は1曲目に並ぶなかなか素晴らしい疾走曲。もう荒々しいイントロのリフでやられてしまう。火花散らすギターバトルも最高です。ラスト「Killer Della Notte」も強烈な疾走曲。こちらはサビのメロがいいですね。

Sabotage サボタージュ Hoka Hey

メンバー
・Morby (vo)
・Andrea Fois (g)
・Henry Caroli (b)
・Dario Caroli (ds)

Hoka Hey

1989年

1. Hot Zone
2. The Swindle
3. Hoka Hey
4. I Believed
5. Paranoid
6. I Will Sing
7. It's Time
8. Joy'n'Sorrow
9. Anguish
10. The Price (Bonus Track)
11. Welcome (Bonus Track)

3rdアルバム。サウンドがUSパワーメタル的になり、非常に攻撃的になった。スラッシュ・メタルな曲もあるが、やや一歩手前な感じなので、スラッシュ・メタルをあまり聴かない人でも聴けると思います。

NWOBHMな雰囲気が無くなったのはちょっと残念だが、出来がなかなか素晴らしいので名盤と言えます。ボーカルがカール・アルバート的なとこはUSパワーメタル好きな人には嬉しいでしょう。

「Paranoid」はブラック・サバスの名曲。イントロが「Children of the Grave」の一部分を取ってるのと、パワーメタルなアレンジがカッコイイ。この作品はギミック無しのストレートで硬質なパワーメタルを聴きたい方にオススメです。

Sabotage サボタージュ Behind the Lines

メンバー
・Morby (vo)
・Danilo Bacherini (g)
・Andrea Fois (g)
・Henry Caroli (b)
・Dario Caroli (ds)
ゲスト
・Leo Milani (g)

Behind the Lines

2008年

1. (Intro)
2. Victim Of The World
3. Ridin' Through The Dark
4. Mothers
5. Warmachine
6. Fight For Your Music
7. Nightkiller
8. Heroes Of The Grave
9. Promised Land
10. Dawn Of Fire

サボタージュの1986年の2ndアルバム(メジャー・リリースとしては1st)を現メンバーでリレコーディングした作品。未発表1stアルバム「Rumore Nel Vento」からの曲が数曲ありますね。歴史に残る名盤と聞いてたがどうやらリレコーディングしても名盤は名盤。捨て曲無しのパワフルな80s正統派ヘヴィ・メタルの超名盤です。ボーカルはDOMINEやLABYRINTHで歌ってたMORBY。

最初の疾走曲2曲「Victim Of The World」「Ridin' Through The World」で完全にぶっ飛ばされる。NWOBHM系の直系サウンドでメロディー、リフ、どこを聴いても完璧です。一瞬もう何もいらないって思ってしまうほどかっこいい。あとアイアン・メイデン的な大作「Promised Land」のメロディアスでドラマティックな曲も素晴らしい。ボーナス・トラックは多分新曲?ちょっと浮いてしまうがなかなか良い曲です。

広告