MENU

INDEX

A B C D E F
G H I J K L
M N O P Q R
S T U V W X
Y Z 数字 漢字

SEARCH

更新履歴

2017/4/30
ロックに Black WidowGrand Funk に「Closer To Home」を追加。
2017/4/23
Moody Blues に「Days Of Future Passed」、Riot に「Born in America」を追加。
2016/9/18
44MAGNUM に「The Live / Four Figures」を追加。AORに GTR を追加。
2016/6/5
The Who に「Live at Hull 1970」、BABYMETAL に「Metal Resistance」を追加。
2016/3/20
ハードロックに Shark Island を追加。
2016/2/28
Barclay James Harvest に「Live」を追加。
2016/2/13
Black Sabbath に「Vol.4」と「Sabotage」を追加。
2016/1/23
Free 更新とレビューを追加。
2016/1/17
Sweet に「Anthology - ライヴ・アンド・ベスト」のレビューを追加。
2016/1/9
Trixter に 5thアルバム「Human Era」のレビューを追加。

スマートフォン版

必聴ロック名盤資料室スマートフォン版

携帯電話の方は、こちらのスマートフォン版でも一応見れるかと思います。

SNS

フェイスブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

LINK

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のためのエレキギター情報サイト。

EFFECTOR情報室

歪み系をメインにギター・ベース用のエフェクターをレビュー。

RSS

RSS
RSS
Google Readerへ追加
Home
ヘヴィメタル
Silver Mountain

Silver Mountain (シルヴァー・マウンテン)

Information

スウェーデンのヘヴィメタル・バンド、シルヴァー・マウンテン。ヨナス・ハンソンを中心に結成され、バンドにはイングヴェイに引き抜かれるイェンス・ヨハンソン(key)やアンダース・ヨハンソン(ds)がいました。ネオクラシカルなHR/HMでメロディックだが、ヨナスのけしてうまくないボーカルが賛否両論。専任ボーカルを入れたりもしましたが、バンドは軌道に乗ることはできませんでした。B級という位置づけだが、ネオクラシカルを語る上で重要で、根強いファンもいます。

Silver Mountain Shakin' Brains

メンバー
・Jonas Hansson (g, vo)
・Jens Johansson (key)
・Per Stadin (b)
・Anders Johansso (ds)

Shakin' Brains

1983年

1. 1789
2. Aftermath
3. Always
4. Necrosexual Killer
5. Destruction Song
6. Vikings
7. Looking for You
8. Spring Maiden
9. King of the Sea
10. Keep on Keepin' On

1stアルバム。B級臭ささがプンプンですが、ヨナス・ハンソンと、イェンス・ヨハンソンのネオクラシカルな演奏が光ってます。音はチープかもしれないが演奏は1級品です。

「1789」はこれぞ様式美と言える名曲。途中、フランス国家のメロディが入るなどユニーク。「Aftermath」はNWOBHM的な疾走曲。ギターとキーボードのクラシカルなプレイが聴けます。「Always」でイェンスのバロック調のキーボードが光ってますね。「Necrosexual Killer」ではギターとキーボードのユニゾンがなかなか凄まじい。名曲「Vikings」はNWOBHMを臭わす独特なギターリフの疾走曲。後半のギターとキーボードのソロは耳が釘付けになります。

Silver Mountain Universe

メンバー
・Christer Mentzer (vo)
・Jonas Hansson (g, vo)
・Per Stadin (b)
・Marten Hedener (ds)

Universe

1985年

1. Shakin' Brains
2. Universe
3. Call of the Lords
4. Handled Roughly
5. Why
6. Help Me
7. Walking in the Shadow
8. Too Late
9. Niagara

ヨハンソン兄弟をイングヴェイに取られてしまったが、なんとか新しくメンバーを入れて作られた2ndアルバム。レコーディングのクオリティは上がり、専任ボーカルのクリスター・メンツァーも入った。ヨナスのクラシカルなプレイはこのアルバムでも素晴らしいが、前作のようなキーボードとのバトルが無いのは残念。それとメジャー感が増してアグレッシヴな感じは後退したためかダイナミックさはあまり無いような気もします。かといって悪いアルバムでなく、曲はなかなかいいものが多いです。

まず「Shakin' Brains」は北欧らしくて、透明感のあるヒンヤリとした感じです。ネオクラシカルなプレイはあるが、ギターソロは控えめなプレイ。「Call Of The Lords」は疾走感のある曲だが、インパクトに欠けるかもしれない。「Handled Roughly」はなかなか美しいバラードで、ヨナスのメロディックで滑らかに流れるようなプレイがいいです。「Why」はイントロがおおっ!と思ってたらボーカルはヨナスでした。イントロの様式美なメロディーが美しいです。そして最後はギター・インストの名曲「Niagara」。みごとにナイアガラのイメージが出ており、クラシカルで華麗なプレイです。

Silver Mountain Roses & Champagne

メンバー
・Johan Dahlstrom(vo)
・Jonas Hansson (g, vo)
・Per Stadin (b, vo)
・Erik Bjorn Nielsen (key)
・Kjell Gustavsson (ds)

Roses & Champagne

1988年

1. Romeo & Juliet
2. Light the Light
3. Where Are You
4. Forest of Cries
5. Coming Home
6. Paris
7. Paradise Smile
8. Not You Baby
9. Down Town Junkie

ひっそりとリリースされた3rdアルバム。ヘヴィメタルからメロディアスハードな路線に変更してます。ボーカルはヨハン・ダールストロムに代わっており、爽やかな声の持ち主です。発売当時は評価は良くなかったらしいですが、けして駄作ではありません。

まず「Romeo & Juliet」は非常にキャッチーな曲だが、ギターはクラシカルなプレイを多く取り入れてる。哀愁漂う「Coming Home」は非常にメロディアスで、ギターソロでのクラシカルなプレイも地味ながらいい。ポップでキャッチーな「Paris」にはちょっと驚くがメロディーの良い曲です。「Paradise Smile」はギターの哀愁メロディーが印象的な上品な曲です。

関連アーティスト

Yngwie J. Malmsteen

広告